TV

宇宙戦隊キュウレンジャー

DATA
2017年2月12日(日)放送スタート!
【毎週日曜 午前9:30~10:00放送】

EPISODE GUIDE

Space.36 ラッキーの故郷に眠る伝説
2017年10月29日放送

ホシ★ミナトにドン・アルマゲが憑りついていた。
その事実に驚きを隠せないキュウレンジャーたち。
 
だが、それ以上に引っかかることがあった。
それは、倒したドン・アルマゲがあまりにも手ごたえがなかったこと。
 
倒したドン・アルマゲは分身に過ぎないのか、そもそも複数存在するのか…。
それを探るためにも、キュウレンジャーは惑星サザンクロスを目指す。
 
そんな中、コジシ座の惑星ルースからの救難信号が届いた。
惑星ルース―そう、ラッキーが育った惑星である。
さらに、救難信号に交じって生き物の鳴き声が聞こえてきた。
それは、ラッキーの幼い頃からの友達の声だという。
 
唇を噛みしめるラッキーの様子を察し、
ショウ司令は、惑星ルースの救出をキュウレンジャーに命じるのだった…。
 
 
監督:柴﨑貴行
 
脚本:毛利亘宏

惑星サザンクロスに向けて、地球を離れたキュウレンジャーたち。
前回は、クジャク座系惑星ピコークに行き、今回はコジシ座系の惑星ルース…うーむ…
なんだか宇宙SFっぽくなってきましたね!!笑
 
これからたくさんの惑星を訪れることになりますが、撮影場所は当然地球なわけで…w
SFものやファンタジーもの、歴史ものだと、そんなハンデを背負わなくてはならないのですが、監督を始め撮影スタッフさんの工夫とイマジネーションによって、素晴らしい世界観が表現されています。美術さんや、小道具さん、そして衣装さん…みなさんの頑張りを背景の細かい部分まで至るところに見つけることができます。次週のお話では、ラッキーの育ての親の爺やが出てきますが、その爺やの家の装飾だったり、衣装だったりも、作りこみがとても丁寧で、よくも限られた時間の中でここまで…とプロデューサーとしては足を向けて寝られません。ご覧になる皆様にもキャラクターのお芝居やアクションシーンはもちろん、各シーンの背景やそこに映る小道具、来ている服などにも注目していただけると嬉しいなと思います。
 
さて、物語はついにラッキーの根幹を突いていきます。
ラッキーの出自が明らかになっていくとともに、彼にはこれからたくさんの試練が待ち受けています。脚本の毛利さんも、『宇宙一幸運な男』をボロボロにしたい、心をズタズタにするような壁をつくりたい、とおっしゃっておりました。類まれなる幸運を信じる力と、運を引き寄せる力ですべてを乗り越えてきたラッキーが、それだけでは乗り越えられないかもしれない壁に直面する、その時にラッキーはどうするのか。心が折れてしまうのか、違うアプローチを見つけるのか、それとも今までの自分を貫くのか。ラッキーにとっては厳しい局面が続きますが、ぜひ皆様ラッキーを応援しつつ、行く末を見守っていただければと思います!



 イベント情報 

シアターGロッソ 宇宙戦隊キュウレンジャーショー のキャスト出演公演まもなく!

Gロッソ秋の恒例、キャスト出演公演の開催が近づいてまいりました。
夏の劇場版関連の舞台挨拶以来、お客様の前に立つ、しかもお芝居をするということで
キャスト一同とても楽しみにしているようです。
我らが岐洲くんはそれと同じくらい毎日緊張が増していっているようですが(笑)
 
10月29日(日)より一般発売が開始となります。
 
救世主たちの魅力を最大限に披露できるシーンをふんだんにご用意しておりますので、
ぜひ皆様、休日はシアターGロッソに遊びにきてくださいね~
 
詳細はGロッソ公式HPへ↓
https://www.tokyo-dome.co.jp/hero/

 Vシネマ情報 

いよいよカウントダウン!10月25日に待望の発売開始!!

60秒予告⇒ https://youtu.be/bINyG-Y5h1g

いよいよVシネマ『宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー』が発売となります!いや~なんだか完成からここまで長かったような短かったような…。放送中にスピンオフが発売となるというのは異例なことで、それ自体は非常にありがたいことだと思っております。テレビシリーズとの連動という意味でも、#34でキュウレンジャーに戻ってきたチャンプには、未だ〝暴走〟という危険と謎が残っていますが、そのチャンプの暴走に対するスティンガーの想いや咀嚼の仕方というものが、Vシネマをご覧いただければより濃密に感じられることと思います。テレビシリーズの今後の展開をよりドラマチックに補完できる存在として機能できると思いますので、スティンガーが好きな方、チャンプが好きな方はもちろんのこと、キュウレンジャーをここまで楽しんできていただいた方には満足いただけるのではないかと手ごたえをもってお届けします。

そして、もちろんスティンガーという男をより深く知ることができるのが本作の一番の〝売り〟であることは間違いありません。

スティンガーという男の背負う業、その業の中に渦巻く様々な感情、そしてその感情を呼び起こすこととなる1人の女…。テレビシリーズとはあえてテイストを変えて、グッと大人っぽいムードの中でスティンガーの知られざるエピソードが展開されていきます。
スティンガーとスコルピオ、スティンガーとチャンプ、そしてスティンガーとミカ。この3つの関係を通して、スティンガーという男の魅力がどこにあるのか、何故に惹きつけられるのか、みなさんなりに探していただければと思います。
そして、より彼を好きになっていただけると嬉しいです。

公式サイト⇒ https://www.vcine-stinger.com/
 
特報⇒ https://www.youtube.com/watch?v=C9fl8rrIJtY
15秒予告⇒ https://www.youtube.com/watch?v=Lc56SnNCzuo


追加イベント情報~!!

10月28日(土)Blue-ray&DVD発売記念イベントの開催が決定しました!
発売後初のイベントになります。詳しくは、こちらをチェック!!
https://www.animate.co.jp/event/132847/


 配信ドラマ情報 

第4話、配信となりました~!!
第3話までは全力でふざけつつもミッションをこなしていく変身前のキュウレンジャーを中心に楽しんでいただきましたが、第4話では、ようやく!?変身もします!!(笑)
といいつつも、アクターさんたちもキャストたちの楽しそうな雰囲気を察したのか、こちらも全力でコミカルな表現を連発して下さっております(笑)いつもと違うキュウレンジャーの姿を堪能してください!

『From Episode of スティンガー ハイスクールウォーズ』は 9月9日(土)より、「東映特撮ファンクラブ」において第1話より順次配信中!(全4話)

http://tokusatsu-fc.jp/
こちらが予告映像となります!ぜひご覧ください!!
予告映像URL⇒ https://youtu.be/y6wj7bBKz_8

キャストからもメッセージが届いておりますのでこちらもチェック!↓
https://youtu.be/TBVLTNUk2ZA


 さらにまだまだ配信…!? 

キュウレンジャーのメンバーが、スターチェンジを巡って、あっちこっちで大騒動!?
『宇宙戦隊キュウレンジャー 変身講座 ~君も一緒にスターチェンジ~』

第1~6話で999万回再生を目指してきた変身講座ですが、しばらく数えるのを怠っていたうちに!!なんと!!1200万回再生を超えておりました!!!

その感謝の気持ちと言ってはなんですが…


はい!やります!!新作です!!

『宇宙戦隊キュウレンジャー 変身講座 ~君も一緒にスターチェンジ~』
スペシャルバージョン!!

6話までで初期メンバーの9人を紹介してきましたので、今回の主役は追加戦士たち。
すなわち!!ショウと小太郎とツルギですね。
この3人が丁寧に!?いや、適当に!?いや、伝説級の!?変身講座を展開いたします。

すでに配信中となっておりますが大好評をいただいておりまして
ついに100万回再生を突破しました!!
この勢いで、第1~6話と合わせて目指せ!!9999万回再生!!
ちょっとした電車での移動中だったり、休憩中に、ラフにご覧いただける内容ですので
お気軽にアクセスしてみてくださいね。
27話を担当した須上監督にメガホンを撮っていただきましたんですよ~


動画はコチラからアクセス!!↓
https://youtu.be/5NHXWJCpFZ4
第1話から第6話をまとめてご覧になる場合はこちらのページへGO!
http://sentai.b-boys.jp/kyu/movie/



 DVD情報 

「宇宙戦隊キュウレンジャー Blu-ray COLLECTION 1」絶賛発売中!!


9月13日より発売となりました「宇宙戦隊キュウレンジャー Blu-ray COLLECTION 1」ですが封入特典を例年とは少し趣向を変えてお届けしてまいります。

封入特典は、キュウレンジャーの怪人やその他キャラクターデザインを担当して下さっている久正人さん描き下ろしのオリジナルマンガ、題して「THE NINE SHOT -ナイショの話-」

テレビシリーズであまり語られることのない、キュウレンジャーたちの【日常】に焦点をあてた“ナイショ”の物語をお届けします。
Blu-ray COLLECTION4巻に各1冊ずつ付属し、Blu-ray全巻購入者向けプレゼントである最終巻を合わせた全5巻で構成されますので、全てチェックしてくださいね!!

第1話「捌けるアンドロイド」では、ある人物と2人きりで話がしたいと願うラプターの姿が描かれています。その誰かとは…。

プロの漫画家である久正人さんの独特なタッチによって唯一無二の世界観が提示されていますが、個人的にはアメコミ大好き人間なので、久さんのビビットで陰影がはっきりしたタッチで描かれたキュウレンジャーの世界には興奮するものがありました。ぜひ楽しみにしていてくださいね。

さらに!このBlu-ray COLLECTIONには、同マンガにレギュラーキャストが声を当てた朗読CDも封入されています!

かねてよりアフレコが上手だという呼び声の高い俳優陣と、日本最高峰の声優陣が勢ぞろいでお届けする極上の【声】とともに、また1つ違ったかたちでマンガを楽しめるのではないでしょうか。久さんの素晴らしい画との合わせ技で、好きなだけキュウレンジャーの世界に浸ってください!!笑


【クレジット】
●「スーパー戦隊シリーズ 宇宙戦隊キュウレンジャー Blu‐rayCOLLECTION 1」
 発売中 19,800円(税抜き)
 発売元 東映ビデオ
 販売元 東映


またBlu-rayCOLLECTION1購入者限定イベントを11月3日(金・祝)に都内で実施予定ですが、その抽選券も封入されているそうですので、このBlu-rayCOLLECTION1、ぜひチェックをお願いしますね!

そして…『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』のブルーレイ&DVDが12月6日に発売決定いたしました!


初回限定盤には、なんと!キュウレンジャーライセンスが8種類ついてきます!
ガル、バランス、ナーガ、ハミィ、ラプター、スパーダ、ショウ、小太郎!!
映画館ではラッキーとツルギの2種類だけの配布でしたので(笑)ここで一気に10人分コンプリートしちゃってくださいね!!

あれ、スティンガーとチャンプは??と思ったアナタ!!

もちろん2人のライセンスも手に入れることが可能です。
そう、もうお分かりですね。
お2人のライセンスは、10月25日発売の『Vシネマ 宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー』のブルーレイ&DVDに特典として封入されています!!

12人分を集めていただいた方は、この公式HPが13人目の戦士として認定しますね(笑)
ぜひ、よろしくお願いいたします~

詳しくは…こちらをチェック!↓
https://www.toei-video.co.jp/special/kyuranger/



 CD情報 

告知が遅くなってしまいましたが、
『宇宙戦隊キュウレンジャー サウンドスター2 ソングコレクション スーパースペースヒットチャンネル!』が日本コロムビアさんより絶賛発売中です!

http://columbia.jp/prod-info/COCX-40028/

サウンドスター1は、27話や次回32話をご執筆いただいた井上テテさんによるドラマ形式でお送りしましたが、サウンドスター2は、ホシ★ミナトの大ヒット番組『スーパースペースヒットチャンネル!』を半ば強引に〝乗っ取ってしまう〟キュウレンジャーの様子を描いたバラエティ要素の強い作品になっております。ご執筆は、大谷翔平選手もびっくりのスーツアクターと脚本の二刀流、野川瑞穂さんにお願いさせていただきました!
昨年の『動物戦隊ジュウオウジャー』でも同様のシリーズをご執筆されておりましたが、スーツアクターのレギュラーとしてはお休みされていた記憶がございまして…今作はマーダッコとしてバリバリに撮影で活躍されている最中でしたのでまさに二刀流としてフル回転していただきました!!とてもパワフルな方なので、キュウレンジャーの畳み掛けるようなテンションが合います!とおっしゃっていただいた通り、ノンストップで進む破壊力抜群の作品になりました。もちろん、マーダッコの大活躍も自ら書かれて…(笑)

これは聞いて損はないですぞ!ぜひお手に取っていただけますと嬉しいです~

その他にもさまざまなCD&DVDが発売中!!詳細はコチラです~↓
http://columbia.jp/kyuranger/



(文責・望月卓)

Space.35『宇宙No.1アイドルの秘密』ご視聴ありがとうございました!!
 
戦隊恒例のアイドル&コスプレ回を演出していただきましたのは、33、34話に引き続いて竹本昇監督!
脚本家には、下山健人さんが再びの参戦!
 
今回の裏の主役・ホシ★ミナト役の松本寛也さんは今回のためにギターの猛特訓をしていただきました。
楽器指導の方にも入っていただき、本格的なギターの練習が開催されました。
最初は指つかいとコード移動に苦戦する松本さんだったのですが、さすが宇宙No.1!ものの見事に技術を吸収していきます。
そして役作りの情熱は冷めやまず、現場小道具さんにギターを借り、家でも特訓に励んでくれました!

いざギター演奏の当日では、数日間の練習期間しかなかったにもかかわらず、
きっちりと指使いもマスターされており、その宇宙No.1レベルの役者魂を見せていただきました!!

実は、路上の演奏する若かりしホシ★ミナトさんはトレードマークのアフロの質量が小さめだったり、その中でもガチャガチャした色の服や、星マークなど、細部に至るまで工夫が施されているのです。

宇宙アイドルオーディションの撮影には、東映特撮ファンクラブ会員の皆さま、約200人の方々にもお越しいただき、宇宙人のコスプレもしていただきました!!
キュウレンジャーキャンペーンにて、番組出場権を獲得した、ヨッシャ、ラッキーな子供たちも参加していただき本当のオーディション番組さながらの大規模な撮影となりました。
 
キュウレンジャーもいつもとは違うコスプレ姿だったので、記憶に残るご参加となったのではないでしょうか!!
改めまして、お越しいただきました皆さまありがとうございました!

ちなみに、この撮影のために、ハミィちゃん、ラッキー、ナーガはダンス練習も敢行!
ダンスの振り付けはおなじみのラッキィ池田さんにお願いさせて頂き、ダンス練習日と撮影当日には、ダンス指導の藤田先生にもお越しいただきました。
バックダンサーのラッキーとナーガは特に難しい振り付けだったのですが、リズム感と勘の良さをフルに使っていただき、短時間でこれでもかとばかり成長してくれました。
 
またこの撮影のために挑戦していただいたのは、ダンスやギターだけにあらず。
「からっきし」の歌の収録も行いました!!
ラッキーと、ナーガはハモり部分を収録し、ハミィとホシ★ミナトさんにはばっちりボーカル部分がありました。
ハミィちゃんはこの収録のために、事前に練習もしてきていただき、収録ギリギリまで自信がないとおっしゃっていたのですが、蓋を開ければなんのその。
ハミィちゃんらしい、不器用ながらもきっちり筋の通ったお声が収録されておりますよね。
ホシ★ミナトさんも同様に、若かりし路上歌手の時の気持ちを乗せてからっきしを歌っていただきました。
若かりしホシさんの初々しい感じが出ていたと思います!(笑)
ちなみに、ホシ★ミナトさんには、もう一曲歌っていただいているのです。
皆さまお気付きでしょうか!?
冒頭に、キュウレンジャーがタブレットで見ている時に流れている音楽、これは「ラッキーミラクルパラダイス」ですが、これはホシ★ミナトの新曲なのです。
ホシ★ミナトさんにはこちらも収録していただきました。
しかしこの時ホシ★ミナトさんにはドン・アルマゲがとりついていたので、声にも加工がかかり、「からっきし」の時よりもずっと機械的な仕上がりとなっております。
まさに「featuring ドンアルマゲ」と言ったところでしょうか笑
 
まさにおもちゃ箱をひっくり返したかのような楽しさはじける35話、何度でも見返してくださいね!
そしてラストにドン・アルマゲが取り付いていたという衝撃もありつつ、物語もラストに向けてどんどん前に進んでおります。
 
次回はラッキーの出自が明らかに!?
どうぞご期待下さい!!
 
 
そして新規情報解禁☆
ラッキーの過去が垣間見える次回エピソードより、
新出演者情報を発表!!
 
今までベールに包まれてきたラッキーの出自の鍵を握る、
ラッキーの父親・アスラン役に山崎銀之丞さんのご出演が決定!!

幼少期のラッキーの横で優しい笑みを浮かべる父・アスラン。

果たしてこの後明らかになる新事実とは…!?
キュウレンジャー新章開幕です☆
それではホシ★ミナトの写真でさようならー☆

(文責・川勝宥典)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
シシレッド/ラッキー:岐洲 匠
サソリオレンジ/スティンガー:岸 洋佑
ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ:山崎大輝
カメレオングリーン/ハミィ:大久保桜子
カジキイエロー/スパーダ:榊原徹士

STAFF
【チーフプロデューサー】 佐々木基(テレビ朝日)、井上千尋(テレビ朝日)

【プロデューサー】  望月 卓(東映)、矢田晃一(東映エージエンシー)、深田明宏(東映エージエンシー)

【原作】 八手三郎(講談社「テレビマガジン」/小学館「てれびくん」連載)

【脚本】 毛利亘宏

【音楽】 山下康介

【主題歌】 オープニングテーマ「LUCKYSTAR」
エンディングテーマ「キュータマダンシング!」

【コンセプトアート】 久正人

【監督】 柴﨑貴行、杉原輝昭 ほか

【アクション監督】 福沢博文

【特撮監督】 佛田 洋(特撮研究所)

【制作】 テレビ朝日/東映/東映エージエンシー

LINK テレビ朝日 公式サイト

ページ上部へ

  • ©2017 テレビ朝日・東映AG・東映