東映の事業

不動産事業

東映㈱では、東京、広島、福岡、仙台など主要都市にあった旧来の映画館を再開発した商業ビルや、
東京の練馬区にある東京撮影所の敷地の一部を有効活用した「プラッツ大泉」「オズスタジオシティ」の複合商業ビル等を所有し、
そのほかオフィスビル、賃貸マンション等も取り扱う不動産賃貸事業を展開しています。東京・新宿のシネマコンプレックス「新宿バルト9」が入居している商業ビル「新宿三丁目イーストビル」は、映画館の再開発ビルです。

さらに、社有不動産の有効活用や価値増大を図る再開発事業として、
現在は京都市右京区太秦にある京都撮影所に隣接するテーマパーク「東映太秦映画村」のリニューアルを継続的に行っています。
ユニークな観光スポットとして、京都観光の一端を担っています。
また、広島県東広島市で会員制ゴルフ場「広島東映カントリークラブ」を経営しており、
地元の利用者からメンテナンスの良いゴルフ場としてご好評をいただいています。

  • 新宿三丁目イーストビル(東京都新宿区)

  • 広島東映カントリークラブ(広島県広島市)