東映の事業

マーチャンダイジング

東映㈱では、企画制作するキャラクター作品における著作権管理及び営業業務を一括して行っています。
特に“仮面ライダーシリーズ”や“スーパー戦隊シリーズ”は、玩具・アパレル・日用品・食品・文具・出版物・CD・DVD・Blu-ray・ゲーム等あらゆるジャンルでの商品化展開のみならず、企業のCMキャラクターやキャンペーンなどさまざまな形で利用され、大きな収益を上げています。

また、キャラクターショー、音楽ライブなどのイベント事業、「Power Rangers」シリーズなどの海外展開、劇場展開あるいはDVD・Blu-ray化、東映キャラクター作品にフォーカスしたラジオ番組の制作など、積極的な事業連動を行っています。
さらに、キャラクターカレンダーの製作・販売、ホテルでのキャラクタールーム、コンセプトレストランの展開などビジネス範囲は多岐にわたっています。

映画盗撮防止キャンペーンのキャラクターである「NO MORE 映画泥棒」の二次利用窓口業務も継続して行っており、多数の商品化展開をしています。
一方、劇場用映画では、関連本等の出版許諾をはじめ、玩具・文房具・食品・遊戯機器・テーマパーク等に対しての商品化権の許諾など、
幅広い事業展開を行っています。

  • 「仮面ライダービルド」
    変身ベルト-DXビルドドライバー
    ©2017石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


  • 「快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー」
    VSビークルシリーズ-快盗合体-DXルパンカイザーセット
    ©2018 テレビ朝日・東映AG・東映

  • 「快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー」
    VSビークルシリーズ-警察合体-DXパトカイザーセット
    ©2018 テレビ朝日・東映AG・東映