TV

宇宙戦隊キュウレンジャー

DATA
2017年2月12日(日)放送スタート!
【毎週日曜 午前9:30~10:00放送】

EPISODE GUIDE

Space.23 俺様の盾になれ!
2017年7月30日放送

鳳ツルギ―
自称初の宇宙大統領にして、
はじめてキュータマを手に入れ、不死身の体で過去にドン・アルマゲを倒した男。
 
しかし、その輝かしいツルギの記録は残っておらず、
ドン・アルマゲは今も宇宙を支配している―
 
その謎を解き明かすため、ツルギは自ら敵に奇襲をかけることに。
「ジャークマター放送局」の番組を乗っ取り、
自分はかつてドン・アルマゲを倒した男だ!と全宇宙に宣言する。
 
するとそこへ現れたのがジャークマター最高幹部・フクショーグンのテッチュウ!!
 
そんな中ツルギはテッチュウとの戦いで民間人を危険にさらしてしまい、
ラッキーはそれに反発するが、
ツルギは多少の犠牲は致し方ないと主張。
 
しまいには一緒に戦いたいなら「俺様の盾になれ!」
と告げるツルギにラッキーは激怒する。
 
同じ宇宙平和を願いながらも、考え方の違いで対立する2人…
果たしてフクショーグンを倒すことはできるのか!?
 
監督:加藤弘之
 
脚本:毛利亘宏

いやあ、ここ数日の暑さがすごいです。
気づくとアイスを食べてしまいますね。
 
さて、そんな真夏の暑さよりさらに暑苦しい、胡散臭い「鳳ツルギ」とう新戦士が登場しましたが(笑)
果たしてツルギの言う彼自身の経歴は本当なんでしょうか?
 
宇宙大統領なんて本当にいたのか、
そもそも生きているドン・アルマゲを倒したというのはどういうことなのか。
謎は深まるばかりですが…
 
とはいえ復活したアルゴ船が見事にギガントホウオーになりましたし、
ツルギの言っていることは嘘ではないのかも?
というかそもそも不死身の人っているんですかね(笑)
 
引き続き皆さんにはこれからも数々の伝説的名場面を見守って頂きたいですが…!
本日は22話で初登場、新ロボの「ギガントホウオー」をピックアップ。

こちら岩場から登場しましたのがホウオウベースに乗ったホウオウボイジャー。

ホウオウベースからボイジャーが発射されると宇宙空間へ。

そして宇宙空間に浮遊するホウオウステーションにボイジャーが合体すると…

どーん!ギガントホウオー完成です。
このロボ完成までのシークエンスは胸アツですね…!
 
スペースシャトル感満載のデザインに、
流れる音は壮大なスペースオペラの香りを漂わせますから、
これはSF好きの心をくすぐりまくりますよね。
 
次回23話ではキュウレンオー、リュウテイオーとともについに3体並び!
の画も登場しますので、お楽しみに!!
 
さあ、「なんてこった」な暑さに負けず、下記おまけもチェックしつつ、
次回23話のダブルレッド対決に備えてください!!

☆おまけ

キュウレンジャーがこの夏仕掛けていく怒涛のミッションを紹介しますね。
映像あり、イベントあり、音楽あり…キュウレンジャーの勢いはとどまることを知りません。
やらない理由を探さずに突っ走った結果、非常にたくさんのコンテンツを生み出す機会に恵まれました。それぞれ観てくれる方、来てくれる方、聴いてくれる方がいなければ、企画も現実になりません。これも応援してくださる皆様の存在あってこそ。私たちは、皆さんが楽しんでいただけるようなコンテンツを生み出し続けることで、その恩返しをしていきたいと思います。スタッフ一同、この灼熱の夏に滝のような汗を流しながら、寝る間も惜しんで、頑張ってくださっております。新人の若いスタッフさんなんかはちょっと前まではモヤシみたいで不健康そうだった方もいつの間にか、こんがり美味しそうに焼けておりまして食べごろのステーキみたいになっております(笑)でも、何だかみんな楽しそうで生き生きしているのがキュウレンジャーのスタッフ陣の特徴。若いメンバーが躍動し、ベテランスタッフがそれを支える、とても良い現場になっていると感じます。ちょっと話は逸れましたが、それぞれのパートの皆さまがそれぞれの技術を遺憾なく発揮して、皆様に良質の作品をお届すべく奮闘しておりますので、是非その技術の結晶となる作品を、楽しんでいただければと思います。
 
それでは、簡単ではございますがこの夏(以降の)キュウレンジャー、究極のラインナップをご紹介!

テレビシリーズ

まずはもちろん、すべての礎となるテレビシリーズですね。
来週以降も怒涛の展開が待ち受けていますので、お見逃しなく!!
21話で登場した第2の赤き戦士、鳳ツルギ/ホウオウソルジャーの謎を中心に、物語はついに核心へ、つまりドン・アルマゲに迫っていきます。ツルギは、コールドスリープ以前の時代にドン・アルマゲを倒したと言い張ります。この根拠の所以は、キュウレンジャーには理解ができません。そりゃそうですよね…だって、現にドン・アルマゲは現代の世の中に存在し、宇宙を支配し、そしてキュウレンジャーは戦っている訳ですから。そんな時代を超えた主張の食い違いが、今後のキュウレンジャーたちの進んでいく道を大きく変えることになります。まずは、ツルギが一体何者なのか?言っていることは本当なのか?というエクスキューズをキュウレンジャーと同じ視点から、一緒に解き明かしていきましょう!!
 
そしてテレビシリーズではオープニングとエンディングに大ニュース!!
オープニングには、巷で伝説になりつつある鳳ツルギとホウオウソルジャーの映像が新たに加わりました!!マイナーチェンジではありますが是非ご注目ください!
 
そして、注目はエンディング!
『キュータマダンシング!』が夏休みオリジナルバージョンに変わります!

題して『キュータマ音頭!』

夏休みにふさわしく、夜空に太鼓の音が鳴り響く夏祭りのイメージで、キュータマダンシングが夏季限定バージョンとして生まれ変わりました。
撮影は、埼玉県の寄居町に全面協力いただきまして、一般エキストラ999人の皆さんと一緒に楽しく踊りました。
キュウレンジャーの面々は浴衣や甚兵衛など夏祭りにふさわしい衣装を、思い思いにカスタマイズして着こなしております。みんな、チキュウに馴染もうと必死な訳ですね(笑)
 
あれ、じゃあ振付も変わっちゃうの!?と不安がよぎった方、安心してください。
振付は一切変わらずにお届けしておりますので、いままでと同じようにダンスしていただいて『キュータマ音頭!』を家族みんなで楽しんでくださいね!
 
振付は、ラッキー先生が教えてくれる練習動画を公開しています。
コチラを見て、ラッキーと一緒に練習しましょう!
 
キュータマダンシング↓
https://youtu.be/GcxbpO2o9o8
 
レクチャー動画はコチラ↓
https://youtu.be/R2dHGT6CA1w
 
CDなどの発売情報はコチラ!
↓↓
http://columbia.jp/prod-info/COZC-1363-4/
 
CDには小太郎のキャラクターソング『BLUE SKY BOY』も収録!!
小太郎演じる田口くんが、全力で一生懸命歌ったこの楽曲、超可愛いですよ(笑)


劇場版

8月5日(土)の公開まで3週間を切りました。
資金力では到底かないませんが、ハリウッド映画に負けない本格SF活劇を子供たちに届けたいという一心で、柴﨑監督が丹精込めて作り上げた本作、先日完成いたしましたが、非常に手ごたえを感じでいます。30分間ノンストップで進んでいくこの映画、打ち合わせの段階から、120分の映画のラスト30分を切り取ったような、最初から最後までクライマックスのような勢いの作品にしたいね、と言っていたことがスクリーン上で現実になっておりました。一瞬たりとも目が離せないというか、全編まったく油断できないです!
ぜひ、この夏の思い出に、家族で、友達同士で、はたまたデートで!?楽しんでいただければ嬉しいです。
 
通常の前売り券に加えまして、ヘラクレスキュータマがもらえるプレゼント付き前売り券
も、全国の劇場で絶賛発売中です!
ヘラクレスキュータマ…先日の放送のラストで鳳ツルギが手に持っていたアレですね。
次週の放送でも印象的な登場の仕方をしますので、この機会にぜひゲットしてください!
 
http://ex-aid-kyuranger.jp/



Vシネマ

Vシネマについても、続々と新情報が!!
特報映像に続きまして、15秒のPR映像も解禁となりました。
本編のほんの一部分ではありますが、作品の雰囲気はテレビシリーズとは趣向が異なることが感じ取れるでしょうか??あくまで挑戦を掲げているキュウレンジャーですから、子供番組としてのテレビシリーズの枠から飛び出したスティンガーの物語は、ある意味大人の方々に見ていただきたい作品でもあります。扱っているテーマも、テレビシリーズでは描きづらい部分をオブラートに隠さずに、投げかけさせていただいております。
発売までまだ時間がありますので、この特報と予告を何度も見ていただいて(笑)
もう少しお待ちいただければ幸いです。
 
公式サイト⇒ https://www.vcine-stinger.com/
 
特報⇒ https://www.youtube.com/watch?v=C9fl8rrIJtY
15秒予告⇒ https://www.youtube.com/watch?v=Lc56SnNCzuo



配信ドラマ

先日、中野サンプラザで行われたイベントで発表となりましたが、Vシネマ『Episode of スティンガー』にスピンオフが誕生しました!つまり…スピンオフのスピンオフです!!(笑)
どんだけ重箱の隅をつつくんじゃあ!と思うかもしれませんが、重要なのはそこではなく(笑)見てください!このキュウレンジャーキャストたちの制服姿!!この制服を着て所狭しと動き回るキャストたちの姿を見られるだけで希少価値があると思いませんか!?テイストとしては、シリアス気味なVシネマに対して、思いっきりキャストが羽を伸ばした(笑)コメディ路線の物語になっています(ちゃんとストーリーがありますからね!)

『From Episode of スティンガー ハイスクールウォーズ』は
9月9日(土)より、「東映特撮ファンクラブ」において第1話より順次配信!(全4話)
 
キャストからメッセージが届いておりますのでこちらをチェック!↓
https://youtu.be/TBVLTNUk2ZA


さらにまだまだ配信・・・!?

キュウレンジャーのメンバーが、スターチェンジを巡って、あっちこっちで大騒動!?
『宇宙戦隊キュウレンジャー 変身講座 ~君も一緒にスターチェンジ~』

第1~6話で999万回再生を目指してきた変身講座ですが、しばらく数えるのを怠っていたうちに!!なんと!!1200万回再生を超えておりました!!!
 
皆さんに楽しんでいただけているようで、嬉しいです。
その感謝の気持ちと言ってはなんですが…もしかしたら…もしかしたら!?
 
はい。あるかもしれません。
今はまだ、ここまでしかお伝え出来ませんが、続報を期待してお待ちください!
 
次は…目指せ!!9999万回再生だ!!
 
まとめてご覧になる場合はこちらのページへGO!
http://sentai.b-boys.jp/kyu/movie/



イベント

先日の7月15日に中野サンプラザで行われました『宇宙戦隊キュウレンジャー 番組キャストトークショー』は、文字通りキャストが一堂に会しての超豪華イベント!夏の劇場版のPRイベントということでしたが、これまでのキュウレンジャーを振り返るトークコーナーだったり、超レアは声優さんが実際にアクターさんのお芝居にお声を吹き込む生アテレコ(スーツアクターさんは、テレビシリーズでご活躍されている面々でした。チャンプは岡元次郎さん、バランスは大林勝さん、ガルは竹内康博さん、ラプターは五味涼子さん、そしてショウ・ロンポーは日下秀昭さんでした!)だったり、はたまた俳優チームと声優チームに分かれてのゲームだったり、オープニング・エンディングなどの生ライブがあったりと、お客さんには楽しんでいただけたのではないでしょうか。このタイミングでこのような大々的なイベントを実施させていただけるのは異例なことですが、これも皆様の応援あってこそ。もっともっと、こうしてお客様と触れ合う機会が作れるといいなあと思っております!
 
非常に狭き門となってしまいました本イベント。残念ながらご一緒できなかった皆様にはせめてもの!ということでイベントを完全収録したDVDの発売が決定しております!
舞台裏の様子などが収録されていたりと、それなりにオリジナル要素もございますのでぜひお手に取ってあの興奮の中のサンプラザを共有しましょう!

発売は12月6日です。ちょっと先ですがお楽しみに!
http://www.toei-video.co.jp/special/kyuranger/
 
そして、夏は劇場版の季節。そのPRイベントが各地で行われます。
暑い夏をさらに熱く盛り上げるために、番組キャストもスケジュールのゆるす限り皆様にご挨拶に向かいます!
 
ま ずは4年目を迎え、夏の定番として定着しつつあります『テレ朝夏祭り』。すでに15日からキャストトークショー並びにキャラクターショーが始まっておりま す。仮面ライダーエグゼイドのキャストと分担して、日替わりにて様々な組み合わせでキャストが登場します!ぜひ、レアな組み合わせもありますので(笑)六 本木ヒルズまで遊びに来てください!
 
イベントのスケジュール、登壇者はコチラ↓
http://www.tv-asahi.co.jp/summerstation/area/arena/show/
 
会場では、劇中でも登場した『キュウレンジャーぬいぐるみ』を先行発売中!
スティンガーが目にもとまらぬ速さで(!?)さそり座の戦士のたしなみを大いにたしなんだ結果、たくさんのぬいぐるみの生産に成功しました!!
全種類、とまではいかなくても、お気に入りのメンバーのぬいぐるみを持って、各地のイベントに来てくださいね!
 
http://www.tv-asahi.co.jp/kyuranger/news/0014/index.html
 
まだまだありますよ~!7月31日には映画の完成披露イベントが行われます!
http://www.toei.co.jp/release/movie/1210084_979.html
 
さらには、お盆にもキャンペーンを慣行!なんとキュウレンジャーキャストが8月12日には大分の城島高原に、8月13日には京都太秦映画村と和歌山マリーナシティにオリオン号で向かうそうです!!
 
スケジュールはコチラ!↓
http://www.toei.co.jp/release/event/1210071_958.html
http://www.kijimakogen-park.jp/hero/kyuranger/special.html
 
さらにさらに!今後も今はまだお伝え出来ないですが各所で舞台挨拶がありますので、ぜひ発表をお楽しみに~!!

音楽情報

音楽方面でも動きが…!!
それは何ぞや!と言いたいところではありますが、コロムビアさんに怒られちゃうので…
(笑)近日中に発表できるかと思いますのでお楽しみに~!
 
そうそう、中野でのイベントや先日のテレ朝夏祭りでも披露していただいたスティンガー役の岸洋佑君が歌う劇中歌『さそり座の歌』、いい曲ですよね~。テレビでは一部しか聞けなかったと思いますので、の夜空を見上げながら(日本からは南の空に見えるはずです!)サソリ兄弟に想いを馳せながら聴いていただくのをオススメします~
 
http://columbia.jp/prod-info/COCX-40009/
 
ショウ・ロンポー、スティンガー、そして小太郎と徐々にキャラクターソングも充実してまいりましたが、まだまだたくさんのキャラクターソングを作っていけたらいいなあと思っておりますので、いつ誰の!?と期待してお待ちください!



出演情報
〇祝!!スーパー戦隊大好き芸人が放送決定!!

全スーパー戦隊ファンの夢が実現!好評を博した『仮面ライダー芸人』に続いて、ついに『スーパー戦隊大好き芸人』が放送されます!40年以上の放送を誇るシリーズですから、ネタは無尽蔵!!これを機に、第2弾、第3弾と続けていけるように、テレビ朝日の番組スタッフさんを中心に、かなり気合を入れて作りこんでいただいております。
本当に、夢のような1時間をお届けできると思います!放送は 7月30日(日)18:57~ !! みなさん!日曜のゴールデンですよ!これは絶対見逃せない!

http://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/lineup/0815/


〇ラジレンジャーに参戦!

ショウ・ロンポー/リュウコマンダーの声、ご存じ神谷浩史さんがMCを担当しております『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』に、キュウレンジャーからラッキー/シシレッド役の岐洲匠君と、ナーガ・レイ/ヘビツカイシルバー役の山崎大輝君が参戦!!キュウレンジャーを共に創っている仲間として、普段は聞けないようなアフレコの裏話やキュウレンジャー自体にまつわる秘話が聞けるかも!?初ラジオの岐洲君はちょっと緊張気味でした…笑
 
放送は文化放送にて7月28日(金)24時30分〜!お楽しみに!
(一部地域にて放送日・時間帯が異なります)

まだあるぞ!

配信サイト『東映特撮ファンクラブ』にてスーパー戦隊親善大使・松本寛也の「今宵は気まぐれ運任せ」という番組がありますが…ついに第3話以降の企画が始動!!
本当に、気まぐれな番組です(笑)実際の内容もかなり気まぐれかつ、運任せな要素がてんこ盛りでございます。キュウレンジャーはあんまり関係ないといえば関係ないのですが(笑)
松本寛也が、真のスーパー戦隊親善大使となるために心を清め、精神を鍛えるミッションに挑みます。詳細はまた後日!笑 こちらもこうご期待!!
 

最後に・・・おもちゃだ!笑

ホウオウソルジャーの登場により、たくさんのおもちゃが発売になります!!
みんなでキュウレンジャーになりきって、お友達とたくさん遊んで下さいね~
 
http://sentai.b-boys.jp/
 
 
 
 
書き始めた時は、まさかこんなに長くなると思っておりませんで…
若干後悔しかけた三連休の筆者でしたが、それだけいろんな方が、いろんな形でキュウレンジャーを取り上げて下さっているということに、改めて感謝をしつつ、 それを求めて下さる視聴者やお客さまがいてこそだと、再認識させていただきました。最初にも書きましたが、私たちはそれを、作品で恩返ししていきます。そ して、より一層、キュウレンジャーがこの夏に盛り上がっていけばいいなあと思います!
これからも応援よろしくお願いいたします~

(文責・望月卓)


Space.22『伝説の救世主の正体』ご視聴ありがとうございました!!
前回短いスパンで衝撃的なインパクトを残した鳳ツルギ/ホウオウソルジャーですが、今回でその方向性がはっきりしたのではないでしょうか。
伝説の救世主の正体に迫っていただきましたのは、加藤弘之監督。
コミカルにかつかっこよく、そして威厳も兼ね備える役柄を見事演出していただきました!!

さてさて伝説の男曰く、彼は、地球人初の外宇宙探検に挑戦。宇宙で初めてキュータマを見つけた男。そして宇宙を一つにまとめあげた初代宇宙連邦大統領。そして不死身の男、、、らしい。
 
しかし、そんな輝かしい栄光は記憶を改ざんする怪人・マナビルによって消し去られており、見るも無残に“自称”となってしまっていたのでした(笑)

今回、オリオン号にアルゴ船を横付けし、衝撃的な登場を果たしますが、いちいち登場も伝説的なのが鳳ツルギ流!
ジャークマター大学での登場も、自らのエンブレムをプロジェクターに投影し、伝説を演出してエンターテイナーっぷりたるや(笑)
やはり初代宇宙連邦大統領まで上り詰める人は、ユーモアの感覚もバツグンなのでしょうか。
数百年間アルゴ船にコールドスリープされていたにも関わらず、“壁ドン”まで披露してくださり、流行にとても敏感なのか、それとも素で壁ドンをしているのか、、、(笑)

改めまして、そんな鳳ツルギ/ホウオウソルジャー役を演じるのは、南圭介さん!
キュウレンジャーの素面キャストの中では年長さんなのですが、彼自身も役に劣らずユーモアあふれる人なのであります。

まだまだ伝説の救世主の秘密の全貌は明らかになっておりませんが、これから彼を軸にして、たくさんの“なんてこった”な真実が明かされていきます!!
 
そして伝説なのは、鳳ツルギ/ホウオウソルジャーだけではありません。
彼が操縦するギガントホウオーも伝説的なのです!
佛田洋特撮監督の演出が光るカットばかり、伝説の男が乗りこなすロボもやはり伝説的なかっこよさで描かれております!

上記TOPICにもあるので、お写真は割愛させていただきますが、
アルゴ船が三つに分かれ、岩間からホウオウボイジャーを搭載したホウオウベースが豪快に登場!
そしてホウオウブレードのトリガーを引くと、
「カモンザドッキング!」という音と共に、宇宙にあるホウオウステーションと合体します。
そしてその三つが組み合わさり、ギガントホウオーが完成するのです!
この流れを、いざ一連で見るとおっタマげるほどにかっこよく、まさに、刮目せよ!伝説が始まるぜ!と声高に叫びたくなります(笑)
これから、ギガントホウオーはますますのかっこよさを見せてくれるので
皆さま楽しみにしていてくださいね!
 
そして、今回の撮影中にもう一つおめでたいことがありました!
それは、佐久間小太郎演じる田口翔大さんが13歳のハッピーバースデー!!
ビッグスターの名にふさわしく、大きく飛翔する年となりますように!
スタッフ一同、心より祈っております。
改めまして、田口翔大さんおめでとうございます!!



☆おまけ☆

7/15(土)より、夏の風物詩となっておりますテレビ朝日夏祭りが開始いたしました!!
今回はそんな大盛況なイベントの様子をちらりとご紹介☆
 
初日は、なんとキュウレンジャーとエグゼイドの計15人のヒーローたちが大集結!
所狭しと並ぶヒーローの勇姿に会場の熱気はさらにヒートアップ!
 
岸くんがギター片手に「サソリ座の歌」の弾き語りを披露してくれたりとか、エグゼイドのヒーローたちもキュータマダンシングを踊っていただけたりとか、イベントだからこそ見れるヒーローの素顔がこれでもかとばかり見れるのですよ!
キュウレンジャーに少しでも興味を持っている方、ぜひ見に来てください!
猛暑が続く中、さらにテンションを熱くたぎらせる自信があります!
 
ちなみに、7/23(日)にこちらのHPをご覧になっている方は、まだまだ間に合いますよ!
7/23、岐洲匠さん、岸洋佑さん、山崎大輝さん、大久保桜子さん、榊原徹士さんの5人がテレ朝夏祭りに登壇します!
そしてもちろん、司会は我らがスーパー戦隊親善大使・松本寛也さん!
豪華キャストの揃い踏みに盛り上がること間違いなし!
残念ながらご都合のつかない方、ご安心ください。まだまだテレ朝夏祭りはまだまだ続いていきます
イベントのスケジュール&登壇者はこちら↓
http://www.tv-asahi.co.jp/summerstation/area/arena/show/
 
そんな暑い夏を熱くするヒーローたちの夏祭りのお写真で締めとさせていただきます!
 
このかっこよさ、なんてこった!!!

(文責・川勝宥典)

☆映画情報④ エキストラさん撮影特集 その2

さて近々で更新をさせて頂きましたが、
今回も映画情報を更新しちゃいます☆
 
ということで前回に引き続きエキストラ撮影第2弾!
7月23日放送からご覧いただいた方は気づいたかと思いますが、
(おまけにも載っていましたが)
TVのエンディングダンスが盆踊り仕様になってましたよね!

実はテレビと映画のエンディングダンスが連動しているのですが、
こちら撮影させて頂きましたのが、
数々のロケでもお世話になっている寄居町さんにて!
 
実は寄居町ではダンスを寄居の皆さん(1000人規模とか!)で集まって踊る、
という習わしがあるというのは、フィルムコミッションの方経由で聞いていたのですが…
 
その「集団ダンスなるもの」の規模が大きいという話をきいたところから、
キュウレンジャーと寄居町のコラボでたくさん人を集めてダンスをしたらどうか?という話が持ち上がり、
「ならばキュウレンジャーだけに999人集めてダンスしようじゃないか!」
という冗談のような企画が、なんと現実と相成ったのでした!
 
ということで、
寄居町のフィルムコミッションさんで、集え999人キュータマダンシング!
という募集をHPでかけて頂き、
寄居町の方はもちろん、全国からエキストラとしてダンス頂ける方を募集。
キャパシティ上皆様を当選とはできませんでしたが…
当日は寄居だけでなく、北から南から様々な県の皆さんにご参加いただいたのでした!
 
ちなみにいつもの撮影ならば、番組スタッフのみを中心準備から撮影にのぞみますが、
今回はもちろん違います。
数週間前からキュウレンジャーの番組スタッフと、
寄居町のフィルムコミッションさんを中心とした寄居町の皆さんで何度も打ち合わせ。
当日エキストラさんが車で来る場合やそれ以外の方法について交通整理したり、
スタッフ編成や人員配置を考えたり試行錯誤したのでした。

ちなみにこのやぐらも前日からこの日のために、
寄居町の皆さんにご協力頂き、たてたのですよ!素敵ですよね。
 
ちなみにダンスは毎週放送で流れてますが、
キュウレンジャーを観ているお子さんのおばあちゃんやおじいちゃん、
番組を観たことのないお友達のエキストラご参加も想定し、
事前にダンス動画を配布。
エキストラの方に事前に練習して頂いたので、
映画館でもよーく見てほしいのですが、本当にみなさん、
キュウレンジャーメンバーに負けじと劣らずダンスが完璧なんです!

そして当日はなんと豪華にも振付のラッキィ池田さん自らが振付指導でご参加。
ナイター撮影でキュータマダンシング盆踊りバージョン!というのが
今回の撮影の内容でしたが、
早く集合したエキストラの皆さんで明るいうちからラッキィさんと一緒にダンスを練習。
これもまた皆さんの思い出になったようなのでした!
 
ちなみに今回の盆踊りエキストラさん撮影、
新戦士・鳳ツルギ役の南圭介さん含む全キュウレンジャーメンバーが揃い、
かつホシ★ミナト役の松本寛也さんや、ED歌唱・松原剛志さん、OP歌唱の幡野智宏さんまで集結していたのです!(是非画面で皆さんチェックしてくださいね)
実は南さんは情報解禁前の登場だったりしまして、
ダンスエキストラの皆さんは一足早く新戦士のお顔を楽しんでも頂けたりもしたのですが…!
 
ほかにもメンバーは皆浴衣姿。
やぐらの上のホシ★ミナト役・松本さんにいたってはエキストラの皆さんも思わず二度見して笑みを浮かべてしまう、衣装部さん小道具さん特製の光るLEDハッピを着た撮影でして、
 
随所随所でエキストラさんから
なんだか楽しいね、と言ってもらえて、
筆者的にも大感激なのでした。
 
ナイターの盆踊り撮影は、
夏とはいえ次第に気温の下がる中行われたのですが、
ほとんどの方に最後までご厚意残って頂き、おひらきに。
史上最多人数で踊った最強のキュータマダンシングの画ができあがったのでした!
 
寄居町フィルムコミッションならびに商工会の方、
そしてエキストラご参加いただいたみなさまありがとうございました!
 
TVでも見られる盆踊りEDダンスを楽しんで頂きつつ、
是非映画館で999人の盆踊りダンスの全貌をお確かめあれ!!

次回は映画のみどころや
今回22話初登場、プロダクションノートでもご紹介したギガントホウオーも
映画では活躍してますので、再び超カッコいいその雄姿を特集しちゃいますよ☆

これまでの映画紹介ページはこちらから↓
☆映画紹介① ゲスト情報
☆映画情報② みどころ特集

☆映画情報③ エキストラさん撮影特集 その1

(文責・小髙史織)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
シシレッド/ラッキー:岐洲 匠
サソリオレンジ/スティンガー:岸 洋佑
ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ:山崎大輝
カメレオングリーン/ハミィ:大久保桜子
カジキイエロー/スパーダ:榊原徹士

STAFF
【チーフプロデューサー】 佐々木基(テレビ朝日)、井上千尋(テレビ朝日)

【プロデューサー】  望月 卓(東映)、矢田晃一(東映エージエンシー)、深田明宏(東映エージエンシー)

【原作】 八手三郎(講談社「テレビマガジン」/小学館「てれびくん」連載)

【脚本】 毛利亘宏

【音楽】 山下康介

【主題歌】 オープニングテーマ「LUCKYSTAR」
エンディングテーマ「キュータマダンシング!」

【コンセプトアート】 久正人

【監督】 柴﨑貴行、杉原輝昭 ほか

【アクション監督】 福沢博文

【特撮監督】 佛田 洋(特撮研究所)

【制作】 テレビ朝日/東映/東映エージエンシー

LINK テレビ朝日 公式サイト

ページ上部へ

  • ©2017 テレビ朝日・東映AG・東映