TV

宇宙戦隊キュウレンジャー

DATA
2017年2月12日(日)放送スタート!
【毎週日曜 午前9:30~10:00放送】

EPISODE GUIDE

Space.46 希望と絶望のはざまで
2018年1月21日放送

宇宙を無に帰すため、ドン・アルマゲはチキュウを最後の舞台に選んだ。

そびえ立つ、超弩級ビッグモライマーズまでの道は
ジャークマターの大軍勢によって隙間なく埋め尽くされている。

ようやくつかんだドン・アルマゲの正体。
今ここで、決着をつける!
超弩級ビッグモライマーズ目掛けて突っ込んでいくキュウレンジャー。

その先頭に立つラッキーにツルギは問いかける。
それは戦いの前夜に交わした言葉と同じだった。

『なあ。戦いが終わっても、俺様と仲間でいてくれるか??』

ラッキーの答えと、戦いの先に
待っているのは、希望か、はたまた、絶望か…。
 
 
監督:柴﨑貴行
 
脚本:毛利亘宏

44話で、ドン・アルマゲの正体が判明し、45話では鳳ツルギの寿命が尽きようとしていることが明らかになりました。46話からは、その2つの事実を受け止め、それでも前に進んでいこうと決めたキュウレンジャーたちの何度目かの(笑)最終決戦が描かれることになります。そう、何回最終決戦をやるんだよ!!(笑)とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、これは意図的にやっているつもりです。
キュウレンジャーは、攻めてきた敵から何かを守るリアクションヒーローではなく、自分たちから突っ込み、何かを仕掛けて取り戻す能動的なヒーローであります。
目的を達成するまで、可能性のある限り、幾度となく跳ね返されても、何度でも立ち向かう。
それを、作品全体のコンセプトして体現してきたつもりです。
今ここにたどり着いたのは、数々の刺客を退け、アルゴ船を復活させ、時空を超え、サザンクロスのバリアを破って、そう、全て自分たちで勝ち取ってきたものです。
そんな能動的な姿勢を、攻撃的な姿勢を崩さないスタイル、それがキュウレンジャーであることを、何度も何度も敵の本拠地にこれでもかと突っ込んでいくという終盤戦の物語に込めています。
 
と書いていて思いました。なんて諦めの悪い集団なんでしょうね(笑)
 
突っ込んでいった結末が、100%の成功であれば文句はありませんが、もちろんいつもそうだとは限りません。でも、たとえ上手くいかなかった場合でも、可能性があるのに試さないで諦めるのは、ラッキーやキュウレンジャーの本分ではありません。見逃し三振だけはキュウレンジャーとしては禁止なのです。
 
つまり、ジャークマターとキュウレンジャーどちらかが全滅するまで戦いは続くでしょう。
その決着が、そろそろ近づいているようです
 
ここから最終話までは、パイロットを撮影していただいた柴崎監督が締めくくります。
1年をかけて役と共に成長してきたキャスト陣の集大成を、想いを込めて丁寧にカメラに収め、創ってくださいました。
 
その物語が、キュウレンジャーの勝利で終わるように、みなさん祈っていてください!
そして、願わくば、ラッキーの言葉を借りるなら、その勝利を誰一人欠けることなく、
12人が平和な未来を見ることができるますように…。



 特報!! 

9日間連続でキャラクターソングPVを公開!

キュウレンジャーを愛する皆様にスペシャルなお年玉!!

今までに発表されているキャラクターソングに加え、新たにラインナップされた5つの新曲が先行で聴ける特別PVをお届けします!


しかも……空前絶後の!!
【9日連続】でお送りします!


題して

『宇宙戦隊キュウレンジャー  救世主の記憶』

これまでの救世主たちの歩みをキャラクターソングに載せて振り返る映像を、竹本昇監督が年末年始を犠牲にして(笑)創り上げてくださいました。映像のチョイスが絶妙で、いずれも歌詞と連動してメッセージ性が強く感じられる名作が完成しました!

己が持つ、キュウレンジャーへの全て想いを今一度掘り起こし、最高のコンディションで、ラストバトルへと向かい、宇宙規模で盛り上がっていきましょう!


注目のPV楽曲リストはコチラ!

ラッキー『ラッキー SMILE』
スティンガー『サソリ座の歌』
怪盗BN団(バランス&ナーガ)『AGEPOYO☆DANCE‼︎』
ハミィ(QQQ)『からっきし』
ラプター283『夢見るアンドロイド』
スパーダ『ブラボー!イエロー!』
ショウ・ロンポー『リュウコマンダー龍の道』
佐久間小太郎『BLUE SKY BOY』
鳳ツルギ『I’M LEGEND』

※ガル、チャンプファンの方~ゴメンなさい!!

公開の順番は、ショウ司令によってキューレットで決められます、とのことでしたが、、、、先ほど抽選が行われました!

その結果、、、

栄えある第1弾は、、、

宇宙戦隊キュウレンジャー  救世主の記憶
メモリー・オブ・怪盗BN団!!!
https://youtu.be/ejnDeWx12nc

アップテンポなナンバーになってますので隠れがちですが(笑)バランスとナーガの絆を改めて確かめていただけると、終盤にエモーショナルなシーンが訪れた時に、二倍三倍の感情を得られると思いますので、ぜひチェックをお願いしますね~

15日以降は、毎日17時目安で1日1曲ずつ発表していきますので、皆様楽しみに待っていてください!

まとめてご覧になりたい方はこちらから↓
https://www.youtube.com/playlist?list=PLPtUVm4GBlyIKQQeeSonakFYyEJZ5RTDK

と、いうことで、、、



 音楽情報 

上記キャラクターソングを収録した
「宇宙戦隊キュウレンジャー オールスター全曲集」は1月24日発売!!


「宇宙戦隊キュウレンジャー」の歌のすべてを収録した全曲集の発売が決定!番組のオープニングテーマ、エンディングテーマ、そして挿入歌のほか、多数のキャラクターソングも収録!既に発表されている楽曲に加え、なんと新曲が5つ!ラッキー、怪盗BN団、ラプター、スパーダ、鳳ツルギが参戦し、魂込めて歌ってくれました!

怪盗と警察に負けじと、救世主たちもまだまだ頑張ってます(笑)

一緒に2018年も楽しく過ごしてまいりましょう!

詳細はコチラ↓
http://columbia.jp/kyuranger/


 イベント情報 

シアターGロッソ 宇宙戦隊キュウレンジャーショー 第5弾!
まだまだあるぞ!キャスト出演公演!!

Gロッソ秋の恒例、キャスト出演公演が無事閉幕!
連日満員御礼の大盛況の中でキャストたちも非常に楽しそうに躍動しておりました。
目の前のお客さんと一緒に空間を共有するライブ感が彼らにはとても幸せな体験だったと思いますし、同時にお客さんにも幸せな時間であったのであればとても嬉しいです!

その興奮、2018年も味わってみませんか??笑

年明けて1月末から、第5弾の公演が始まります。
今回は、満を持して!!なんてこったおじさん、すなわち…伝説おじさん、すなわち…鳳ツルギ、すなわち…南圭介さんの参戦が決定!!

南さんの気合、尋常じゃないですよ(笑)
ちなみに、南さんをイジる気満々という意味で…岸さんや榊原さんの気合も相当なもんです。(ちょっとズレてる気もしなくもないが…)

4弾をご覧になった方も見逃してしまって悔しい!という方も!!
ぜひシアターGロッソでキュウレンジャーと一緒に楽しい思い出を作りましょう!

詳細はGロッソ公式HPへ↓
https://www.tokyo-dome.co.jp/hero/#1038



 Blu-ray情報 

「宇宙戦隊キュウレンジャー Blu-ray COLLECTION 2」絶賛発売中!!

12月6日より発売となりました「宇宙戦隊キュウレンジャー Blu-ray COLLECTION 2」
ですが、大好評の封入特典、久正人さん描き下ろしのオリジナルマンガ、題して「THE NINE SHOT -ナイショの話-」も第2巻が拝めます!!
 
テレビシリーズであまり語られることのない、キュウレンジャーたちの【日常】に焦点をあてた“ナイショ”の物語を読み切りでお届けしするという本企画ですが、
Blu-ray COLLECTION4巻に各1冊ずつ付属し、Blu-ray全巻購入者向けプレゼント
である最終巻を合わせた全5巻で構成されますので、全てチェックしてくださいね!!
 
第2話「悩みのムードを照らしタイヨウ!」では、バランスとナーガの<出会い>が
描かれます。一見、何の話だこれは??という奇妙な導入から、一気にドラマティックな展開へと引き込む久先生の画力とストーリー構成は非常にお勉強になります…(笑)
BN団ファン必見の第2巻、お楽しみに!!

詳しくは…こちらをチェック!↓
https://www.toei-video.co.jp/special/kyuranger/



 Vシネマ情報 

絶賛発売中!!

60秒予告⇒ https://youtu.be/bINyG-Y5h1g

いよいよVシネマ『宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー』が発売となりました!いや~なんだか完成からここまで長かったような短かったような…。放送中にスピンオフが発売となるというのは異例なことで、それ自体は非常にありがたいことだと思っております。テレビシリーズとの連動という意味でも、#34でキュウレンジャーに戻ってきたチャンプには、未だ〝暴走〟という危険と謎が残っていますが、そのチャンプの暴走に対するスティンガーの想いや咀嚼の仕方というものが、Vシネマをご覧いただければより濃密に感じられることと思います。テレビシリーズの今後の展開をよりドラマチックに補完できる存在として機能できると思いますので、スティンガーが好きな方、チャンプが好きな方はもちろんのこと、キュウレンジャーをここまで楽しんできていただいた方には満足いただけるのではないかと手ごたえをもってお届けします。

そして、もちろんスティンガーという男をより深く知ることができるのが本作の一番の〝売り〟であることは間違いありません。

スティンガーという男の背負う業、その業の中に渦巻く様々な感情、そしてその感情を呼び起こすこととなる1人の女…。テレビシリーズとはあえてテイストを変えて、グッと大人っぽいムードの中でスティンガーの知られざるエピソードが展開されていきます。
スティンガーとスコルピオ、スティンガーとチャンプ、そしてスティンガーとミカ。この3つの関係を通して、スティンガーという男の魅力がどこにあるのか、何故に惹きつけられるのか、みなさんなりに探していただければと思います。
そして、より彼を好きになっていただけると嬉しいです。

公式サイト⇒ https://www.vcine-stinger.com/



 配信ドラマ情報 

「東映特撮ファンクラブ」にて絶賛配信中です!

http://tokusatsu-fc.jp/

こちらが予告映像となります!ぜひご覧ください!!
予告映像URL⇒ https://youtu.be/y6wj7bBKz_8

キャストからもメッセージが届いておりますのでこちらもチェック!↓
https://www.youtube.com/watch?v=TBVLTNUk2ZA

さらにまだまだ配信…!?



 さらにまだまだ配信…!? 

キュウレンジャーのメンバーが、スターチェンジを巡って、あっちこっちで大騒動!?
『宇宙戦隊キュウレンジャー 変身講座 ~君も一緒にスターチェンジ~』絶賛配信中です!!

スペシャルバージョンの動画はコチラからアクセス!!↓
https://youtu.be/5NHXWJCpFZ4
第1話から第6話をまとめてご覧になる場合はこちらのページへGO!
http://sentai.b-boys.jp/kyu/movie/

(文責・望月 卓)

Space.45『ツルギの命とチキュウの危機』ご視聴ありがとうございました!!
ラッキーとツルギの掛け合いが光る45話を演出してくださいましたのは、加藤弘之監督!

最初反発しあっていた2人だからこそ、ラッキーの『盾は俺の仕事じゃなかったのか』という2人の掛け合いには感動すら覚えます。
また、上裸かというのはありつつ……笑
実は、Space.23『俺様の盾になれ』も加藤監督が演出してくださいましたので、
演じる上で2人にとっては幸せなことだったのではないかと思います!

竹本監督に続き、加藤監督も今回をもちまして、キュウレンジャーの演出が最後となります。
16話『スティンガー、兄との再会』のチャンプ大破では泣き、39話『ペルセウス座の大冒険』のRPG風の映像には笑わせていただきました。
(今回の馬と鹿の演出でももちろん笑わせていただきました!笑 あれは台本にはなかった監督のアイディアそのもの!)
素敵な演出の数々を本当にありがとうございました!!

そして嬉しいニュースといえば、
佐久間次郎役の大藤瑛史くんも素晴らしい成長を見せてくれました!
敵に立ち向かう様子も凛々しく、さすがは小太郎の弟といったところでしょうか……笑

小太郎に「バカ」と言われてしまった、プライドの高いアントン脳は、牛型汎用破壊兵器と合体し、アントン・ゼロが完成しました!

そんなアントン・ゼロに、次郎と一緒に向かってくれたチキュウ人の人たちは、以前キュウレンジャーに向かって石を投げた役の同じ方にお越しいただきました!
だからこその説得力溢れるシーンとなっているかと思います!

今回、小太郎がシシボイジャーに乗り込みました!
オリオンバトラーでアントン脳をバッティングするというアイデアの妙が光りましたよね!
 
というわけで、場外ボームランにさせられてしまったアントン脳のお声を演じていただいたうじきつよしさんが、この話をもちましてオールアップになりました!!

前半戦ではチャンプの生みの親として、後半戦では存分にマッドサイエンティストっぷりを演じていただき、まさに怪演を披露していただきました!
改めまして、ありがとうございました!!
 
ついに最終決戦の幕が開きます!
もう多くを語る必要はありません。ラッキーも白いコートを身に纏い、キュウレンジャーキュータマで12人の究極の救世主がいざ出動!!
さあ、宇宙を救え、キュウレンジャー!!

(文責・川勝宥典)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
シシレッド/ラッキー:岐洲 匠
サソリオレンジ/スティンガー:岸 洋佑
ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ:山崎大輝
カメレオングリーン/ハミィ:大久保桜子
カジキイエロー/スパーダ:榊原徹士

STAFF
【チーフプロデューサー】 佐々木基(テレビ朝日)、井上千尋(テレビ朝日)

【プロデューサー】  望月 卓(東映)、矢田晃一(東映エージエンシー)、深田明宏(東映エージエンシー)

【原作】 八手三郎(講談社「テレビマガジン」/小学館「てれびくん」連載)

【脚本】 毛利亘宏

【音楽】 山下康介

【主題歌】 オープニングテーマ「LUCKYSTAR」
エンディングテーマ「キュータマダンシング!」

【コンセプトアート】 久正人

【監督】 柴﨑貴行、杉原輝昭 ほか

【アクション監督】 福沢博文

【特撮監督】 佛田 洋(特撮研究所)

【制作】 テレビ朝日/東映/東映エージエンシー

LINK テレビ朝日 公式サイト

ページ上部へ

  • ©2017 テレビ朝日・東映AG・東映