東映ホーム > テレビ > TEAM-警視庁特別犯罪捜査本部- > あらすじ一覧 > 第五回所轄 中野中央署『外食レストラン社長夫婦殺害事件特別捜査本部』

テレビ

第五回所轄 中野中央署『外食レストラン社長夫婦殺害事件特別捜査本部』

2014年5月14日(水)放送

谷中刑事部長の隠れ家

 銀座路地の山梨料理の小料理屋“躑躅(つつじ)”。22時。
 谷中が女将の由布に赤坂の料亭のお土産を渡す。

由布「部長さん、これは?」
谷中「沖縄のお菓子のちんすこう、今日は赤レンガの事務次官の接待で赤坂の沖縄懐石の料亭だった」
由布「赤レンガの事務次官?」
谷中「赤レンガとは法務省の愛称。法務省の事務次官さ」
由布「また偉い人と」
谷中「次期検事総長を狙う東京地検特捜部の北田が最近、中村法務大臣にすり寄っているという噂があってね。事務次官も心配して私に連絡してきた。法務省と検察庁は昔から仲が悪いからね。私も間に入って大変だ」
由布「部長さんにしか出来ませんね」
谷中「中村法務大臣も脇が甘いところがあるから心配だよ。佐久のように人に全く隙を見せないのも考えものだが」
由布「佐久管理官が何かやったんですか?」
谷中「いや今回は迅速(じんそく)と評判の刑事に完勝だ。ついでにその迅速を利用して私に貸を作ろうとした赤門卒にも赤っ恥をかかせてくれた」
由布「お手柄ですね」
谷中「まあ、お手柄はお手柄なんだが、やり方がね。大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である、信玄公の名言だ」
由布「佐久管理官には慈悲が足りないのですか?」
谷中「今のところね。その点、捜査一課長の八神は慈悲深い男だ」


To be continued 第六回捜査本部 西新宿署

ゲストキャスト

八神創………………佐藤浩市
(警視庁捜査一課課長)
師岡恒夫……………でんでん
(中野中央署刑事)

スタッフ

監督:猪崎宣昭
脚本:徳永富彦

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース