TV

仮面ライダービルド

DATA
2017年9月3日(日)放送スタート! 
【毎週日曜 午前9:00~9:30放送】

EPISODE GUIDE

第18話 黄金のソルジャー
2018年1月14日放送

北都からの刺客、猿渡一海が握りしめていたのはスクラッシュドライバーだった。スクラッシュドライバーは戦兎が開発したもので、北都には存在するはずがない。なぜ一海が持っているのか!? そんな疑問に応える間もなく、一海は仮面ライダーグリスへと変身を遂げた!!
 
 
脚本 武藤将吾
 
監督 中澤祥次郎

仮面ライダーグリス、見参!

ついに東都と北都の戦争が始まりました。次回、北都のライダーである仮面ライダーグリスが遂に変身、本格的にビルド達との戦闘を開始します。まだ謎に包まれた存在の一海ですが、北都の三羽ガラスから"カシラ"と呼ばれているように、北都軍のトップであり、人望の厚さは並ではありません。その戦闘っぷりは豪快、且つ好戦的な姿勢をむき出しにするスタイルですが、心の裏側にはある思いを秘めています。戦兎と関わることによって少しずつ明らかになっていく一海の裏の顔をぜひお楽しみに!
一海を演じるのは『仮面ライダーキバ』で紅音也を演じた武田航平くん。ほぼ10年ぶりにライダーの現場に戻ってきてくれました。今回のオファーの一番の理由は、武田くんが一海を演じているイメージが自然と浮かんだこと。一海というガキ大将的な一面と、人を包み込むような優しさ、そして実は子供らしい無邪気さも併せ持っているキャラクターを、ある意味"自"で演じてくれるという確信がありました。いや。ぶっちゃけると、また仕事を一緒にしたかっただけなのかも……。とにかく、“戦争開始”というシリーズの過渡期に、ビルドに対して更なる喝とパワーを吹き込んでくれる役者・武田航平の現在の姿をぜひ放送でご覧ください。

(文責・大森敬仁)

Building BUILD! 明けまして第17実験
お屠蘇気分を吹っ飛ばせ!(あまりに強烈だったので解説します。)

ついに戦争が始まってしまいました。
最初、ニュースで開戦を知った時には、戦兎たちもまだそこまで身に迫る危機を感じていたわけではなかったと思います。
 
が、天才科学者である戦兎を、戦争の遂行者である幻徳が放っておくわけはありませんでした。

戦兎と龍我は、東都政府への協力を求められると同時に、行動を政府(幻徳)の監視下に置かれることになりました。
戦兎は、この戦争で有効に戦う術を、学識として知っています。
それは、葛城巧が考案し、しかし敢えて未完成の状態に留められていた、スクラッシュドライバーを用いて仮面ライダーに変身することです。
それは同時に、仮面ライダーを戦争の兵器としてしまうということです。かつての葛城巧も、現在の桐生戦兎も、それは科学者として容認できないと考えていました。けれども――。

「こう(=戦争に)なった責任はお前にもあるんじゃねえのか」
 
戦兎が一番負い目を感じている龍我からこのように言われてしまい、戦兎の心にグサッと刺さるものがあったことは、想像に難くありません(戦兎を時に「葛城」と呼んでみせる幻徳にそう言われるなら、戦兎も予期していたでしょうが)。
 
そしてもう一人、自分のせいで悲劇が起きてしまったと自分を責めていたのが、これまでボトルを浄化してきた美空でした。

そんな美空の姿を見て、戦兎は、戦争の兵器となることを避け、しかし美空や街の人々を守るために闘うという、一見矛盾しているように見える、ギリギリの決意を固めるのでした。

その闘いに、戦兎の制止を無視してでも加わらずにはいられなかった男が、われらが「筋肉バカ」・万丈龍我です。
スクラッシュドライバーと、ドラゴンスクラッシュゼリーを用いて、パワーアップ!
その名も、仮面ライダークローズチャージ!

ビーカーの中の龍我。その周囲にゼリーがひたひたと満ちていくさまは、お風呂のよう!?
頭からゼリーが噴出するシークエンスともども、佛田特撮監督の奇想に、『鎧武』以来の衝撃を覚えられた方も多かったかもしれません。

ということで! 漢字の多い補足解説はここまでにしまして、
次週、いよいよ、猿渡一海が変身します。
その男、危険につき!?
絶対にお見逃しなく!!!
 
本年もSee you next BEST MATCH!

(文責・谷中寿成)

①祝!!『仮面ライダー 平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』興収11億円突破の大ヒット!! 映画館でまだまだ上映中!

昨年12月29日に渡部秀さん、佐野岳さん、西銘駿さん、三浦涼介さん、上堀内佳寿也監督が登壇し、大ヒット御礼の舞台挨拶が行なわれた『仮面ライダー 平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』。おかげ様で舞台挨拶も満席・大好評! そしてこのたび、興行収入が11億円を突破いたしました。冬映画としては、2012年に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』以来の好成績です。これもひとえに、平成仮面ライダーシリーズを見続けてきてくださった皆様、ビルド・エグゼイドを愛してくださっている皆様のおかげです。
『仮面ライダービルド』の勢いはまだまだ止まりません。劇場版を見るのがまだこれからの方も、2度目・3度目……n度目(nは自然数)の方も、今なら全国の映画館の大きなスクリーンで迫力のアクションをご覧いただけます。ぜひ『平ジェネFINAL』をご覧になった上で、今後のTVシリーズの怒涛の激流もお楽しみください。

『仮面ライダー 平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』情報
 【ビルドのみどころ】→ http://www.toei.co.jp/tv/build/story/1210716_2766.html#movie1
 【エグゼイドのみどころ】→ http://www.toei.co.jp/tv/build/story/1210765_2766.html#movie2
 【ゴーストのみどころ】→ http://www.toei.co.jp/tv/build/story/1210815_2766.html#movie3
 【鎧武のみどころ】→ www.toei.co.jp/tv/build/story/1210862_2766.html#movie4
 【フォーゼのみどころ】→ http://www.toei.co.jp/tv/build/story/1210918_2766.html#movie5
 【オーズのみどころ】→ http://www.toei.co.jp/tv/build/story/1210968_2766.html#movie6
 【ゲストのみどころ】→ http://www.toei.co.jp/tv/build/story/1210985_2766.html#movie7
 【ついに公開!】→ http://www.toei.co.jp/tv/build/story/1211005_2766.html#movie8
 【バイクアクションの裏側】→ http://www.toei.co.jp/tv/build/story/1211072_2766.html#movie9
 【テレビシリーズとの関係】→ http://www.toei.co.jp/tv/build/story/1211117_2766.html#movie10


②『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダービルド 誕生!クマテレビ!! VS仮面ライダーグリス』てれびくん2月号で応募者募集中!

クマ!テレビ!ベストマッチ!
ハチミツハイビジョン クマテレビ! イェーイ!


『てれびくん』でしか見ることができない!
仮面ライダービルドの新たなベストマッチ「クマテレビフォーム」が誕生!!
 
龍我が北都のフルボトルを手に入れたことから巻き起こる大騒動!
仮面ライダーグリスとビルド&クローズの熾烈(しれつ)なバトル!!
そして、グリスを「カシラ」と慕(した)う北都の刺客(しかく)がもう一人現れた!?

『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダービルド
誕生!クマテレビ!! VS仮面ライダーグリス』

現在発売中の『てれびくん2月号』から募集開始で、DVDに北都のDXクマフルボトルが付いてくるプレミアムセット!
『てれびくん2月号』付録のテレビフルボトルともベストマッチ!!
 
見どころ満載のてれびくん超バトルDVDで、さぁ、実験を始めようか!



小学館『てれびくん』オフィシャルサイト
http://televi-kun.net/

原作:石ノ森章太郎
脚本:赤松義正 脚本監修:武藤将吾 アクション監督:宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ) 監督:山口恭平
 
出演:犬飼貴丈 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 髙尾勇次 / 及川奈央

③番組主題歌『Be The One』iTunes/AppleMusicにて先行配信中!

番組主題歌のPANDORA feat. Beverly「Be The One」フルサイズが、iTunes/Apple Musicにて先行配信中!

PANDORA feat. Beverly 「Be The One」
-------------------------------------------------------------
【iTunes】
https://itunes.apple.com/jp/album/id1326146161?app=itunes&ls=1

【AppleMusic】
https://itunes.apple.com/jp/album/id1326146161?app=apple&ls=1

④特別映像『3分でわかるレジェンドライダー』公開中!

映画の公開を記念して、特別映像『3分でわかるレジェンドライダー』公開中。『〇分でわかる』シリーズ(?)待望の第2弾!

今回の映画で復活を果たす仮面ライダーオーズ/火野映司(渡部秀)と相棒アンク(三浦涼介)、仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗(福士蒼汰)、仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰(佐野岳)、仮面ライダーゴースト/天空寺タケル(西銘駿)の4人のレジェンドライダーを総復習できる! 懐かしの名場面はもちろん、映画からの最新映像も詰まったファンならずとも感動すること間違いなしの1本!

前回3分で紹介するはずが言い争いばかりで時間オーバーしてしまった戦兎と龍我! 今回は果たして3分で振り返ることができるのか!? 要注目です!



⑤【5分でわかる仮面ライダービルド】も公開中!

まだビルドをご覧でない方も
これからご覧になりたい方も
映画を機会にご覧になる方も
もちろん全部ご覧の皆さん
これを見ればビルド丸わかり!

☆仮面ライダービルドの変身講座動画「変身の法則は決まった!」もぜひご覧ください!
 仮面ライダービルド編→ https://youtu.be/S0Zn1DRSH0w
 ナイトローグ編→ https://youtu.be/6XHP1-27zoM
 仮面ライダークローズ編→ https://youtu.be/VT66HJrcKa4



⑥ 2018年1/24(水) 日本武道館にて開催!
超英雄祭
KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE & SHOW 2018
ゲストアーティスト発表!

2018年1月24日(水)に、日本武道館(東京都千代田区北の丸公園内)にて開催する、 「超英雄祭 KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE & SHOW 2018」に出演のゲストアーティストが決定しました!
『仮面ライダービルド』の主題歌「Be The One」を歌うPANDORA feat. Beverly(パンドラ フィーチャリング ビバリー)が登場!小室哲哉と浅倉大介によるユニットと、実力派シンガーBeverlyの夢のコラボレーションは必見必聴!
また、『仮面ライダーエグゼイド』の主題歌「EXCITE」を歌う“三浦大知”をはじめとして、『仮面ライダードライブ』の主題歌「SURPRISE-DRIVE」を歌う“松岡充” 、さらに“土屋アンナ”、“小林太郎”、“貴水博之”といった仮面ライダー主題歌や音楽に関連したアーティストが集結します。
さらにスーパー戦隊シリーズからは『宇宙戦隊キュウレンジャー』のオープニングを歌う幡野智宏、エンディングを歌う松原剛志、そして歴代スーパー戦隊シリーズの主題歌を歌うProject.Rのメンバーら豪華ゲストアーティストの出演が決定!
仮面ライダー、スーパー戦隊を彩るアーティストが一堂に会しスペシャルなステージをお届けします。
ライブ中、スーパーヒーローたちが登場し、みせる演出の数々はこの超英雄祭の見どころの一つ。もちろん、スーパーヒーローならではのアクション・パフォーマンスもあり、仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズのファンはもちろん、ライブエンターテインメントとしてもスペシャルなイベントになること間違いなしです !
『仮面ライダービルド』と『宇宙戦隊キュウレンジャー』の番組出演キャストによるトーク、そして、仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズを盛り上げるアーティストたちによる超英雄祭だけのスペシャルライブ!
本公演の詳細は随時、公式HP( http://www.tv-asahi.co.jp/build/eiyusai2018/ )にてアップしていきます。ここだけしか見られないスーパーヒーローの祭典、スーパーヒーローエンターテインメントの数々にご期待ください!

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
桐生戦兎/仮面ライダービルド:犬飼貴丈

万丈龍我/仮面ライダークローズ:赤楚衛二

石動美空:高田夏帆

猿渡一海/仮面ライダーグリス:武田航平

内海成彰:越智友己

滝川紗羽:滝裕可里

氷室幻徳/ナイトローグ:水上剣星

石動惣一/ブラッドスターク:前川泰之

STAFF
【原作】石ノ森章太郎

【脚本】武藤将吾

【音 楽】川井憲次

【クリーチャーデザイン】篠原 保

【チーフプロデューサー】佐々木基(テレビ朝日)

【プロデューサー】井上千尋(テレビ朝日)、大森敬仁(東映)、菅野あゆみ

【アクション監督】宮崎 剛(ジャパンアクションエンタープライズ)

【特撮監督】佛田 洋(特撮研究所)

【監 督】田﨑竜太 ほか

【制 作】テレビ朝日、東映、ADK

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映