TV

仮面ライダードライブ

DATA
テレビ朝日系 毎週日曜あさ8時から
放送は終了いたしました。ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

第35話 ろう城事件はなぜ起きたのか
6月28日放送  ※6月21日の放送はお休みです

12年前、進ノ介の父親を殺した真犯人は警視庁・捜査一課長の仁良だった。しかも、仁良はブレンと結託して、唯一の証拠品である凶器の拳銃を奪って逃走した。ロイミュードに魂を売った仁良は、すぐに次なるアクションを起こす。記者会見を開き、特状課がロイミュードと協力しているというデマを流布、特状課と仮面ライダーを追い詰めたのだ。さらに仁良の作戦は進ノ介にも襲いかかる! 特状課に進ノ介を誘導し立てこもり、進ノ介に銃を突きつけた! 果たして仁良の真の目的とは何なのか? そして進ノ介は仁良を逮捕することができるのか!? それとも―――?


ブレン&仁良劇場

仁良の化けの皮がついに剥がれました。思い返してみると、登場のときから進ノ介の父親にこだわりを見せていた仁良。001の庇護を受けながら、進ノ介を精神的に追い詰めていたのは実は仁良だったのです。12年前、仁良は進ノ介の父・英介に大きな嫉妬心を抱いていました。一方、001は英介に抱いていた屈辱を払しょくするため、銀行強盗をお膳立てして殺害を目論んでいました。ところが、001よりも早く英介を撃ったのが仁良だったのです。その強い心に惹かれた001は、銀行強盗に関係する者たちの記憶を書き換え仁良はこの事件の記録から姿を消しました。それ以来、仁良は様々な癒着を続け今の捜査一課長の地位まで上り詰めたのです。もちろん癒着先の一番大きな存在は国家防衛局だったことでしょう。そして「ロイミュードの進化に役立つかもしれない」と001に救われた仁良は、今回見事にブレンを超進化させることになりました。ブレンが求め続けた“嫉妬”を増幅させ続けてきた仁良と融合することで、ひとつ上のレベルのブレンが誕生します。そして、ブレンの嫉妬心の矛先は―――、メディックへ。
次回、ブレンと仁良の共鳴し合う嫉妬の塊が大爆発します。仮面ライダー達は、その狡猾さとズルさにどう立ち向かうのか!? ぜひお楽しみに!!

(文責・大森敬仁)


真影が最後に残した謎の言葉の意味…

そう、進ノ介の父・英介の事件の真犯人は真影ではなく、
英介の元同僚刑事・仁良だった!

今まで仁良が進ノ介に対して異常なほど執着していた理由は、
父親・英介に対して憎しみを抱いていたから…

そしてここまで罪から逃れてきただけある仁良は、今回も証拠の品を持って逃走…
次回因縁の決着はつくのか?!※6月21日(日)は放送休止、次回放送は6月28日(日)です!

さあ事件は弊社作品にも縁深き(?)「科捜研」。
本日もマッハで振り返ります!


1. 34話ゲスト紹介 & 35話ゲスト(再登場!)予告<UPDATED!>
2. ピックアップ「12年前の覆い隠された真実」



三ノ輪麻里子…野口聖古さん

科捜研に勤務しているのに、片づけられない女…。
盗難事件で科捜研にあった「何か」がなくなったと言い張るが、
部屋が雑多すぎて何がなくなったのかはなかなか思い出せない始末。
しかしふいに、事件につながる上司の発言を思い出す。


重田静夫…五王四郎さん

科捜研・物理科の科長。麻里子の証言した盗難事件の起こる前日から
姿を消しているというが…

12年前、泊英介殉職事件の
真犯人の指紋のついた銃を真影の指示で、隠していた重田。
記憶を操作されていたものの、自分がしたことを責める。


さて、覚えてますか?

泊英介殉職事件で命を救われたあの少女!

唐沢ゆかり…小泉ここさん、再登場です!

12年前の事件の恐怖をトラウマとして抱えながらも、
自分の命を2度に渡って守ってくれた泊親子のおかげで、過去を乗り越えたゆかり。
そんなゆかりが無事退院することになったが、
再び事件の口封じのために命を狙われることに…!?


12年前の泊英介殉職事件の犯人は、
29・30話で起きた連続強盗殺人事件の犯人・根岸、

でもなく、

真影でもなく、

             12年前の仁良

なんと進ノ介の父・英介の元同僚刑事仁良。

事件の真相は…
真影の仕組んだ、根岸らによる銀行強盗事件のタレコミを受けた英介が
同僚刑事・仁良に助けを求め、共に現場に潜入。

丸谷を取り押さえ、根岸を撃つつもりが…

憎しみから突発的に英介に銃口を。

真影が001として事件現場に現れ、
邪魔に思っていた英介を始末しようとしていたところ、
仁良が英介をその場で射殺。

真影は仁良の英介に対する憎しみを評価し、
「英介を殺した」という事実をもみ消す代わりに、
真影は仁良が自身やロイミュードへの忠誠を誓って働くようにしたのでした。

人間とロイミュード
すさまじい悪はどちらにでも存在する…
さあ、次回
進ノ介は逃走を図った仁良を逮捕できるのか?!


今回登場した12年前の事件。
今回新撮したので、前回の29・30話の現場を再現しながら、
「実は12年前の事件は!」を作り上げました。
さすが過去作にも役で出演されている諸田監督。演技指導でも熱演!

若き日の仁良さんは髪型もチェンジ。新鮮!

重き真実が浮かび上がりますが、それとは逆に科捜研のシーンはコミカルでした。
これまた熱演の監督!

霧子と剛は、霧子が剛をひっぱたいて以来長らく、きちんと向き合うシーンがなく、
理央ちゃんも稲葉君も悩むところがあったようですが、
ここできちんと向き合って前に進むシーンが撮れました。

さあ次回、特状課でろう城事件発生?一体全体どういうこと?!

それでは次回も脳細胞をトップギアにしてまいりましょう!



映画情報

「仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー」製作発表会見レポート



6月10日(水)、
8月8日(土)公開の『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』&『手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』 の合同製作発表会見が行われました!

仮面ライダードライブとしては初の、ドライブ単独映画となる本作サプライズ・フューチャー。製作発表の内容はこちらでも取り上げていますが、ここではドライブの会見の、レポートでは紹介されなかった裏話をマッハで振り返ります!

登壇者は泊進ノ介/仮面ライダードライブ役・竹内涼真くん詩島霧子役・内田理央ちゃんチェイス/仮面ライダーチェイサー役・上遠野太洸くん詩島剛/仮面ライダーマッハ役・稲葉友くんベルトさん/クリム・スタインベルト役のクリス・ペプラーさん
そして映画のゲストとしてご登場頂いた、進ノ介の未来からやってきた息子・泊エイジ役の真剣佑くんアイドル、花咲未来役・筧美和子ちゃん。そして監督の柴﨑貴行監督に、テレビシリーズに続き劇場版主題歌もご担当頂いた松岡充さんにもご登壇頂きました!

また、残念ながら当日は来ることができなかった、もう一人のビッグゲスト・古葉参事官役の柳沢慎吾さんも、映像コメントでご登場!豪華な会見の幕開けです。

まずはお馴染みの仮面ライダードライブやチェイサー、マッハそして2035年から現在へやってきた「仮面ライダーダークドライブ タイプネクスト」らが登場し、お披露目。
また、劇中に登場する「ネクストライドロン」という、未来からのダークドライブが乗ってきた、次世代トライドロンも登場し、会見場を盛り上げました!撮影にも使用されたこちらの実車のベースは、なんと「メルセデス AMG GT」!V8ターボ搭載の最先端電子制御機能を備えた最新のモデル車とコラボをさせて頂いたのです。車好きにはたまらないのではないでしょうか。

右がそのネクストライドロンとその左にはダークドライブ。

ショーの後は役者陣にバトンタッチ。
コメント1発目は竹内くん。トップバッターは慣れたもので、さすが、挨拶も完璧です。レギュラー陣や、映画3作を共にした柴﨑監督との強力タッグをアピールしながら、ゲストで息子役の真剣佑くんとの息の合ったお芝居をアピールします。

実は竹内くん、筧さんとは共演シーンはほとんどなく、現場ではすれ違ったレベルだったのですが…。内田理央ちゃんや柳沢慎吾さんと楽しそうに筧さんが話す様子を影からこっそり見ていたという竹内くん。自分も輪に入りたいなと思っていたそうです。(笑)

ちなみに今回は仮面ライダー3人体制になって初の映画。チェイス/仮面ライダーチェイサー役・上遠野くんは仮面ライダーとして映画に出演するのは初めてということで、会見でもその喜びを露わにしていました。

そして内田理央ちゃんは柳沢慎吾さんとの共演の思い出をコメント。
なんといっても、今回柳沢さんに演じて頂いた古葉参事官役は、極めて真面目な警察のお偉方。おなじみの警察ネタも封印…?という役でしたが、(本編をお楽しみに!)
現場での柳沢さんはテレビで見たまんまの楽しいお方。カメラが回っていない時は終始現場のキャスト・スタッフを沸かせてくれたと、理央ちゃんが語ってくれました。

続く記者さんからの質問は、劇場版ゲストの真剣佑くんへ。
冷静に、しっかり質問には答えてくれた真剣くんですが、なぜか汗がダクダクに(笑)
真剣くんは、竹田団吾さんデザインの劇中衣装が(竹田さんは劇団☆新感線さんの衣装などでもおなじみですね。)「撮影が終わったら欲しい!」と言うほどお気に入りで、それで会見に臨んでもらったのですが…他の方の普通の衣装より厚手なため、照明が当たる会見場では汗が止まらず(笑)
レポートにもあったように、監督のハンカチで竹内くんが汗をふいて、という劇中さながら親子らしい画も垣間見えました。

そして、クリス・ペプラーさんは今回、ベルトさんの声としてだけではなく、クリムの姿でしかも悪として登場?!今回も撮影自体で竹内くんと一緒になることはあまりありませんでしたが、アフレコはシリーズ史上最高と言っても過言ではない、ナイスチームワークでした。

また、劇場版主題歌「re-ray」を歌ってくださった松岡充さんは、映画の準備稿の段階から本を読んで曲のイメージを膨らませて下さったとのこと。「どんな役でも演じられる!」と語るほど、台本を読み込んでいただいたそうなのですが。進ノ介の息子・エイジ役ならできる!と思っていた所、エイジ役に真剣くんが決まったと聞いて、納得して諦めたそうです(笑)
この映画の為に書き下ろしてくださった新曲のお陰で、今回もとっても素敵なエンディングになっています!

さあ以上が記者発表レポートでしたが、皆さん映画を観たくなってきましたでしょうか?
筆者も「オールラッシュ」というまだ編集等が加わる前の状態で作品を見ていますが、既にかなり泣ける、そしてワクワクドキドキする感動巨編になっています。

キャスト・スタッフ一同胸を張れる作品になっていますので、お楽しみに!
こちらのHPでも公開まで少しずつ、映画情報を更新していきます!!

(文責・小髙史織)


ロイミュード・リスト

PAST EPISODE 過去のエピソード

最終話(特別編)「ゴーストの事件」
9月27日放送
監督:金田 治 脚本:毛利亘宏
第47話「友よ、君はだれに未来を託すのか」
9月20日放送
監督:柴﨑貴行 脚本:三条 陸
第46話「彼らはなぜ戦わなければならなかったのか」
9月13日放送
監督:柴﨑貴行 脚本:三条 陸

INFORMATION 番組情報

CAST
泊 進ノ介/竹内涼真
詩島霧子/内田理央
チェイス/上遠野太洸
詩島 剛/稲葉 友

ブレン/松島庄汰
メディック/馬場ふみか
ハート/蕨野友也

沢神りんな/吉井怜
西城 究/浜野謙太
追田現八郎/井俣太良
早瀬 明/滝口幸広

ベルトさん(声)/クリス・ペプラー

本願寺 純/片岡鶴太郎

STAFF 監督:田﨑竜太 ほか
脚本:三条 陸 ほか
LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映