東映ホーム > テレビ > 特命戦隊ゴーバスターズ > あらすじ一覧 > 「Mission4 特命と決意」

テレビ

「Mission4 特命と決意」

2012年3月18日O.A.

あらすじ

 「サバ?ゴーバスターズ」
 エネトロンタンクの前に、ピザを食べながら現れたエンター。
 これ見よがしに、ピザカッターから、メタロイド・カッターロイドを誕生させる。

 敵メガゾード(敵の巨大ロボ)は、メタロイドをマーカーにして転送されることがわかってきたゴーバスターズ。
 「・・何か、変だ」
 ヒロムが気づいたのは・・・?


脚本 小林靖子

監督 中澤祥次郎

みどころ

 1〜3話のパイロットの次は、『ゴーカイジャーVSギャバン』の大ヒットも記憶に新しい中澤監督です。
 3話で結束した3人が、さらにチームワークを深めていく4話。
 人間ドラマの演出には定評ある中澤監督。長回しのお芝居も入れて、がっちり撮っていただきました。
 何回かテイクを重ねて(実は20テイクくらい・・・?)苦戦もしましたが、応えたキャストも立派!

 新しいタイプの敵メガゾード、 γ(ガンマ)なんてのも登場します。
 レッドの決意を秘めた、熱い熱いエース戦にもご注目です。




こぼれ話


 エンディングはダンス!踊ってみた方もいますでしょうか?
 「ぱっと見は難しいけど、実はそうでもないですよ」とは、振付の彩木エリ先生の談。
 顔の前で作る四角い形は、カメラをイメージしているそうです。

 ダンスやります、と聞いたときのキャストの反応。

 鈴木くん(ヒロム)「・・ダンス、ですか?いや、その。別のドラマでやったとき、一人だけ何か違うよーって、笑われてたんですよね。真面目にやってるのに、真面目にやれ、と言われたり」
 どことなく引きつった顔の鈴木くん。

 馬場くん(リュウジ)「ダンス?!ヤバイっす。ちょーヤバ」
 ミュージカルの舞台経験もある馬場くんですが、あまり得意でないらしい・・・。

 有紗ちゃん(ヨーコ)「ダンス?どんなのですか?楽しみ!」
 小さい頃からクラシックバレエをしていた有紗ちゃんは、ダンスは得意。
 最近もK−POPも好きで、よく踊っているそうです。

 12月某所、彩木先生と、藤田可奈子先生によってレッスン開始!
 「1、2、3、4! ハイ、いいよ!いいよ!1、2!」
 励ます!褒める!明るい!楽しく!でもダメ出し、厳しい。
 年末年始は、ダンス指導DVDを持ち帰り、キャストも自主練。最初の頃は、間違えずにいることに必死だった表情も、ゆとりの笑顔で踊れるようになりました。

 司令室チームも別日にレッスン。司令官の榊さんは誰より早く来て若者に負けずにレッスン。そのノリノリぶりは映像でも確認できますね。

 バディロイドだって練習します。
 ニック、JAEの浅井くん。ゴリサキ、岡元次郎さん。
 特にニックはちゃんと動ける着ぐるみなので、手先の細かい振りまできっちりレッスンする浅井くん。最後のキメのステップがどーしても取れず、「あー!」と頭を抱えつつ。
 次郎さんは、舞台経験も多くダンスも上手。振付DVDをちょっと見ただけで、「覚えた!」と、たのもしい限りです。後は、音楽が聞こえるか、腕がどれだけ動くか・・等が懸念事項でしたが、ご覧のとおり、ゴリサキもガンガン踊れました。

 エンディングといえば、スタ☆メンさん、声優さんファンの方に。
 それぞれソロパートがありますが、聞きわけられましたか?

 答え合わせは!
 ↓
 ↓
 諏訪部さん→高橋さん→鈴村さん→その3人で、「見せたいと思うよ」
 吉野さん→保村さん→鳥海さん→岸尾さん→その4人で、「でも同じ」
 「約束のため」→ここは7人全員、ということでした。

 CDを買った方は、2番も聴き分けてみて下さいね。

 おかげさまで、CDも大好評発売中。たくさんの方に聴いていただいています。ありがとうございます!



「豪バスターズのGB日記」


特命と決意


 トトトトトトトトレビアーン!

 さて、いよいよあの方のお話をしましょう。
 謎と存在感に満ちた、敵ヴァグラスの「エンター」を演じる、陳内将くん。

 ヒーロー役でオーディションに来ていただいたのですが、とにかくやたらめったら印象に残る人でした。非常に礼儀正しいし美形なのですが、醸し出してるモノが他の方とはまったく違った。語弊を恐れず言うと、彼は「魔力」を持っていた。エンターのキャラクターが固まってきた頃には、我々皆が「陳内くんのエンターが見たい!」ということになり、あらためてご出演をお願いし、嬉しいことに陳内くんはいま、ウチの現場にいるのです。

 クランクインの日は、Mission1の最初の方、エンターが作業服を着て、エネトロンタンクを担いで逃げるシーンの撮影がありました。高層ビルの屋上周辺、霙交じりの天候で、もんのすごい寒かったのを覚えています。その合間、はじめて陳内くんと、わりとゆっくりお話ができました。
 彼は熊本の郊外出身で、「子供時代は海と山で毎日遊んでいた、野性児でした」という。都会的な彼のイメージとはかけ離れているなあ、と感じました。で、男子校から九州の大学入学後、某誌主催のオーディションに応募して入賞し、すぐさま上京を決意したそうです。そのあと東京での悪戦苦闘を経て、今に至る。
 なんて芯が強い男なんだろう。俺なんて性格が脆弱で、北海道から関西の大学に入った瞬間「しまったこの辺にゃ知り合いも係累も誰もいねえ!」というまことに分かり切っていたことに気づき、卒業まで「俺ってこの街では外国人だなあ」なんて思ってた。ほんまにあかんやった。今もだけど。いまだにマックじゃなく「マクド」って言うてしまうのは、実は結構嬉しいけど。
 陳内くん、苦労人と言ったら失礼かも知れないけど、役どころとはだいぶ違って、言葉や雰囲気に「大人」を感じるのは、そういう経歴があるからかな。話もとても面白いし(マンガの話の楽しさは無敵)、頼りにしてます。

 これからエンターさんはお話が進むにつれて、どんどんどんどん存在感を増していきます。何せ人間ではないので、行動は常に予測不能です。
 さあGBの3人、エンターこと陳内くんに喰われないよう、これからも頑張れ! レッツモーヒン!



Mission2 メイキング


三話、いかがでしたか? 俺のアクション、イカしてたでしょ? うーん、まぁまぁかな(笑)
司令室での撮影も 慣れて来ました。 これはコクピットのセット。そう、
かなりタイトな作りなんです。
ニードロイドに引っ張られるシーン それは勢いよく滑って行きました。 ふぅ、、、意外と力んでいた2人でした。
カメラをかえすと、こんなんなってます 蜂須賀さん、引っ張る引っ張る! ちょっちょっと待って〜!!
引っ張られながらの剣攻撃、
難易度高し
ということでアクターさんから指南が えへ、これでもうバッチリ!
そういえば
こんな撮影方法も試しました
松村さん曰く
「長年やってきて
役者踏んづけたのは始めて」(笑)
来週も見てね〜



出版情報


FINEBOYS特別編集スーパー戦隊公式ブック
大人になった“よい子”に捧ぐSUPER SENTAI BOOK (日之出出版)
『スーパー戦隊 36LEGENDS』 絶賛発売中!

[特別付録]
特命戦隊ゴーバスターズ
撮り下ろし大判ポスター 付き!!

2月25日に、人気ファッション誌「FINEBOYS」さんから、スーパー戦隊シリーズの公式ブックが発売になりました。表紙は勿論、シリーズ第36作として、新たな歴史の一歩を踏み出した「特命戦隊ゴーバスターズ」。
全36戦隊をファッション誌ならではのきれいなデザインと、面白い切り口の企画で紹介!ゴーバスターズの特集から、最近日本語版DVDが出て注目を集める「パワーレンジャー」の特集など魅力満載!スーパー戦隊ファン必読の1冊です!




『Senventeen』5月号 発売中!!

テレビ情報連載ページ「ビバテレ」

「特命戦隊ゴーバスターズ」で主演を務めることになった俳優・鈴木勝大さんにインタビュー。
 鈴木さんはモデルとしてもSeventeen誌上でご活躍いただいており、たいへん読者人気も高いため取材をさせていただくことになりました。作品の設定やあらすじ、主なキャラクターもご紹介しています。
是非御一読ください!!




『HERO VISION 43』(東京ニュース通信社)発売中

『特命戦隊ゴーバスターズ』第1話放送直前!スーパー戦隊バトンタッチ特集!

Wレッドが表紙&対談で競演!


鈴木勝大さん×小澤亮太さん
『海賊戦隊ゴーカイジャー』から『特命戦隊ゴーバスターズ』へ、スーパー戦隊魂を受け継ぐ記念対談!先輩・後輩で語り合ったこととは……?

鈴木勝大さん×馬場良馬さん×小宮有紗さん鼎談

鈴木勝大さん、馬場良馬さん、小宮有紗さん、陳内将さんインタビュー


ゴーバスターズの3人と、エンター役・陳内さんが登場!それぞれのキャラクターや撮影現場についてなど、放送開始にあたっての意欲あふれるトークとなりました。

製作発表&プレミア発表会レポート


初めてファンの皆さんとふれ合ったプレミア発表会の模様をレポートします!応援に駆けつけた『海賊戦隊ゴーカイジャー』も登場!




『オトナファミ4月号』(エンターブレイン)発売中

【特報】『特命戦隊ゴーバスターズ』


期待のニューヒーロー『特命戦隊ゴーバスターズ』放送直前特集!スーパー戦隊新時代の幕開けを予感させる、新しい試みいっぱいの『ゴーバスターズ』を、いろんな角度から大検証します。
"教えて!創った人"では、武部プロデューサーに「どんな番組?」といった素朴な質問を直球インタビュー。放送前も観た後も楽しめるお役立ち記事をチェック!


また、好評連載中の【スーパーヒーロータイムズニチアサ新聞】では、レッドバスター/桜田ヒロム役の鈴木勝大さん&ブルーバスター/岩崎リュウジ役の馬場良馬さんの対談も掲載。クールな彼らの意外な素顔に親近感沸きまくりです!



『CAST-PRIX ZEROvol.021』(グライドメディア)発売中

ゴーバスターズキャスト3人のW表紙が目印!

ゴーバスターズメインキャスト鼎談


スタート目前の『特命戦隊ゴーバスターズ』から、鈴木勝大さん、馬場良馬さん、小宮有紗さんによる鼎談をお届け。3人それぞれのウィークポイントも聞いちゃいました!

エンター役陳内将さんインタビュー


初挑戦の悪役キャラクターについて、役作りについてじっくり伺いました!




『東映ヒーローMAXVol.40』(辰巳出版)発売中

2002年から季刊ペースで発行してきた、史上初の東映ヒーローリスペクトマガジン「東映ヒーローMAX」も、ついに40号、満10年!記念すべき最新号では、スーパー戦隊の更なる進化を目指す注目作『特命戦隊ゴーバスターズ』を巻頭大特集!


鈴木勝大×馬場良馬×小宮有紗のフレッシュ鼎談


エンター役・陳内将単独インタビュー


主題歌を歌う高橋秀幸と、作・編曲を手がけた大石憲一郎対談



2002年から季刊ペースで発行してきた、史上初の東映ヒーローリスペクトマガジン「東映ヒーローMAX」も、ついに40号、満10年!記念すべき最新号では、スーパー戦隊の更なる進化を目指す注目作『特命戦隊ゴーバスターズ』を巻頭大特集! 総力を挙げ『ゴーバスターズ』の魅力にギリギリまで迫ります!もちろん今回も一冊丸ごと、新旧東映ヒーロー情報満載でお届けします!




特撮NEW TYPE 4月号 (角川書店) 絶賛発売中!!

・鈴木×馬場×小宮 3者対談
・陳内 将 インタビュー
・榊 英雄 インタビュー
・小林靖子 インタビュー

月刊Audition 4月号 (白夜書房) 絶賛発売中!

・鈴木勝大 インタビュー

週刊女性 (主婦と生活社) 絶賛発売中!

・鈴木勝大 インタビュー

おともだち 4月号別冊 (講談社)絶賛発売中!

・鈴木勝大 インタビュー

ハイパーホビー 4月号別冊(徳間書店)絶賛発売中!

・陳内 将 インタビュー
・藤原啓治 インタビュー

ネオアクター 4月号 (廣済堂出版)絶賛発売中!

・鈴木勝大 インタビュー

Wink up 3月号別冊(ワニブックス)絶賛発売中!

・鈴木勝大 インタビュー

エムグラ vol.13(学研パブリッシング)3月16日発売予定

・鈴木勝大 単独インタビュー



映画情報



「仮面ライダーディケイド」から3年
そして「海賊戦隊ゴーカイジャー」の登場
オールライダーと全スーパー戦隊、夢の競演が遂に実現!
もちろんゴーバスターズも参戦!!

ヒーロー新世紀到来!!
仮面ライダーとスーパー戦隊 生き残るのはどちらだ!
4月21日、日本の誇る2大ヒーローの行く末を
己の目で確かめよ!!

映画オリジナルプレゼント付前売券 2月11日より好評発売中!!

今なら【劇場窓口にて】(一部劇場を除く)

つながるスーパーヒーロー!!

 

【仮面ライダーVer.】 or 【スーパー戦隊Ver.】
どちらかひとつをプレゼント!

※プレゼントは劇場により数に限りがございますので、お早めに!
前売券料金(税込):大人・学生1,300円/中学生・小人(3才以上)800円/親子ペア2,000円


そして!!
4月7日(土)より、プレミア前売券発売!!(劇場窓口のみ)

全国限定10,000個!
ライダーヒーローシリーズEX

仮面ライダーフォーゼ エレキステイツ重塗装版 付


料 金:2300円(税込)
※数に限りがあるのでお早めに!
※プレミア前売券は一般券のみの販売となります。


キャスト

桜田ヒロム/鈴木勝大
岩崎リュウジ/馬場良馬
宇佐見ヨーコ/小宮有紗
黒木タケシ/榊 英雄
仲村ミホ/西平風香
森下トオル/髙橋直人
エンター/陳内 将
桜田リカ/吉木りさ
チダ・ニックの声/藤原啓治
ゴリサキ・バナナの声/玄田哲章
ウサダ・レタスの声/鈴木達央
メサイアの声/佐々木誠二

ナレーション/宗方 脩


(文責:武部直美・若松豪・望月卓)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース