TV

宇宙戦隊キュウレンジャー

DATA
2017年2月12日(日)放送スタート!
【毎週日曜 午前9:30~10:00放送】

EPISODE GUIDE

Space.45 ツルギの命とチキュウの危機
2018年1月14日放送

ドン・アルマゲの正体は、
かつてツルギと共に戦った、カラス座の英雄―クエルボだった。
 
瀕死のドン・アルマゲに体を奪われただけだ。
きっとドン・アルマゲに憑りつかれているだけだ。
そう信じて疑わないツルギたちだったが、
かつての仲間は、変わり果てた姿を晒し、言い放つ。
 
「憑りつく?誰が?誰に?……僕がドン・アルマゲだ」
 
ドン・アルマゲは、宇宙を無に帰すため、
チキュウそのものをプラネジューム爆弾にして、爆発させようとしている。
 
チキュウ―今や、小太郎やツルギだけでなく、キュウレンジャー全員にとって大事な場所。
 
絶対にチキュウを、そして宇宙を守る。
固い決意の元、チキュウへと急行したキュウレンジャーの前に立ちはだかるアントン博士。
そして博士の背後にそびえ立つのは超弩級ビッグモライマーズ。
 
不気味に笑う、宇宙一のマッドサイエンティストが仕掛ける狡猾な作戦を
キュウレンジャーは打ち破ることができるのだろうか…。
 
 
監督:加藤弘之
 
脚本:毛利亘宏

明けましておめでとうございます!
 
キュウレンジャーはもちろんですが、新シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」 が2月からスタートします。VS!?VSって何!?キュウレンジャーもおそらく驚きを持って迎えられたと思いますが、それ以上の衝撃かと思います(笑)キュウレンジャーでも数々の名作を生み出してくださいました杉原監督が初パイロットを務める42作目にしてシリーズ最大の新機軸!?を打ち出したスーパー戦隊シリーズですが、今年も何卒よろしくお願い申し上げます!
 
さて、キュウレンジャーはと言えば、年明け早々、ずっと番組をご覧になってきた皆様にとっては衝撃の情報がありましたね。長らくキュウレンジャーを、宇宙を苦しめてきたドン・アルマゲの正体が判明したわけですが、いかがでしょうか。驚きましたでしょうか??
もちろん、43話でドン・アルマゲの口調が変わった時にもしや!?思った方はいらっしゃるかと思いますが、その正体はクエルボでした。
 
ホシ★ミナトやアスランに憑りついていたドン・アルマゲはその「宿主」の意志を駆逐して完全に抑え込んでいたように見受けられましたが、クエルボはちょっと様子が違うかもしれません。それは最後に言い残した言葉「僕がドン・アルマゲだ」に集約されています。
これはクエルボを騙ったドン・アルマゲによる言葉なのか、はたまたクエルボ自身の言葉なのか。クエルボ自身の言葉なのだとしたら、クエルボは自らドン・アルマゲを受け入れて、悪の帝王の座を望んだということ。だとしたらその理由は、どこにあったのか。謎は尽きません。
 
そして、この衝撃の事実を突きつけられたツルギですが、心中穏やかではないでしょう。
かつての最大の理解者が、最大の敵とイコールだったという事実。そこに抱くは怒りか、悲しみか、それとも…。そんなツルギですが、さらには自身の身体にも決定的な異常があるようです。もはや心身ともに満身創痍のツルギ。おそらくエリート街道を突き進んできた伝説の男にとって、自分の予想の範疇を超えた人生最大の試練を迎えているのではないでしょうか。演じる南さんも、悩みながら、その悩みをツルギに問いかけながら、答えを導き出しているような…何ともいえない雰囲気を纏っての、まさに渾身のお芝居を見せてくれまして、なんだか不思議な感覚を覚えました。
 
夏の終わりにチキュウを去り、様々な冒険を経て、得たものも失ったものもあったキュウレンジャーですが、確実に強くなって、再びチキュウに戻って参りました。
その強さは、物理的な戦闘力だけでなく、精神的な部分も含めて飛躍的に「進化」を遂げているはずです。そう、ぺガさんの言う通りですね(笑)
彼らなら、きっと宇宙を取り戻すことが出来る、そう信じてラスト5回、キュウレンジャーの勇姿を刮目していただければと思います!



 音楽情報 

1月24日発売
「宇宙戦隊キュウレンジャー オールスター全曲集」
なんと新キャラクターソングが5曲収録!

「宇宙戦隊キュウレンジャー」の歌のすべてを収録した全曲集の発売が決定!番組のオープニングテーマ、エンディングテーマ、そして挿入歌のほか、多数のキャラクターソングも収録!既に発表されている楽曲に加え、なんと新曲が5つ!ラッキー、怪盗BN団、ラプター、スパーダ、鳳ツルギが参戦し、魂込めて歌ってくれました!

さらに!!キュウレンジャーを愛する皆様にスペシャルなお年玉!!
5つの新曲が先行で聴ける特別PVをお届けします。
1月14日の放送直後から東映特撮youtube offcialにて公開決定!
まさかの、新曲5曲を含めて怒涛の【9日連続】でお送りします!

これまでの救世主たちの歩みをキャラクターソングに載せて振り返る映像を、
魔術師・竹本昇監督の監修のもと、各キャラクターごとに制作!!
最終回に向けて宇宙規模で盛り上がっていきましょう!

PV楽曲リストはコチラになります~


ラッキー『ラッキー SMILE』
スティンガー『サソリ座の歌』
怪盗BN団(バランス&ナーガ)『AGEPOYO☆DANCE‼︎』
ハミィ(QQQ)『からっきし』
ラプター283『夢見るアンドロイド』
スパーダ『ブラボー!イエロー!』
ショウ・ロンポー『リュウコマンダー龍の道』
佐久間小太郎『BLUE SKY BOY』
鳳ツルギ『I’M LEGEND』


一体、新曲はどんな曲でしょうか…タイトルから想像が膨らみますね~

公開の順番は、ショウ司令によってキューレットで決められます。
そう、つまり…適当!ランダム!です(笑)

ぜひ皆様、キュウレンジャーと一緒に2018年も楽しく過ごしてまいりましょう!

詳細はコチラ↓
http://columbia.jp/kyuranger/


 イベント情報 

シアターGロッソ 宇宙戦隊キュウレンジャーショー 第5弾!
まだまだあるぞ!キャスト出演公演!!

Gロッソ秋の恒例、キャスト出演公演が無事閉幕!
連日満員御礼の大盛況の中でキャストたちも非常に楽しそうに躍動しておりました。
目の前のお客さんと一緒に空間を共有するライブ感が彼らにはとても幸せな体験だったと思いますし、同時にお客さんにも幸せな時間であったのであればとても嬉しいです!

その興奮、2018年も味わってみませんか??笑

年明けて1月末から、第5弾の公演が始まります。
今回は、満を持して!!なんてこったおじさん、すなわち…伝説おじさん、すなわち…鳳ツルギ、すなわち…南圭介さんの参戦が決定!!

南さんの気合、尋常じゃないですよ(笑)
ちなみに、南さんをイジる気満々という意味で…岸さんや榊原さんの気合も相当なもんです。(ちょっとズレてる気もしなくもないが…)

4弾をご覧になった方も見逃してしまって悔しい!という方も!!
ぜひシアターGロッソでキュウレンジャーと一緒に楽しい思い出を作りましょう!

詳細はGロッソ公式HPへ↓
https://www.tokyo-dome.co.jp/hero/#1038



 Blu-ray情報 

「宇宙戦隊キュウレンジャー Blu-ray COLLECTION 2」絶賛発売中!!

12月6日より発売となりました「宇宙戦隊キュウレンジャー Blu-ray COLLECTION 2」
ですが、大好評の封入特典、久正人さん描き下ろしのオリジナルマンガ、題して「THE NINE SHOT -ナイショの話-」も第2巻が拝めます!!
 
テレビシリーズであまり語られることのない、キュウレンジャーたちの【日常】に焦点をあてた“ナイショ”の物語を読み切りでお届けしするという本企画ですが、
Blu-ray COLLECTION4巻に各1冊ずつ付属し、Blu-ray全巻購入者向けプレゼント
である最終巻を合わせた全5巻で構成されますので、全てチェックしてくださいね!!
 
第2話「悩みのムードを照らしタイヨウ!」では、バランスとナーガの<出会い>が
描かれます。一見、何の話だこれは??という奇妙な導入から、一気にドラマティックな展開へと引き込む久先生の画力とストーリー構成は非常にお勉強になります…(笑)
BN団ファン必見の第2巻、お楽しみに!!

詳しくは…こちらをチェック!↓
https://www.toei-video.co.jp/special/kyuranger/



 Vシネマ情報 

絶賛発売中!!

60秒予告⇒ https://youtu.be/bINyG-Y5h1g

いよいよVシネマ『宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー』が発売となりました!いや~なんだか完成からここまで長かったような短かったような…。放送中にスピンオフが発売となるというのは異例なことで、それ自体は非常にありがたいことだと思っております。テレビシリーズとの連動という意味でも、#34でキュウレンジャーに戻ってきたチャンプには、未だ〝暴走〟という危険と謎が残っていますが、そのチャンプの暴走に対するスティンガーの想いや咀嚼の仕方というものが、Vシネマをご覧いただければより濃密に感じられることと思います。テレビシリーズの今後の展開をよりドラマチックに補完できる存在として機能できると思いますので、スティンガーが好きな方、チャンプが好きな方はもちろんのこと、キュウレンジャーをここまで楽しんできていただいた方には満足いただけるのではないかと手ごたえをもってお届けします。

そして、もちろんスティンガーという男をより深く知ることができるのが本作の一番の〝売り〟であることは間違いありません。

スティンガーという男の背負う業、その業の中に渦巻く様々な感情、そしてその感情を呼び起こすこととなる1人の女…。テレビシリーズとはあえてテイストを変えて、グッと大人っぽいムードの中でスティンガーの知られざるエピソードが展開されていきます。
スティンガーとスコルピオ、スティンガーとチャンプ、そしてスティンガーとミカ。この3つの関係を通して、スティンガーという男の魅力がどこにあるのか、何故に惹きつけられるのか、みなさんなりに探していただければと思います。
そして、より彼を好きになっていただけると嬉しいです。

公式サイト⇒ https://www.vcine-stinger.com/



 配信ドラマ情報 

「東映特撮ファンクラブ」にて絶賛配信中です!

http://tokusatsu-fc.jp/

こちらが予告映像となります!ぜひご覧ください!!
予告映像URL⇒ https://youtu.be/y6wj7bBKz_8

キャストからもメッセージが届いておりますのでこちらもチェック!↓
https://www.youtube.com/watch?v=TBVLTNUk2ZA

さらにまだまだ配信…!?



 さらにまだまだ配信…!? 

キュウレンジャーのメンバーが、スターチェンジを巡って、あっちこっちで大騒動!?
『宇宙戦隊キュウレンジャー 変身講座 ~君も一緒にスターチェンジ~』絶賛配信中です!!

スペシャルバージョンの動画はコチラからアクセス!!↓
https://youtu.be/5NHXWJCpFZ4
第1話から第6話をまとめてご覧になる場合はこちらのページへGO!
http://sentai.b-boys.jp/kyu/movie/

(文責・望月卓)

Space.44『ドン・アルマゲの正体』ご視聴ありがとうございました!!
ドン・アルマゲの正体、おっタマげて頂けましたでしょうか!?
なんとツルギの右腕であり、ブレインでもあるクエルボがドン・アルマゲだったなんて……。

序盤こそパワーアップフォームなど派手に進んでいた物語ですが、最後にとんでもない落とし穴が待っておりました。
そんなジェットコースターのごとく落差のあるお話をスピード感満載で演出していただきましたのは、加藤弘之監督!!

その正体を知りつつも言い出せなかったツルギさんの表情が素晴らしかったですね。
いつもコミカルな動きのお芝居で我々を沸かせていただいているツルギさんですが、今回は表情がとても良かったですよね。

さて、今回は、やはりペガさんの登場が光りました!
Space.6『はばたけ!ダンシングスター』以来の久しぶりの登場となりました。
実は、撮影期間を通して、スパーダ役の榊原さんのペガさんの扱いが上手くなっていったとか(笑)

足掛け38話分、ペガさんが眠っていた間にキュウレンジャーには様々な過程がありました!
ということで、これまでのキュウレンジャーの活躍をペガさんにご説明するという振り返り回の要素もありつつ、それだけにとどまらずドン・アルマゲの正体に迫るというあっぱれな構成となっております。

ペガサス カジキイエローに呼応するようにパワーアップフォームが勢ぞろいです!

この豪華な顔ぶれはまさに、最終決戦への決意の表れといったところでしょうか!?

そんなやる気十分なパワーアップキュウレンジャーの前に現れたのは、なにやらミミズみたいな怪人。
「あれ?どこかで見たような・・・」そう、こちらデスワームならぬ「ボスワーム」なのであります(笑)
デスワームデザインでおなじみ渋谷亮介さんによる新作ですね!

アントン博士の邪悪な品種改良により生み出された地底生物デスワームの人工最強種であり、なんと999匹のデスワームを配合することによりこの毒々しいカラーリングが誕生したのです。
改めてアントン博士のマッドサイエンティストっぷりが恐ろしいですね。

そんなボスワームをメロメロにしたのは、大人の色気をまとったハミィちゃんなのでした(笑)

ではお待ちかね。
大人ハミィの怖さを思い知れ!と言わんばかりにお写真を掲載させていただきます!(笑)

さてさて、終盤にその正体を明かしたクエルボ。
改めまして、クエルボのお声を演じていただいておりますのは、浪川大輔さん!!
クエルボはキュウレンジャーの眼の前で怪人態へと姿を変貌させました!
今までのクエルボの時とは違って、谷昌樹さん演ずるドン・アルマゲのお声要素をブレンドした素敵なボイスを披露していただきました。

ドン・クエルボとの悲しい戦いは、舞台を地球に移しさらに激しさを増していきます。そんな中ツルギにも異変が起こって!?
次回も絶対に見逃さないでくださいね!!

(文責・川勝宥典)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
シシレッド/ラッキー:岐洲 匠
サソリオレンジ/スティンガー:岸 洋佑
ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ:山崎大輝
カメレオングリーン/ハミィ:大久保桜子
カジキイエロー/スパーダ:榊原徹士

STAFF
【チーフプロデューサー】 佐々木基(テレビ朝日)、井上千尋(テレビ朝日)

【プロデューサー】  望月 卓(東映)、矢田晃一(東映エージエンシー)、深田明宏(東映エージエンシー)

【原作】 八手三郎(講談社「テレビマガジン」/小学館「てれびくん」連載)

【脚本】 毛利亘宏

【音楽】 山下康介

【主題歌】 オープニングテーマ「LUCKYSTAR」
エンディングテーマ「キュータマダンシング!」

【コンセプトアート】 久正人

【監督】 柴﨑貴行、杉原輝昭 ほか

【アクション監督】 福沢博文

【特撮監督】 佛田 洋(特撮研究所)

【制作】 テレビ朝日/東映/東映エージエンシー

LINK テレビ朝日 公式サイト

ページ上部へ

  • ©2017 テレビ朝日・東映AG・東映