TV

仮面ライダーアマゾンズ

DATA
BS朝日 7/3スタート毎週日曜 深夜1時から
TOKYO MX 7/6スタート毎週水曜 22時30分から
放送は終了いたしました。ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

Episode7 GAME OF THE BUTCHERS
8月14日放送(BS朝日 深夜1:00~)
8月17日放送(TOKYO MX 22:30~)

悠が駆除班に合流して、三週間が経った。
独特の雰囲気がどことなく心地よくなってきていた頃、事件は起きる。
 
電線の高い位置にぶら下がる死体ーー。
人間ではありえない仕業に、実験体か?と色めく駆除班。
 
事件現場である廃車置き場には、あやしい男もいた。
腕にサポーターをしていたが、それは腕輪を隠している?
駆除班がチームプレイで挑むが……。
 
  
脚本:小林靖子
 
監督:石田秀範

(文責・武部直美)

アマゾンライダーの特徴といえば、野性味。

野性テイストって、何の味がするんでしょう? 「野性」と「野生」は何がちがう?
企画時のそんな話から、生き物としてのアマゾン、という、ひそかな裏テーマが浮上しました。

『タイムマシン』『宇宙戦争』等で知られるH・G・ウェルズに、『モロー博士の島』という小説があります。
野生動物を改造して人間に……というお話。
改造人間みたいなコンセプトが、仮面ライダー等でおなじみになる、何十年も前。19世紀末の作品です。人間より野生動物のほうが、改造の先輩だったりするのかも。

てことで、アマゾンさんたちの生態もひとつの軸。
幼虫→サナギ→成虫と華麗に変態した、Episode 6 の蝶さんも目を引きましたが、今度の敵・モズさんも本能覚醒・野性解放!
オトナの事情的に、メジャーどころの動物さんが出てきづらい敵アマゾンさん。貴重な鳥類です。


1・2話以来の石田演出カムバック、悠(はるか)×仁の対決、ゆげっちこと弓削智久さんの出演と、お盆も盛りだくさんな Episode 7。ぜひ敵さんにもご注目!

(文責・白倉伸一郎)

◆キャスト紹介

下霜草司(したじも そうじ)役
弓削智久(ゆげ ともひさ)さん

廃車工場のオーナーで、「自分の場所」への干渉を嫌う下霜を演じるのは弓削智久さん。
仮面ライダーシリーズでは『龍騎』(02年)『カブト』(06年)『鎧武/ガイム』(13年)と数多く出演。弓削さんご自身が下霜は【ぶっ壊れてる】役と表現されるほど、特殊な生きがいを持ったキャラクター。子供番組ではあまり見ることができない【ぶっ壊れてる】キャラをトコトンお楽しみください。


小山ハジメ役
タモト清嵐(たもと そらん)さん

新聞配達中に、物語の渦中へと身を投じてしまう小山を演じるのは、タモト清嵐さん。
2011年『仮面ライダーフォーゼ』では鬼島夏児/キャンサー・ゾディアーツを演じ、好演に注目が集まりました。本作では、悲しき運命を背負う男のあまりに悲痛な演技に、是非ご注目ください。


◆第5・6話金田組メイキング

・バス&タクシー

バス、タクシー、駆除班バン、ジャングレイダーと乗り物が多く登場するのも5・6話の見どころでした。第5話で美月が乗り合わせたタクシー運転手を演じたのは、モグラアマゾンでもあるあの人?!


・七羽さんの手料理

七羽さんが悠に振舞った手料理を大公開!(Episode5)
仁さんに対しては茹でたまごや鶏料理などいつも質素なものが多いが、悠が来るとなぜか豪華な料理が食卓に並ぶ……仁さん、きっと浮気とかじゃないから!

<TV版放送記念!キャストインタビュー>
作品の魅力をより多くの方に伝えるべくキャストの皆さんにインタビューを敢行中!!
他では聞けないエピソード満載の本インタビューをお見逃しなく!

↓これまでのインタビューはこちらから!↓
第一回:藤田富さん(水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガ役)
第二回:谷口賢志さん(鷹山仁/仮面ライダーアルファ役)
第三回:武田玲奈さん(水澤美月役)
第四回:東 亜優さん(泉 七羽役)
第五回:俊藤光利さん(志藤真役)

◆第六回:小林亮太さん(マモル/モグラアマゾン役)

 気合を入れて現場に行ったら、「ウワァァァ」と叫んで服を破いて終わりました(笑) 

――出演が決まった時はいかがでしたか?

小林 俳優をやりたいと思って名古屋から上京して、いつか演じてみたい夢のひとつが仮面ライダーでした。ベルトは使わなくても、出演できると決まったときは嬉しかったです。

母親にサプライズのつもりで報告をしたら、「おめでとう!知ってたけどね〜」 って(笑)。マネージャーさんが母親に報告していたみたいで……。「知ってたなら、教えてよ~!」と言いましたが、「いや、黙ってたほうがいいかと思って。」と言われました。




――駆除班との初顔合わせや、台本の読み合わせの時に、記憶に残っていることはありますか?

小林 僕が最年少ということもあり、馴染めるか心配でした。歳が離れたキャストも多いなか、家族のように受け入れていただいて、すぐに馴染むことができたと思います。

石田監督に最初にお会いしたときは、【怖い】という印象しかないです(笑)。石田監督のもとでお芝居ができるというワクワクと緊張感が混ざったような、不思議な感覚でした。

アクション練習では、とにかく動かなきゃと思って取り組みました。身体を動かすことが好きなので、気合を入れて現場に行ったら、「ウワァァァ」と叫んで服を破いて終わりました(笑)。(※ Episode1冒頭の練習)  シリーズを通して生身のアクションはほとんどなかったです……。




――佐藤太輔さん(モグラアマゾン役)とは撮影中にどんなお話をされておりましたか?

小林 (佐藤)太輔さんも、変身後のセリフを、「マモルとしてはどう言いたい?」とか都度相談してくださいました。「このシーンはこうなったから」とか「次のシーンはどうしようか?」など、本当に二人でマモル/モグラを作りあげていきました。太輔さんはモグラをいわゆるヒーローとして演じてなくて、純粋にモグラとして、動きをつけてくださっていたので、嬉しかったです。


モグラアマゾンを演じた佐藤太輔さん(右)


 心から<チームが大好き>と言えるようになったのは、駆除班みんなのおかげです 



――撮影現場で記憶に残っていることはありますか?

小林 寒い山奥での撮影の中、みんなで食べた【すいとん】が記憶に残ってます。 寒かったのもありますが、スタッフさんの人数もすごく多くて、ワイワイみんなで同じものを食べる瞬間は幸せでした。

もともと食べることが好きで、ハンバーガーを劇中でたくさん食べることができたのも、嬉しかったです。むしろ、食べすぎて太らないか心配で、帰宅後ランニングをしてました。視聴者の皆さんがアマゾンズを観るときに、ハンバーガーを準備されたりするのを見ると、とても光栄でしたね。




――キャストの方に一言贈るとしたら、どなたにどんな言葉をお送りしますか?

小林 前原くん。大食い対決がしたい!
朝日奈さんはめちゃくちゃ食べる量が多いんです。ケータリングでハヤシライスとクリームシチューが出たときに、すぐにおかわりにいくんですよ。僕も負けたくないからおかわりにいってたんですけど、そのあとも何回かおかわりに行かれてて……。僕は一人でも、食べ放題に行っちゃうこともあるくらい食べる方なんですけど、さすがに朝日奈さんの食べる量はすごいなって……。

駆除班のメンバー全員に<ありがとう>って気持ちが強いです。
俊藤さん(志藤役)がチームをまとめてくださったことや、いっしょに演じる機会が多かった勝也さん(三崎役)がいろんなお話をしてくれたこととか、個々にあげるとキリがないんです……。
年齢が一番下で、こんなに出番が多いレギュラーは初めてだったので、馴染めなかったらどうしようと不安はありました。でも、まったくそんな心配する必要もなく、みんなでワイワイと待ち時間を過ごせたりして……役柄的にも心から<チームが大好き>と言えるようになったのは、駆除班みんなのおかげです。




――最後に、視聴者の皆さまに向けて『仮面ライダーアマゾンズ』の魅力をお願いします!

小林 仮面ライダー以外に、生身で闘う駆除班がいたりと、ニチアサとは違った色が出ている作品になっています。奥深いストーリーや伏線が張り巡らされているので、何度見ても楽しめると思います。アクションについても味方も敵もアマゾンなので、独特な動きで新しいアクションがご覧いただけるのでないかなと。

配信オリジナル版をご覧いただければ、駆除班のシーンも多いので、最終話で視聴者の皆さんが感じていただけるものも違ってくるはずです。あと、マモル目線での駆除班も見ていただければ、面白いかなと思います。


番組公式HP( amazons.jp )ではノーカット版のインタビュー記事を掲載中。こちらは全13話お楽しみ頂いた方向けの内容が含まれております。配信オリジナル版ですでにご覧になった方、インタビューの続きが気になる!という方、是非こちらもご覧ください!!

(文責・坂航太)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
水澤 悠:仮面ライダーアマゾンオメガ/藤田 富
鷹山 仁:仮面ライダーアマゾンアルファ/谷口賢志
水澤美月/武田玲奈
泉 七羽/東 亜優

志藤 真/俊藤光利
マモル:モグラアマゾン/小林亮太
大滝竜介/馬場良馬
高井 望/宮原華音
前原 淳/朝日奈 寛
三崎一也/勝也
福田耕太/田邊和也

橘 雄悟/神尾 佑
加納省吾/小松利昌
水澤令華/加藤貴子
天条隆顕/藤木 孝

STAFF
原作:石森章太郎

脚本:小林靖子

監督:石田秀範/田﨑竜太/金田 治(ジャパンアクションエンタープライズ)

音楽:蓜島邦明

主題歌:「Armour Zone」歌/小林太郎

アクション監督:田渕景也(Gocoo)

LINK 仮面ライダーアマゾンズ 公式サイト

ページ上部へ

  • ©2016「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会©石森プロ・東映