東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーディケイド > あらすじ一覧 > 第23話 エンド・オブ・ディエンド

テレビ

第23話 エンド・オブ・ディエンド

2009年7月5日O.A.

Episode Guide

危険をおかし、故郷に帰還した大樹───それは、兄・純一を救うためだった。

フォーティーンが支配する世界。
社会の平和を保つため、人々を統制し、秩序をかき乱す《仮面ライダー》を排除する。純一は、その理念を信じてやまない。
だが、それはかつて大樹自身が歩んだ道でもあった……。

大樹の思いは兄・純一に通じるか? 敵の洗脳手術を受けたユウスケは?
そして、大樹の過去を知った士(つかさ)がとった思いがけない行動とは?



どうしてディケイドが「世界の破壊者」なのか。

ライダーの世界が、ディケイドが訪れることによって、オリジナルから変質を遂げた形で再構築される───それを《破壊》と言うこともできるし、《創造》と言うこともできます。
9つのライダー世界をめぐり終えたいま、そんな世界との関わり方自体をテーマの中心に据え、ディケイド《第2章》がスタート。
士たちの旅はどこへ向かうのでしょう。

次回23話では、大樹の隠しつづけてきた過去のひとつが明らかに。それを知った士と大樹の、初の共同戦線が実現?
敵がフォーティーンということは、やっぱり最後は巨大戦。いくらディケイド&ディエンドといえども、空から襲いかかる巨大な敵に、立ち向かうことができるのでしょうか。


 脚本:井上敏樹 監督:石田秀範

Cast Information

伊藤高史さん!

 22,23話でフォーティーン役を演じていただいているのは、テレビに映画にご活躍の伊藤高史さんです。184センチの長身に、長期沖縄ロケによる真っ黒な日焼け(!)も相まって、圧倒的な存在感と深みのあるお芝居で作品を盛り上げていただきました。
 次回23話ではなんとあんな姿に!!
 そしてそして、24話からのゲストは、なんとあんな人たちが登場!!

 ということで、ゲストも引き続き目が離せませんよ!今後ともお楽しみに!



海東大樹エンディング

ディエンド編ということで、次回(23話)には、いよいよ海東大樹の歌うエンディング(※劇中で流れる歌を、「仮面ライダー」ではエンディングと呼んでいます)が流れます。
先日、戸谷さんのレコーディングが行われました。難しい曲を、のびやかでカッコいい声で歌いこなします。海東の華麗さと、自信に満ち溢れた様子がよく出ているこの曲、題名は「Treasure sniper」。
お楽しみに!

「十年祭」(6月28日、29日)のミュージカルでも、ディエンドが歌うシーンがあるので、参加の方は、そこでも戸谷さんの歌が楽しめますね。(こちらはエンディング曲とはまた違った、『最高のお宝』(^^)という歌です)

エンディング、ミュージカル曲とも、リリース情報は追ってお知らせします。



士ヘアカタログ! の謎!!

なぜか、世界が変わるたびに士のヘアスタイルも変わる!
というわけで、その変遷を追ってみましょう。

夏海の世界》での士(第1話)。
前髪をひと房中央に垂らすスタイルは、いつごろからかヒーロー番組で大流行。そういう意味では、このころは士もまだヒーローでした。(^^;
1話だけあって、いまでも雑誌などではこのころの写真が、《ザ・士》として使われることが多いです。

警察官のコスプレ(?)から始まった《クウガの世界》(第2・3話)。
制帽を脱ぐと、ワイルドめな士に。戦闘種族グロンギが跋扈……というハードな世界だからかな?
世界を移ると、衣裳もヘアも変わるという謎パターンが、ここからはじまりました。
キバの世界》(第4・5話)の士はバイオリニスト。すっきりめのアレンジになっています。
龍騎の世界》(第6・7話)は弁護士らしく、7・3を少し意識して……。
髪の分け目が反対になっているのもおわかりでしょうか?
社員食堂のチーズ、じゃなかったチーフを務めた《ブレイドの世界》(第8・9話)。『イデオン』のバッフクランみたいな(←年齢がバレる)前髪パッツン感がやんちゃでチーズ?

このあたりから、士ヘアの爆裂が加速していきます。

スマートブレイン・ハイスクールに入学した士。アップめに流した前髪が優等生らし……くないなあ。
ちなみにこの高校、制服はブレザーなのですが、なぜか士だけ学ラン。「主人公は学ラン!」という不思議理論によるもの。
ファイズの世界》(第10・11話)
アギトの世界》(第12・13話)では、後ろに動きのあるスタイリングが、男っぽくてカッコイイ。さすが現在最高視聴率エピソード。
電王の世界》(第14・15話)の士は、ナチュラルなさらさらヘア。なぜかというと……(後述)。
いいお兄さんぶりを垣間見せた《カブトの世界》(第16・17話)。さりげに劇場版へとつながる伏線だったり。
前の世界からつづくナチュラル系スタイルですが、ガチッとハードに固め、カブトの世界を表現しています。
出た! 昔なつかしリーゼント!
ピンクの道着との合わせ技で、強烈にアピールされる時代錯誤っぽさこそ、伝説の大師匠の証なのか?! 《響鬼の世界》(第18・19話)
ふわさら王子様ルックな《ネガの世界》(第20・21話)。
この世界では、《もうひとりの夏海》の飛行帽と、音也のウィッグという反則技に近いライバルが続出。迎え撃つ士も大変だったかと。
営業マンといえば、編み編みオールバックですよね! とくに田園風景の中では!
というわけで、《ディエンドの世界》を絶賛通りすがり中の士。
《男》を見せる士×大樹がカッコよくもいとおしいです。次回23話もお楽しみに!
【おまけ】

ちょっとフライングしますが、こちらは第24・25話。
フツーっぽいじゃん、とあなどることなかれ。衣裳がフツーじゃないですから(笑)。


【おまけ2】

《電王編》の士ヘアがナチュラルなのは、これがあったから。
登場は一瞬なのに、それぞれの作り込みがスゴいです。

さて、士のヘアスタイルは、どうやって決まっているのでしょう?
演じる井上さんに聞いてみました。

井上 (ヘア・メイクの)佐藤さんと相談しながら決めてます。ハード系←→ソフト系が交互に来るようにとか。考えが浮かばないときも、佐藤さんに相談すると答えが出てくる」

と、ヘア・メイクの佐藤さんに信頼を寄せているようす。
その佐藤さんにも聞いてみました。

佐藤 「理屈はあるんですけどね。でも、いちばん大きいのは、その日の気分かな」

アイデアが尽きる心配はなさそうです。
ただし、佐藤さんの気分次第で……。(^^;
というわけで、これからもヘアスタイリングを探求する士の旅はつづきます。いちばん手がかかっていると評判の、劇場版の士ヘアもお楽しみに!


次回『ディケイドの謎』シリーズ(?)は、「ライダーカードの謎」か「サカナ台の謎」か何か。


『ディケイドマークの謎』の答え

ディケイドマークのバーコードっぽい数字(453145)の意味は何?


前回出したなぞなぞです。答えは要らないかなと思ってましたが、「教えて!」という声がちらほら。
恥ずかしながら答え合わせを……。

暗号の基本は、文字を数字などに置き換えること。
いちばん単純なのが、

A B C D E F G H I
1 2 3 4 5 6 7 8 9

で、これを解く基本は、英語には「E」が頻出するので、まずそれを見つけることだとか。
「453145」には2回も「45」が出てきます。どちらかが E だとすると、

E○○○E○
or
○E○○○E

仮に、アルファベットに数字を一対一対応させているなら、

EF○○EF
or
DE○○DE

DECADE マークにあしらうのに、「EF○○EF」と「DE○○DE」のどちらがふさわしいかといえば、答えは……というわけなのでした。(^^;



(文責・白倉伸一郎、武部直美、和佐野健一)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース