MOVIE

映画『孤狼の血』
本ポスタービジュアル解禁!!

DATA
2018.02.23

役所広司「男たちよ、劇場に来い!」
超豪華キャスト集結!映画『孤狼の血』
男の色気が薫り立つ!本ポスタービジュアル解禁!!
さらにキャストコメントも到着!

作品公式サイト

この度、2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』(配給:東映)から、本ポスタービジュアルが解禁となりました。


 今回解禁された本ポスタービジュアルは、主演の役所広司演じる大上章吾、松坂桃李演じる日岡秀一のビジュアルがインパクト強く配置され、ハードボイルドな雰囲気が漂うビジュアルのポスター。さらに真木よう子、江口洋介、 竹野内豊、石橋蓮司など錚々たる豪華キャストの荒々しい姿も!
 「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」という印象的なキャッチコピーは、劇中での大上の台詞。この台詞からもわかるように、刑事にも関わらず、常軌を逸した大上の捜査に、新人刑事で大上の下に配属された日岡は戸惑います。そんな中、とある失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化していき…。男たちはそれぞれが信じる「正義」を貫き、ラストに向けて物語は加速する…!
この本ポスターは3月1日(木)から順次劇場に掲出されます。







さらに豪華キャストのコメントが到着!

――「男たちよ、劇場に来い!」――(役所広司)


役所広司( 大上 章吾 役)
「ダーティーな刑事としてやくざと警察の間を奔走する大上の存在は、汚れた世の中の歪みの象徴なのかもしれません。このご時世にこんな男臭い映画を作る。そこに東映の心意気を感じました。この映画が若い方々や女性たちにどう伝わるのかは分かりませんが、男なら誰しも、たとえ普段は大人しくても、本当は心の奥底に「暴れたい」という野性を眠らせていると思います。かつて男たちはこうした映画を劇場で観ると、感化され、怒り肩で風を切るように街へ出て行ったものです。久々にそんな魅力を持った作品が誕生しました。だから「男たちよ、劇場に来い!」。そう願います。」

松坂桃李(日岡 秀一 役)
「日岡は自分なりの正義を抱いて大上の後を付いていきます。上司と部下というコンビは、徐々にバディであり師や父のような関係性へと変わっていき、それに伴って日岡の正義も形を変えていきます。男であれば、誰もが多かれ少なかれ大上の正義に憧れる瞬間があると思います。一方でルールに沿った日岡の正義は、現代の倫理観の表れなのかもしれません。劇場の暗闇で血湧き肉躍るたくさんの“悪い事”が起こります。「自分の正義を貫くとは?」それを観客へと問いかける、あっという間の約2時間です。」




映画『孤狼の血』
2018年 5月12日(土) 
ROADSHOW




NEWS ニュース

ページ上部へ

  • ©2018「孤狼の血」製作委員会