EVENT

少年社中20周年記念ファイナル!
少年社中第36回公演「トゥーランドット 〜廃墟に眠る少年の夢〜」
2019年1月 東京・大阪・福岡 全国3都市にて上演!

DATA
2018.10.06

2019年1月10日(木)から1月20日(日)までサンシャイン劇場(東京都豊島区)、1月24日(木)から27日(日)まで梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ(大阪府大阪市北区)、1月30日(水)・31日(木)ももちパレス(福岡県立ももち文化センター大ホール)(福岡県福岡市早良区)にて上演します、少年社中20周年記念ファイナル 少年社中第36回公演「トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~」に出演する豪華キャストが決定致しました。

オフィシャルHP

少年社中は2018年に旗揚げ20周年を迎え、2018年1月には記念公演第一弾として少年社中×東映 舞台プロジェクト「ピカレスク◆セブン」、6月には第二弾「MAPS」、9月には劇団員12名のみによる第三弾「機械城奇譚」を上演。その20周年記念公演のファイナルを飾る本作は、名高いオペラ「トゥーランドット」をモチーフに、遠い未来の厳格な管理社会に抗い、“演劇で世界を変える”物語を描きます。人々が「感情」すら失う世界に疑問を抱き始める統治者『トゥーランドット姫』とレジスタンスの少年『カラフ』が出会い、 世界に立ち向かう物語をエネルギッシュにお届け致します。

本作は、劇団主宰の毛利亘宏が脚本・演出を手掛ける完全新作。井俣太良をはじめとする少年社中の劇団員ら12人とともに、生駒里奈、松田凌、有澤樟太郎、赤澤燈、ザンヨウコ、馬場良馬、鈴木勝吾、藤木孝と豪華キャストの出演も決定致しました。本作、「トゥーランドット姫」演じるのは生駒里奈、少年「カラフ」を演じるのは松田凌、この二人は物語の主人公として、演劇で世界を変えようとする革命の象徴を演じます。

公演内容やチケットの販売等、本作の詳細は随時、本公演特設HP(http://www.shachu.com/trd/)にてアップしていきます。豪華絢爛なビジュアルや演出、さらに思いもよらぬ展開と結末。20周年を迎える劇団「少年社中」が魅せる舞台、観る者の五感を刺激する新たなエンターテインメント作品の誕生にご期待下さい。

2019年1月、「演劇で世界を変える。世界は変わる。」



<タイトル>

少年社中20周年記念ファイナル
少年社中第36回公演
「トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~」


<脚本・演出>

毛利亘宏


<出演>

井俣太良 大竹えり 岩田有民 堀池直毅 加藤良子 廿浦裕介
長谷川太郎 杉山未央 山川ありそ 竹内尚文 内山智絵 川本裕之


生駒里奈 松田凌 / 有澤樟太郎 赤澤燈 ザンヨウコ
馬場良馬 鈴木勝吾 / 藤木孝


<会場>

2019年1月10日(木)~20日(日) 17ステージ
東京:サンシャイン劇場
[東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ 文化会館4F]


2019年1月24日(木)~27日(日) 6ステージ
大阪:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
[大阪府大阪市北区茶屋町19-1]


2019年1月30日(水)・31日(木) 3ステージ
福岡:ももちパレス(福岡県立ももち文化センター大ホール)
[福岡県福岡市早良区百道2-3-15]     


★各会場、受付開始及び当日券販売は開演1時間前より
開場は開演30分前


<チケット>

全席指定
前売・当日:7,800円(税込)  
※未就学児入場不可


<チケット一般前売開始>

2018年11月25日(日)10:00~


<公演特設HP>

http://www.shachu.com/trd/


<企画・製作>

少年社中


<共催>

東映


<お問合せ>

少年社中

〒164-0001 東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 804
MAIL:info@shachu.com
TEL: 03-3228-4998
http://www.shachu.com/



公演内容


【Introduction】
少年社中20周年のフィナーレを飾る主宰・毛利亘宏が脚本・演出を手掛ける新作!

オペラ史上に残る名作「トゥーランドット」をモチーフにし、遠い未来、極度に管理された管理社会を舞台に、運命に立ち向かう者たちの姿を描き出す。

『トゥーランドット姫』が、一人の少年『カラフ』と運命の出会いを果たし、仲間と共に世界を変えるために、“演劇”を上演しようとする物語。

「演劇で世界を変える。世界は変わる。」

煌びやかで絢爛、かつダイナミック! 満を持しておくる史上最大規模の劇団公演は、少年社中の真骨頂をお届けします!


【あらすじ】
これは遠い未来の物語。
世界は一つとなり、争いの無い平和な世の中となっていた。

世界を統治する『トゥーランドット姫』の元、人々が「感情」すら失う厳格な管理社会。
平和を脅かす危険な思考を持つ者は姫の命令のもと、その場で処刑される…。

だが、姫はその世界に疑問を感じ始めていた。
そして遙か昔に失われた感情「愛」を夢見るようになる。

そんな中、姫は一人の少年と運命の出会いを果たす。

その少年の名は『カラフ』。
彼は管理社会を打ち壊そうとするレジスタンスの一員であった。
彼らの反逆の手段は、遙か遠い昔に禁じられた「演劇」。
カラフたちは、この世界に演劇を蘇らせることで世界を変えようとしていた。

カラフは「演劇」した罪で捉えられるが、そこでトゥーランドット姫と出会い、二人は運命の恋に落ちる。
二人は仲間と共に世界を変えるために、偶然にも「トゥーランドット姫」と「カラフ」という名前の主人公が出てくる物語『トゥーランドット』を演劇として上演しようとする。

演劇で世界を変える。世界は変わる。


ページ上部へ