TV

宇宙戦隊キュウレンジャー

DATA
2017年2月12日(日)あさ7時30放送スタート!

EPISODE GUIDE

Space.17 闇のドームを照らしタイヨウ!
2017年6月4日放送

スコルピオの必殺キックによって、スティンガーを庇ったチャンプが大破した。
チャンプはリベリオンに修繕のため送られ、その護衛をつとめたスティンガーは一時戦力外通告を受けたも同然。オリオン号は暗い影に覆われていた。
そんな中、一刻も早くリュウコツキュータマを手に入れてアルゴ船をよみがえらせることがチャンプを失ったキュウレンジャーの最高のモチベーションになるはずだったが、まだラシンバンキュータマのキューエナジーが溜まらない。
そんなモヤモヤした状況に、ガルはイライラをつのらせる。
対照的に焦っても状況が変わるわけじゃないぽよ~と余裕のバランス。
そんなバランスの態度を、ガルはどうもあまりよく思っていないようだ。
 
そんな状況下で、できることと言えばやはり地道にモライマーズを壊し地球の各地区を解放していくしかない。ショウの提案で、キュウレンジャーたちは謎の暗い闇のドームに囲まれた異様な地区に足を踏み入れる。その黒く覆われた街は、今のキュウレンジャーたちの心情を表しているかのようで…。
 
 
監督:竹本昇
 
脚本:荒川稔久

衝撃の16話から一週間、ご覧いただいた皆様も様々な想いが心を巡ったことでしょう。
キュウレンジャーたちもきっとそれは然り。17話が、チャンプがああいうことになって何日後のエピソードかは明言されませんが、それぞれの想いを胸に、つらくても悲しくても、それでもキュウレンジャーは救世主として立ち上がり、アルゴ船復活に向けてまた戦いを始めなくてはなりません。ヒーローってつらいですね。でも、だから強いんですね。
キュウレンジャーは人数が多いので、きっとその想いの表現の仕方も様々。表現が表に現れないものすらいるかもしれませんね。
今回のお話でいうと、チャンプをやられていてもたってもいられないガルと、チャンプの回復が早くなるわけでもないのに焦っても仕方ないというバランス、すでにこの二人の間でも見当の違いが如実に表れています。
そこから衝突が起きるわけですが、その衝突の結末は…これまた思いもよならい展開になっております。今回は衝撃ではなく、笑撃??笑

制作陣も、自分たちで作っといてなんですが、チャンプの大破を目の当たりにしたとき、言いようのないやるせない気持ちがあり、涙したスタッフもおりました。
別に子供たちを悲しませたいわけではなく、失うということのつらさや悲しさ、虚しさを
知ってほしい。知ったうえで、キュウレンジャーと一緒に乗り越える術をも知ってほしい。
そういう想いが込められています。

そのために私たちができることと言えば、一転元気が出るようなお話を作ることだと思っています。そんなタイミングの17話。ガルとバランスが存分に大暴れしております。
ラッキーや、他のメンバーも加えていつも以上の大暴れ。きっと、胸にためていたものがそれぞれあるのでしょう。

闇のドームに光を照らせ!というまるでキュウレンジャーたちの心を投影しているかのような今回の解放地区。キュウレンジャーに待っているのは、さらなる闇か、逆転の光か。
今作も竹本監督が素晴らしい手腕で、料理してくださいました。
とくとご期待くださいませ!

☆おまけ☆

キュウレンジャーのメンバーが、スターチェンジを巡って、あっちこっちで大騒動!?
『宇宙戦隊キュウレンジャー 変身講座 ~君も一緒にスターチェンジ~』
 
第1~6話、まとめてご覧になる場合はこちらのページへGO!
http://sentai.b-boys.jp/kyu/movie/


☆おまけのおまけ☆

みんなでキュータマダンシングを踊ってエンディングを盛り上げよう!
 
この度、埼玉県の寄居町にご協力いただきまして、999人のエキストラを募集し
大ダンス撮影を実施いたします!!
 
ぜひキュウレンジャーと一緒に、家族で、友達同士で、はたまた恋人、まさかの宇宙人!?みんなで一緒にキュータマダンシングしましょう!

詳細はコチラ↓
http://www.yorii.or.jp/YFC/index.html

※募集の締め切りは6/1(木)正午となります。ぜひふるってご参加ください!

(文責・望月 卓)

Space.16『スティンガー、兄との再会』ご視聴ありがとうございました!
まさかのチャンプ大破……言葉が出ません。
海の惑星から一転、こんな悲しい展開が待っていようと誰が想像できたでしょうか!?
おそらく……いや間違いなくキュウレンジャー史上、最大の衝撃だったに違いありません。
それは試写で見たスタッフも思わず涙するほど。いつもは笑いが多い試写室だけに、それだけでも今回のお話が特別だということを物語っています。
また、チャンプ大破のシーンに加え、オリオン号でショウ司令にスティンガーが叱責されるシーンの切なさにトドメを刺され、筆者の涙腺も大破してしまいました……。
 
そんな驚きあり涙ありの異色の回を演出してくださいましたのは、前話に引き続き加藤弘之監督!!

今回、大切な相棒を失う役として、いろいろな作品を見て役作りに励んだという岸洋佑さん。
当日の岸さんの気合いは目を見張るものがあり、加藤監督とも入念な打ち合わせをしてシーンが形作られていきました。
そしてそんな岸さんの鬼気迫るお芝居もあり、見事心に突き刺さるシーンとなりました!

また、今回の大切な要素であるロケーションは、実は撮影車両がはまるほどの砂地だったりして、撮影機材を運ぶのも一苦労なのでした……。

そしてスティンガーを裏切り欺き、チャンプを大破せしめた最恐最悪の悪役・スコルピオ。
『仮面ライダー鎧武』にて斬月を演じた久保田悠来さんだからこそ、必殺技がキックだったりして……なんて(笑)
スーツアクターの蔦宗さんが、仮面ライダーも真っ青なほどかっこいいキックを披露してくださいました!!

今回、できる限り視聴者の皆様に衝撃を受けていただくため、チャンプの大破は予告等でも告知されておりません。
それほどチャンプの大破は心を揺さぶるほどの衝撃であり、だからこそ筆者も誰かに言って楽になりたいと思うような……そんな一週間なのでした(笑)

また、劇中にて岸さんが歌う『サソリ座の歌』。皆様お聴きいただけましたでしょうか!?
こちらはなんと、音楽活動をしている岸さん本人がこのシーンのために作曲してくださいました!
使われているのはごくごく一部で、一曲すべてをみなさまにお聞き願いくらい素晴らしい曲に仕上がっております!!
 
 
今回の衝撃は、これからのキュウレンジャーのアツい展開にどんどん塗り替えられていくと思います。
しかしチャンプの大破はずっと心に残っていくに違いありません。
 
さて次回は、Space.17『闇のドームを照らしタイヨウ』放送です!
なんだろうこのタイトルは……そしてヒカリキュータマとは……!?
チャンプの大破に引き続き、早くも衝撃度の高いお話が待っているような気配がプンプンしますね。
これからもキュウレンジャーは視聴者の皆様に「良い裏切り」ができるよう衝撃度の高いお話を続けていきます。
今後は誰も大破しないことを祈りつつ。これからも挑戦的な内容をお届けするキュウレンジャーをどうぞよろしくお願いします!!

(文責・川勝宥典)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
シシレッド/ラッキー:岐洲 匠
サソリオレンジ/スティンガー:岸 洋佑
ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ:山崎大輝
カメレオングリーン/ハミィ:大久保桜子
カジキイエロー/スパーダ:榊原徹士

STAFF
【チーフプロデューサー】 佐々木基(テレビ朝日)、井上千尋(テレビ朝日)

【プロデューサー】  望月 卓(東映)、矢田晃一(東映エージエンシー)、深田明宏(東映エージエンシー)

【原作】 八手三郎(講談社「テレビマガジン」/小学館「てれびくん」連載)

【脚本】 毛利亘宏

【音楽】 山下康介

【主題歌】 オープニングテーマ「LUCKYSTAR」
エンディングテーマ「キュータマダンシング!」

【コンセプトアート】 久正人

【監督】 柴﨑貴行、杉原輝昭 ほか

【アクション監督】 福沢博文

【特撮監督】 佛田 洋(特撮研究所)

【制作】 テレビ朝日/東映/東映エージエンシー

LINK テレビ朝日 公式サイト

ページ上部へ

  • ©2017 テレビ朝日・東映AG・東映