TV

宇宙戦隊キュウレンジャー

DATA
2017年2月12日(日)放送スタート!
【毎週日曜 午前9:30~10:00放送】

EPISODE GUIDE

Space.18 緊急出動!スペースヒーロー!
2017年6月11日放送

アルゴ船を復活させるために必要なキュータマの位置を指し示すラシンバンキュータマをマーダッコに盗まれてしまった!!
必死に追いかけるキュウレンジャーとひたすら逃げるマーダッコ。
宇宙空間で激しいチェイスが繰り広げられる。
だが突如出現したブラックホールにマーダッコの乗るモアイダ―が吸い込まれてしまう!その先は、入ったら最後、99%帰ってこられないとされる未知の領域。
しかし、ラシンバンキュータマを取り返すためには行くしかない!
ラッキーは迷うことなく、ブラックホールへと自ら突っ込んでいくのだった…
そしてその先で出会ったのは…!!!!?
 
 
監督:竹本昇
 
脚本:荒川稔久

長い歴史を持つスーパー戦隊シリーズにおいて、過去様々なヒーローとのコラボ企画が実現してまいりましたが、キュウレンジャーにもついに来訪者が!!『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』より、宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーがゲスト参戦です。
キュウレンジャーは宇宙をテーマにした宇宙戦隊ですから、皆さまもひょっとしたら…なんて期待を抱いておられたかもしれませんが、それは私も同じ。宇宙を舞台にした作品である『宇宙刑事ギャバン』や『特捜戦隊デカレンジャー』は個人的には目標とすべき素晴らしい作品だと思っていて、いい意味で勝手にライバル視してきましたし、世界観や設定は異なるかもしれませんが、逆に言えば宇宙がどうなっているかなんて、誰も真実は知らないわけですから、ギャバンとデカレンジャーとキュウレンジャーが同じ世界の中で、画面の中で喧嘩したり共に戦う可能性だって絶対ゼロじゃないと思ってきました。ショウ・ロンポーは『ロジャー』を知っていましたしね(笑)そんな私の熱意が伝わったのか、大先輩の塚田プロデューサーにも快諾いただきまして、この度の豪華コラボレーションが実現したということでございます。(一番ノリノリだったのは塚田Pだったかもしれないというのは秘密です)
ただ、今回いい意味で驚かされたのは、デカレンジャーやギャバンに対するスタッフやキャストの皆様のすさまじいまでの熱量と愛情です。正直に言います。ここまで大事になるとは思ってもおりませんでした(笑)
コラボレーションと言えども、30分の放送の中でただでさえ人数の多いキュウレンジャーも描かなくてはいけない上にしっかりキャラ立ちしたヒーローたちが乱入してくれるわけですから、私自身、どこかブレーキをかけていたのでしょう。ちょこっとずつ美味しいところを作りつつ豪華に、というよりは登場人物をギャバンとデカレッドに絞って、なんならシシレッドを加えたアクションに絞って、くらいの、つまり狭く深くの方向性をなんとなく思い描いていましたが、企画が進んでいくにつれてドギーはでるわ、ウメコもでるわ、センちゃんも参戦するわ、監督もドルギランの空中戦に本気中の本気を見せ始め、脚本の荒川さんはキュウレンジャーそっちのけでデカレンジャーの面々を書き始め(笑)、声優の稲田徹さんにいたっては撮影見学から始まってエキストラ出演もしちゃったり…。とにかく周囲の皆様の気合の迫力に圧倒された私は、途中で自らの考えを恥じ、やれるだけ豪華に派手にするんだ!と方向性を改め、私自身もどこかタガが外れちゃったような感覚に陥りまして、非常に楽しませていただきました。その結果、VS映画か!!とツッコミを入れたくなるような、スペシャルなエピソードが完成いたしました。
もちろん、お話の主役はちゃんとキュウレンジャーですよ(笑)
ラッキーたちが、ギャバンやデカレンジャーを出会って何を学んだのか。
そしてその経験が今後のアルゴ船探しに、宇宙を救うために、どういった意味を持っていくのだろうか。見終わった後にラッキーの気持ちになってぜひ振り返ってみてくださいね。
キーワードは『ヨッシャ、勇気!よろしくラッキー!』贅沢な30分間を存分に楽しんで下さい!

☆おまけ☆
大ニュース!!スピンオフVシネマ制作決定!!主役は…スティンガー!!

シリーズ放送中に、スピンオフ作品が世に出るのはスーパー戦隊シリーズでは超異例の事です。キュウレンジャーは、いつもよりたくさんのヒーローが登場しますし、ヒーローそれぞれにはテレビでは描き切れない物語がたくさんあると思います。そんな一部分を切り取って皆様にお届けすることで、キュウレンジャーを違う角度から楽しんでいただきたいのと同時に、よりテレビシリーズを深く楽しんでいただけるために、という願いからこの作品が生まれました。今回はスティンガーに焦点を当てた物語になります。まだまだ詳細は言えないのですが、一体スティンガーのどんな部分が描かれるのか、期待してお待ちいただければ幸いです。キュウレンジャーには初参戦となる坂本浩一監督が引き出すスティンガーの新たな一面や、監督の真骨頂ともいえるアクションが満載の、つまりスティンガーの魅力がこれでもかと詰まった作品になることは間違いありません。私自身、これから始まる未知の挑戦にとてもワクワクしています。正直、楽しみしかありません。皆様の期待を超えたものを必ずお届けしますので、徐々に明らかになる作品の方向性や内容含めて、楽しみにしていてください。



☆おまけのおまけ☆
6月25日(日)キュウレンジャーが北海道に上陸!!

プロ野球・北海道日本ハムファイターズさんの試合にお邪魔してキュウレンジャーが札幌ドームをところ狭しと駆け巡る!!
 
北海道日本ハムファイターズといえば、前身は東映フライヤーズ。今回は1962年に球団創設後初の日本一を達成した55年前のユニフォームを着て試合をする「レジェンドシリーズ2017」において、東映の代名詞ともいえるスーパー戦隊シリーズからキュウレンジャーをお招きいただきました!!野球と言えば9人!9人と言えば…キュウレンジャー!!(いやいや今は11人じゃないか、サッカーじゃないか!!というツッコミは聞き流すとして笑)
 
たくさんのお客様に会えることを今から楽しみにしていますし、せっかく行くからには、ど派手に大暴れして北海道の大地に爪痕を残してきたいと思います!
ラッキー役の岐洲匠君はもちろん、9人全員で行くというのも中々貴重な機会ですので、北海道地区の皆さま、是非楽しみに待っていてくださいね~!
 
 
詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.fighters.co.jp/news/detail/00000252.html



☆おまけのおまけのおまけ☆

キュウレンジャーのメンバーが、スターチェンジを巡って、あっちこっちで大騒動!?
『宇宙戦隊キュウレンジャー 変身講座 ~君も一緒にスターチェンジ~』
 
第1~6話、まとめてご覧になる場合はこちらのページへGO!
http://sentai.b-boys.jp/kyu/movie/

(文責・望月卓)

Space.17『闇のドームを照らしタイヨウ』ご視聴ありがとうございました!!
 
今回のお話を演出していただいたのは、おなじみ竹本昇監督!
そして脚本には『海賊戦隊ゴーカイジャー』などでメインライターを担当された荒川稔久さんが参戦し、素敵なお話へと仕上げていただきました。
 
さてさて、今回の注目ポイントといえば、やはりヒカリキュータマですよね!
初見は思わず「なんのこっちゃ」という感じだった今回のタイトル。
しかしそんな謎もヒカリキュータマが答えを照らし出してくれたのではないでしょうか!?(笑)
 
 
それではヒカリキュータマによって変身したシシレッドのお姿をご覧ください!!

★タイヨウシシレッド

どうでしょうか、、、この一度見たら忘れられない斬新なお姿は、、、
ガルも「寝癖が・・・」と言っているのですが、それはご愛嬌として(笑)
「テラシタイヨー」と情熱溢れるシャイニングスターとなるのですが、それだけでなく、そのエナジーがなぜかバランスにも影響を及ぼして、テンビンゴールドをアゲアゲにパワーアップさせることも可能なのです(笑)

★シシレッドムーン

お次はツキモード。こちらも斬新さで言えばタイヨウモードをも凌駕するかもしれません(笑)
「ヤミツキダヨー」と華麗でスタイリッシュなムーディースターとなり、月光パワーを発射します。
そしてシシレッドムーンのお隣ではなんと・・・ガルが立っているではないか!!?
いやもともと立ってはいるんですが、なんというか背筋が伸びた!?(笑)

そう、怪しげなエナジーがなぜかガルにも影響を及ぼして、オオカミブルーをスマートにパワーアップ(?)させることができるのです。
戦いながら「アンドゥトワ」と口にし、ムーディな戦闘でスーツアクターの竹内康博さんが見事なお芝居をしてくださいました。
 
ヒカリキュータマは自分の力を強めるだけでなく、仲間の力を引き立てるという強さを持っています。
それはスーパー戦隊を一つのリーダー論とするならば、このヒカリキュータマは、自らの強さで仲間を引っ張っていく強さではなく、周りの力を引き出すというもう一つの素晴らしいリーダーの側面を持っているのではないでしょうか。

そんなヒカリキュータマと相対する怪人シャイドスのお声は、上田燿司さんに演じていただきました!
数々のアニメでの声の出演だけでなく、仮面ライダー鎧武にもご出演経験のある上田さんですが、影に潜む怪人として、まさしく得体の知れない敵役へと息を吹き込んでいただきました!
上田さんのお芝居も「クシャイドス」な感じ、、、ではまったくなく、とても自然に見事に得体の知れない怪人を演じてくださいました!

次回はなんとキュウレンジャーの世界にデカレンジャーとギャバンが登場!!
歴代の宇宙ヒーローの勇姿に、惚れたガル!あげぽよウェイ♪
みなさま、スペースヒーローの共闘を見逃さないでくれタマえ!

(文責・川勝宥典)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
シシレッド/ラッキー:岐洲 匠
サソリオレンジ/スティンガー:岸 洋佑
ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ:山崎大輝
カメレオングリーン/ハミィ:大久保桜子
カジキイエロー/スパーダ:榊原徹士

STAFF
【チーフプロデューサー】 佐々木基(テレビ朝日)、井上千尋(テレビ朝日)

【プロデューサー】  望月 卓(東映)、矢田晃一(東映エージエンシー)、深田明宏(東映エージエンシー)

【原作】 八手三郎(講談社「テレビマガジン」/小学館「てれびくん」連載)

【脚本】 毛利亘宏

【音楽】 山下康介

【主題歌】 オープニングテーマ「LUCKYSTAR」
エンディングテーマ「キュータマダンシング!」

【コンセプトアート】 久正人

【監督】 柴﨑貴行、杉原輝昭 ほか

【アクション監督】 福沢博文

【特撮監督】 佛田 洋(特撮研究所)

【制作】 テレビ朝日/東映/東映エージエンシー

LINK テレビ朝日 公式サイト

ページ上部へ

  • ©2017 テレビ朝日・東映AG・東映