東映ホーム > テレビ > 科捜研の女13 > あらすじ一覧 > 第3話

テレビ

第3話

2013年10月31日放送

最近ネットで人気の冗談ニュースサイト『京都ジョークニュース』。
科捜研でもそれを見て盛り上がっていた。
「渡月橋を跳ね橋に改良工事」
「五山の送り火を六山に。六番目の文字は公募」などなど。
本気にするマリコ(演・沢口靖子)を笑う一同。

だが、このジョークを実際の観光名所で再現するイタズラが連続して起こった!
れっきした器物破損。これは冗談ではすまされない。
佐久間刑事部長(演・田中健)も激怒する。
サイトを作った本人による犯行か?

そこにやってくるサイバー犯罪対策課の園田大(演・神尾佑)。
異動の内示が出ている泰乃(演・奥田恵梨華)に「サイトを作った人物の特定」を前倒しで手伝うよう依頼した。
これには、宇佐見(演・風間トオル)も相馬(演・長田成哉)も驚いた。
「異動って、泰乃さんが?」
「サイバー課に行くんすか?」
戸惑う泰乃を見るマリコで。

ゲストキャスト

神尾 佑
辻本祐樹
吉村卓也
山本ひかる

スタッフ

監督:石川一郎
脚本:戸田山雅司

みどころ

映像データ研究員・吉崎泰乃にサイバー犯罪対策課への異動話が持ち上がります。
え、泰乃さん、サヨナラなの!?

……それは言えない。

見逃せませんね! 皆さん!!

以前書いたことがありますが、私は『科捜研の女』の魅力三本柱は「科学」「女」「京都」だと考えています。
その中の「女」のドラマが、次回は泰乃さんを中心に展開します!

自分の役目って何?
泰乃さん、悩みます。
泰乃さんと同じような悩みをお持ちの方、次回必見です。
マリコさんや早月先生はどんな言葉をかけてくれるんでしょうか?
それぞれの女性たちの生き方、考え方。
それが見どころです。

奥田恵梨華さん、素敵な芝居をしてくれました。
綺麗です!
てゆうか、京都府警・科捜研まわりは相当な美女ばかりです。
沢口靖子さん、若村麻由美さん、ってどんなレベルなんでしょう(笑)
画を眺めているだけで、楽しい回ですよ。

さて、今回のエピソードは、死体が出ない異色の導入も魅力です。
いつもとチョット違う趣向をお楽しみ下さい!


(文責・東映プロデューサー 塚田英明)


同じジャンルのコンテンツ

関連リリース