東映ホーム > テレビ > 烈車戦隊トッキュウジャー > あらすじ一覧 > 第47駅『輝いているもの』

テレビ

第47駅『輝いているもの』

2015年2月15日O.A.

STORY


 レインボーラインとシャドーライン、闇のトッキュウ1号とゼットの決戦。闇の力で闇と対抗したライトだったが、残念ながら敗れ去り、深い闇の中に取り残される。
 一方、トッキュウジャーだったことを忘れ、子供に戻ったトカッチ達だったが、明が残した写真を見て記憶を取り戻す。燃やされた定期券を再び作り直した時、烈車の汽笛が… 大人の姿を得たトカッチ達は、再び烈車に乗って定期の行き先である「ライト」の元に向かうが… と言うのは第46駅のあらすじ。終着駅のあらすじはあえて載せません。絶対にお見逃しなく!


脚本 小林靖子

監督 竹本 昇



TOPICS

 1年間の長い旅を続けてきたトッキュウジャー、ついに終着駅に辿り着きました。泣いても笑っても最終回、なので皆様、是非是非泣いて笑ってご覧下さいませ。
 大人の体に子供の心、迂闊にやると痛い目に合うような設定を進められたのは、志尊淳くんを始めとする素敵な役者と出会うことができたからです。若き役者陣が1年間の全てを捧げて演じきった物語…
 そして、戦隊シリーズの登場人物は、役者とスーツアクターの二人で作り上げるもの。しかし、トッキュウジャーは、もう一人。彼らの子供時代を演じた馬渕誉くんを始めとする子役達、彼ら幼き役者陣の素晴らしい芝居があってこそ。
 二人三脚ならぬ三人四脚で作り上げられたトッキュウジャー。果てしない線路の向こう側に見える、輝いているものは何なのでしょう。




烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE


 戦隊シリーズの華と言えばアクションシーンですが、トッキュウVSキョウリュウでも怒涛のアクションがこれでもかこれでもかと注ぎ込まれております。しかし、戦隊「シリーズ」と言っても、トッキュウジャーとキョウリュウジャーではアクションの「色」が全然違います。それをアクション監督の福沢さんが見事な手腕で映像化してくれてます。トッキュウジャーで刻み、キョウリュウジャーでぶん回す。美しく計算された素晴らしいカット割り。何卒、映画館の大スクリーンでご確認して下さいませ、ホント凄いですよ。



(文責:宇都宮孝明)



メイキング



<第46駅>

 

通称:“子どもトッキュウジャー”一同。演じるみんなの活躍なしに『トッキュウジャー』は成立しませんでした。

ロケバスに乗り込み山へ海へ…過酷な撮影も乗り越えてきました。

彼らの感性・吸収力には、スタッフも驚かされ…

大人トッキュウジャーのキャストたちも、中身は10歳の役を演じるうえで、子役のみんなの芝居を参考にしていたとか。

一年間のテレビシリーズと映画の撮影を経て、成長し続けた彼らのトッキュウジャーとしての集大成のお芝居も

最後までお見逃しなく!!


次回、『トッキュウジャー』終着駅。
キャスト・スタッフのイマジネーションの結晶、皆様にお届けできればと思います。

 何卒、最後まで応援宜しくお願いいたします !!!



(文責:久慈麗人)



出版情報


ヒーロー&おもちゃ情報誌
『ハイパーホビー』2月号(徳間書店)
絶賛発売中!


 最終駅までますます目が離せない『烈車戦隊トッキュウジャー』。今月はTQGラストスペシャルとして、ライト役の志尊淳くん、トカッチ役の平牧仁くん、ミオ役の梨里杏ちゃん、ヒカリ役の横浜流星くん、カグラ役の森高愛ちゃん、虹野明役の長濱慎くんによるTQG6人座談会です! 1年間を振り返って皆さんに語っていただきました。またTQG映像特典「7人によるバーベキュー」レポートでは大人3人組による釣りレポートをお届け! そして1/17公開の映画『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』にあわせて久々に復活の「VAMOLA!ブレイブチャレンジ」では、一人寂しく(?)ウッチーこと丸山敦史くんにご登場いただきましたッ!! どんな結果かは見てのお楽しみ♪





『宇宙船』vol.147(ホビージャパン)
絶賛発売中!



 1月17日公開の映画『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』を大特集! 両作品のレッドを演じる志尊淳さん、竜星涼さんのWレッド対談、梨里杏さん、森高愛さん、今野鮎莉さんによるヒロイン座談会という夢のコラボレーションをお届けします!!
 また、メインライターの小林靖子さんのインタビューを掲載。映画の見どころ、そして、いよいよクライマックスを迎えるTVシリーズ『烈車戦隊トッキュウジャー』の今後の注目ポイントを語っていただきました! これを読めば映画もTVも数倍楽しめます!!


・対談
●志尊淳×竜星涼

・座談会
●梨里杏×森高愛×今野鮎莉

・インタビュー
●小林靖子






トッキュウジャーの脚本を書いて頂いた大和屋さんが本を出されました。世界一強運な方からの、泣きの入った大胆なコメントも頂きましたので(いや、関連書籍じゃないでしょ(^^;) ご興味がある方は、是非是非検索して下さいませ。

『ジャスタウェイな本』(KKベストセラーズ)
2月14日発売!



皆さんこんにちは、烈車戦隊トッキュウジャーの脚本担当であり、馬主の大和屋です。この度、僕の馬、ジャスタウェイの回顧録『ジャスタウェイな本』が出版されることになりました(2月14日発売、KKベストセラーズ 908円+税 著者大和屋暁)。どういうわけかほぼ宣伝されることなく発売まであと二週間を切りました。なんというかこのままでは売れないこと必至みたいな状況です。皆さまのお力添えで是非にこの本が出版されることを世の中に宣伝してはもらえませんでしょうか?ちなみにヤフー検索では『ジャスタウェイな本』で検索すると66ヒットです。しかもいちおうトッキュウスタッフということで関連書籍だと思います。反響著しかったトッキュウジャー37話『理不尽クイズ』の時のようなムーブメントをもう一度、皆さま是非に宣伝よろしくお願いいたします。あ、買ってくださっても全然構いません!ほんと、よろしくお願いします!拡散希望です!

大和屋 暁





キャスト

《レインボーライン》

トッキュウジャー
ライト/志尊 淳
トカッチ/平牧仁
ミオ/梨里杏
ヒカリ/横浜流星
カグラ/森高 愛
虹野 明/長濱 慎

チケット(声)/山口勝平
ワゴン(声)/堀江由衣
総裁(声)/鳥海浩輔

車掌/関根 勤
《シャドーライン》

闇の皇帝 ゼット/大口兼悟
ネロ男爵(声)/福山 潤
ノア夫人(声)/久川 綾
シュバルツ将軍(声)/壤 晴彦
グリッタ嬢(声)/日髙のり子
モルク侯爵(声)/鈴木れい子




同じジャンルのコンテンツ

関連リリース