TV

科捜研の女 17

DATA
2017年10月19日より毎週木曜よる8時放送
2017年10月15日(日)よる9時 2時間スペシャル放送!

EPISODE GUIDE

第7話 自転車泥棒
2017年11月30日放送

あらすじ

男性の変死体発見の報を受け、臨場したマリコ(演・沢口靖子)は、
現場で出迎えた所轄署警官、堀口裕子(演・西原亜希)の姿を見て、目を輝かせる。
以前マリコが講師を勤めた「現場保存講習」の席上に裕子がいたのだ。
正しい死因がわからなくなってしまうので、絶対に検視が終わるまでは死体を動かしてはいけない、と語ったマリコの講義を彼女はそれは熱心に聴いていたのだった。
 
一見事故死に見える死体だったが、土門刑事(演・内藤剛志)は、死体の下の地面にあった、不自然なくぼみが気になっていた。
やがて解剖の結果、絞殺の可能性が浮上。
犯人は死斑という死体現象を利用して、首の絞殺痕を巧妙に隠し、事故に見せかける偽装工作を行っていたことが判明する。
「犯人は、法医学の知識がある人間かもしれんな」
土門のその言葉が、マリコは気になった。
思えば今回の死体の偽装方法は、マリコが「現場保存講習」で語った内容と酷似しているのだった――
 
やがて、仕事熱心で優秀な警察官であり、マリコの「教え子」である裕子の、裏の顔が明らかになっていき――
 
 
脚本:櫻井武晴
 
監督:匂坂力祥

ゲスト:西原亜希
    新井康弘
    野呂佳代
    荒谷清水
    ほか



みどころ

週一回のペースで凶悪事件に出会い、容疑者に出会い、犯人と語り合ってきたマリコ。
この経験数を考えれば、さぞかし「この人、怪しい」「この人、悪いことをした」
という「人を見る目」が養われているのではないかと思ってしまいます。
(余談ですが、私たちプロデューサーも、ミステリーの脚本作りに関わっていると、自分が関係していないドラマでも序盤で犯人がわかってしまうという「職業病」にかかってしまう傾向にあります。)
ですが、マリコは、そうでもないようです。
マリコは刑事ではありません。
マリコの推理の基本は「科学的思考」。
「この人がやったのかもしれない」というマリコの推理は、
目の前の証拠をもとに積み重ねられたものが多いのです。
ですから、明確な証拠がないとき、どんなに態度が怪しくても、
どんなに腹に黒い物を隠していても、気付かないケースは多々あります。
それどころか、とても純粋なマリコは、自らの信念に通じる部分を見つけると、
無邪気にふところに飛び込んでいってしまうようなところがあります。
それはマリコの大きな人間的魅力でもありますが、同時に危うさでもありまして――
 
ということで、今作は「マリコ、後ろ後ろ!」とでも言いたくなるような、
危うい人物に無邪気に飛び込んでいくマリコの姿を
皆様にはハラハラしながら見守っていただければと思っています。
相手は西原亜希さん演じる所轄署の警察官、堀口裕子。
マリコの「現場保存講習」を受けていた、いわば「教え子」にあたります。
裕子が講習で熱心に質問をしてくれたことが、とても嬉しかったのでしょう。
その後事件現場で裕子に再会した時のマリコの目の輝きが忘れられません。
その数時間前、裕子が恐ろしい罪に手を染めてきたとしても、
マリコに見抜けるはずもありません――
 
「とにかく仕事が大好き」だという裕子の話を聞いて、
マリコはますます裕子に好感を抱いていきます。
なにせ、マリコほど「仕事が大好き」な人、なかなかいないですから。
裕子の「裏の顔」が暴かれていくにつれ、マリコは動揺します。
ゲストの登場人物と対峙したとき、これほどまでにマリコの心が揺さぶられることは滅多にないのではないでしょうか。
ドラマチックなお芝居が、今までに見たことのないマリコの表情が、作品全体に大きな緊張感を与えます。
 
榊マリコという人間をよく知ることのできる問題作。
どうかお見逃しなく。



【マリコの衝撃的ワンカット】

「死体現象」について、いきいきと授業をするマリコ先生。
「死斑」を表す赤い色が塗られた死体のイラストを、
指示棒で指しながらにっこりほほ笑んでいます。
優雅さとブラックさが同居する、素敵なシーンになりました。

(文責・中尾亜由子)



第6話 こぼれ話

今年の「科捜研の女」season17が始まってから、
現場では、実はスタッフ&キャストにとって、とっても嬉しい出来事が起こっていました!
実は、我らが座長・沢口靖子さんからBIGなプレゼントがあったのです!
それは、「科捜研の女」オリジナルTシャツのプレゼント!!!

なんと監督、脚本家、各部スタッフ、レギュラーキャスト全員(総勢100名を超えます!)に、
沢口さんから直々のTシャツプレゼント!
さすが座長!!太っ腹!!!
なんて嬉しいお気遣いでしょうか・・・!
そのTシャツはこちら!

カラーは、赤、黒、緑、黒の4色!
表から背面にかけて、斜めに大きく「SRI」の文字がプリントされ、
背面にはレギュラーキャストの名前がずらり!そして&STAFFの文字!

超!カッコいい!!!
袖を通した瞬間、まるでSRIメンバーに仲間入りしたかのような気分になれるTシャツです。
 
プレゼントをいただいてから、現場の士気も一気に高まりました!!
各組の現場でTシャツを着ている人を発見!

田﨑監督!!

製作主任・福居さん、製作進行・高原さん!
やはり現場では黒が人気のようです!
 
 
東映Pチームも、もちろん着用!
嬉しすぎて、沢口さんのポスターの前で決めてしまいました。
(左から、塚田P、私AP上浦、中尾Pです)

ん?こんなところでも!

編集室で、編集マン寺田さんが着ている!
 
Tシャツ着て、めっちゃ仕事してます。

そしてその脇の2人の青いジャンパー・・・
背面にSRIの文字が!

実はこのジャンパー、去年から参加した私は持っておらず、
ずっと羨ましかったんですが・・・
 
もう羨ましくないぞ!!
かっこよすぎるオリジナルTシャツがあるから!!

京都東映撮影所でも、至る所でみられる「科捜研の女」Tシャツを着たスタッフたち。
SRIを着た人たちが仕事をしている姿は、まさにチーム科捜研です!

そしてなんと、それだけじゃなかったんです!!!!
内藤さんから、こんなプレゼントをいただきました!!!!!

ふわっふわタオルがスタッフ&キャスト全員にプレゼント!!!
しかも見てください、このタオル、それぞれに内藤さんオリジナルの絵と、サインが!!
絵、かわいすぎる!!!
ふんどし、桶、シャワー、水道の水・・・!
題材がまず素敵だし、とにかくお洒落!
内藤さん、絵心がありすぎます…!!!!
私もばっちり使っております!

私が頂いたのは、これ!!

かわいいー!!!!
内藤さん、本当にセンスありすぎです・・・!!!
タオルは、ふわふわで現場でも使いやすくて大好評です!
 
沢口さん、内藤さん、改めて素敵なプレゼント本当にありがとうございました!!
チーム科捜研は、Tシャツとタオルに力をもらい、いつも以上に団結しながら
引き続き頑張ります!!
 
来週は7話、お楽しみに!


(文責・上浦侑奈)

PAST EPISODE 過去のエピソード

INFORMATION 番組情報

CAST
榊 マリコ …… 沢口靖子

土門  薫 …… 内藤剛志

風丘早月 ……… 若村麻由美

宇佐見裕也 …… 風間トオル

藤倉甚一 ……… 金田明夫

日野和正 ……… 斉藤 暁

橋口呂太 ……… 渡部 秀

涌田亜美 ……… 山本ひかる

佐伯志信 ……… 西田 健

蒲原勇樹 ……… 石井一彰

STAFF
【ゼネラルプロデューサー】関 拓也(テレビ朝日)

【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日) 塚田英明(東映) 中尾亜由子(東映)

【監 督】森本浩史 田﨑竜太 ほか

【脚 本】櫻井武晴 戸田山雅司 ほか

【制 作】テレビ朝日 東映

LINK テレビ朝日公式HP

NEWS ニュース

ページ上部へ