TV

科捜研の女 17

DATA
2017年10月19日より毎週木曜よる8時放送
2017年10月15日(日)よる9時 2時間スペシャル放送!

EPISODE GUIDE

第2話 刺繍する女
2017年10月26日放送

あらすじ

インテリアコーディネーターの茂手木浪子(演・月船さらら)の撲殺遺体が発見された。臨場するマリコ(演・沢口靖子)らを出迎えたのは、ケージの中で鳴いている浪子の飼い犬、ポンタだった。
「その犬、犯行を目撃しているかもしれないわね」
日野所長(演・斉藤暁)は科捜研でポンタの「鑑定」を始める。
 
マリコは土門刑事(演・内藤剛志)とともに、浪子と取引のあった高級ホテルの湊川社長(演・窪塚俊介)を訪ねる。
土門が湊川と被害者をめぐる三角関係をあぶり出す一方で、マリコは、現場にあったガラス玉が「日本刺繍」に使われるものだと気付く。
被害者の浪子と交流のあった日本刺繍の作家、平松喜久恵(演・山口美也子)のもとを訪ねるマリコだったが――
 
 
脚本 真部千晶
 
監督 森本浩史
 
ゲスト 山口美也子
窪塚俊介
吉井怜
菊地美香
月船さらら
ほか

みどころ

「刺繍」と「三角関係」そして「ワンちゃん」――
女心を刺激するモチーフ三種盛りでお届けする今回のエピソード。
 
刺繍とひとくちに言っても色々な種類がありますが、
今回ご紹介するのは「日本刺繍」の世界。
着物や帯、和の小物などに施されるきらびやかで繊細な刺繍が魅力です。
モチーフも、鶴や鳳凰、扇や鞠や龍など、「和」テイストのもの。
「釜糸」と呼ばれる細い糸を撚り合わせるところから作業が始まるのですが、
この糸の「色」の呼び方にも「和」を感じて素敵です。
「縹(はなだ)色」「樺(かば)色」・・・それぞれざっくり「青」「オレンジ」と言ってしまいそうな色ですが、こまやかな色合いによって名前がつけられていて、趣深いのです。
 
私事ですが、台本の打ち合わせをするうちにどうしてもやってみたくなり、刺繍を始めてしまいました。
わずか1cmの葉っぱを描くにも、直径1cmの草の実の色を塗りつぶすにも、
何十針と縫わなくてはならず、それは想像以上に緻密で地道な作業でした。
糸一本一本が繊細な「葉脈」になり、果実の立体的な丸みになっていく歓びには代えがたいものがありましたが、
ドラマに登場する巨大な龍の刺繍などは、完成までにいったい何回針を刺したのだろうかと気が遠くなる思いでもありました。
だからこそ、一針一針にこめられた想いの重さを感じます。
それは愛かもしれないし、誇りかもしれないし、時には怨念だったりするのかもしれません。
 
今回のエピソードは、ある「三角関係」にはじまり、1人の男と4人の女たちの間に繰り広げられるメロドラマを描いていくわけですが、
そういう意味で「刺繍」は、ドロドロと渦巻く愛憎を描くのにぴったりのモチーフではないかと思うのです。
 
そんな愛憎劇の中で、最高の箸休めが、犬のポンタ。
ずっと見ていなくなるようなまあるい瞳と、
金色のふわふわの毛並みが愛くるしい、ポメラニアンです。
ちなみに脚本家の真部さんがつけてくれた役名が「ポンタ」だったのですが、
実際に演じてくれたワンちゃんの名前も、偶然にも「ポンタ」!
自然に役に入っていけたのか(?)、沢口さんを前に堂々たるお芝居を見せてくれました。
科捜研に連れて帰られて、「鑑定」されてしまうポンタくん。
史上最高にかわいい鑑定シーンになったのではないでしょうか。
ご期待下さい。

【マリコの衝撃的ワンカット】

女子力のなさに定評のあるマリコが、刺繍に挑戦。
「イタっ」
針で刺してしまった指をペロっと舐めるマリコさん。
永久保存版ですよ!!



(文責・中尾亜由子)

第1話 こぼれ話


いよいよ始まりましたね!
大変お待たせ致しました!「科捜研の女」が今年もついにスタートです!
改めまして、東映APの上浦です。
今クールも現場よりこぼれ話をお送りいたします!
どうぞ最後までお付き合いくださいませ♪
 

○巨大な肉の塊、あらわる!

新シーズンの幕開けは、肉の塊の間に吊るされた被害者でした。
脚本家・櫻井武晴さんワールドがいきなり全開です。
1話の「マリコの衝撃的ワンカット」も巨大な牛肉と共に吊り下げられているマリコさんでした。
それにしてもマリコさん、「みんな!私を縛り上げて!」ってどんな無茶振りですか!
新シーズン早々に無茶振りマリコが全開でしたね。

撮影現場では、沢口さんを本当に手首だけで吊り下げると、手首がズタズタになってしまいますので、ワイヤーを使って体ごとの吊りをしました。

それでも吊りって、無理な体勢を保たなければならないので結構つらいんです。
1話目から、大変な撮影でごめんなさい!
快く引き受けてくださる沢口さん、いつもながら本当にかっこいいです。
ありがとうございます!
 
そしてマリコさんと共に吊られている巨大な牛肉・・・
1話のみどころでも紹介されておりましたが、牛を半頭買いしました。
大!奮!発!です。
撮影したお肉は、冷蔵庫にて厳重に保管。

撮影スタッフも、庫内の衛生を保つために、マスクにキャップ、そして衛生服を着て挑みます。

↓モデルは持道具のリサさんと、ガウさん
近寄らないと、誰が誰だかわかりません笑

撮影を無事終えた後、半頭買いした牛肉はもちろん・・・
お約束!スタッフで美味しく食べさせていただきました!
お肉を切ってくれている製作主任の谷敷さん。

お肉を前に、笑顔の森本監督!

今年もやっぱり和気藹々の森本組で、安心しました!
 
ちなみに科捜研の女では、いつもクランクイン付近に、
沢口さんをはじめとするレギュラーキャストと監督、スタッフが集まって
決起会を兼ねた食事会を行うのですが、
この食事会で食べたのも、肉、肉、肉。
皆で「もう食べきれない」というほどのお肉をほうばらせていただきました…!
肉づくしの新シーズンスタート、おかげさまで現場はキャスト&スタッフともに元気もりもりです!


○江藤(演:中川大志)くん、科捜研へようこそ!

科捜研に、新たな風が吹きましたね。
予告やネットニュースを見て、彼が新レギュラーか!?と期待してくださっていた方も多かったかもしれません。
残念ながら、物理研究員として彼が科捜研に登用されることはありませんでしたが、それでも超優秀な腕を持つ彼には、また会える機会がある・・・かも!?
 
江藤くん演じる中川大志さんは、ご自身の白衣姿を大変気に入っていたようで、合間時間もつい写真を撮ったり、鏡を見てニヤリとしてしまったそうです笑
風間トオルさんは、中川さんの白衣を羨ましがって、俺もあれがいいな~と言っていました笑

確かにこの白衣、むちゃくちゃ似合っていますね〜!かっこいい!
この白衣、よく見ると肩にパープルのラインが入っているんですね。
科捜研メンバーには、それぞれテーマカラーが振り分けられている、というのはもう皆さんはご存知かと思いますが、
(マリコさんはレッド&ピンク、宇佐見さんはブルー、亜美ちゃんはイエロー、呂太君はグリーン、所長はブラウン)
 
今回で新レギュラーになるかも!?とみなさんに思っていただくために、
実は江藤くんにもテーマカラーを割り当てていました。それがパープルです。
なので彼の白衣にもパープルのラインを入れて、
スーツのシャツやネクタイ、にもパープルを使ってるんですね。
 
クランクアップ後、沢口さんと熱い握手を交わした中川大志さん。
沢口さんは、「アニメのヒーローになりそうな魅力的な方」と中川さんを絶賛!
「科捜研でのシーンも、江藤くんがいるととても緊張感が出てるので新鮮でした」と仰っていました。
確かに、いつもの科捜研シーンでのバトルってあまりみませんよね。
江藤くんの登場で、科捜研メンバーと、そして呂太くんの新たな魅力も引き出されていたように思います。
 
お出番を終えられた後も、また帰ってきたいなあと何度も仰ってくださっていた中川さん。
いつかまた江藤くんに会える日がくる…かも!?
その時が来るのを願って、京都でお待ちしております!
 
来週は放送2話です。
和刺繍の世界を、どうぞご堪能ください!

(文責・上浦侑奈)

PAST EPISODE 過去のエピソード

INFORMATION 番組情報

CAST
榊 マリコ …… 沢口靖子

土門  薫 …… 内藤剛志

風丘早月 ……… 若村麻由美

宇佐見裕也 …… 風間トオル

藤倉甚一 ……… 金田明夫

日野和正 ……… 斉藤 暁

橋口呂太 ……… 渡部 秀

涌田亜美 ……… 山本ひかる

佐伯志信 ……… 西田 健

蒲原勇樹 ……… 石井一彰

STAFF
【ゼネラルプロデューサー】関 拓也(テレビ朝日)

【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日) 塚田英明(東映) 中尾亜由子(東映)

【監 督】森本浩史 田﨑竜太 ほか

【脚 本】櫻井武晴 戸田山雅司 ほか

【制 作】テレビ朝日 東映

LINK テレビ朝日公式HP

NEWS ニュース

ページ上部へ