TV

仮面ライダーアマゾンズ

DATA
BS朝日 7/3スタート毎週日曜 深夜1時から
TOKYO MX 7/6スタート毎週水曜 22時30分から
放送は終了いたしました。ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

Episode4 DIE OR KILL
7月24日放送(BS朝日 深夜1:00~)
7月27日放送(TOKYO MX 22:30~)

アマゾンマンション・・・!?
住民全員がアリアマゾンとして覚醒した中、追い詰められた駆除班とアマゾンオメガは、部屋に立てこもる。
悠もモグラアマゾンもパワー切れで、人間の姿へとなってしまった。
対面する悠と駆除班の面々。

そのまま駆除を続けるように、という理不尽な令華の指示。
絶体絶命の戦いの中、悠は「自分は何者か」の答えを探す――。


脚本 小林靖子

監督 田﨑竜太

(文責・武部直美)

アリアマゾンの大群に包囲され、マンションに孤立した一同。敵の数、優に183体───

――という極限状況ともなれば、普通は「どうやって脱出するか」がテーマになるところですが、敵より怖いのが水澤令華・本部長様。その指令は、このチャンスをのがさず、敵アマゾンを一網打尽に大量駆除すること!
戦士として覚醒した悠(アマゾンオメガ)と、駆除班たちの壮絶な戦いがはじまります。

全編ノンストップアクション。
とにかくアクションがスゴいので、その面ばかりにスポットが当てられがちな Episode 4 ですが、この後の展開につながる重要なシーンやセリフも満載。
シリーズのターニングポイントをなす至福の30分。アマゾンズの生き様の叫びを聞け!(違)

(文責・白倉伸一郎)

◆キャスト紹介

高井望(のぞみ)役
宮原華音(みやはら かのん)さん

駆除班の突撃隊長的役割を担う、高井を演じるのは宮原華音さん。
宮原さんは空手で全国大会優勝という経験の持ち主。駆除班紅一点でありながら接近戦を得意とし、我先にとアマゾンへと立ち向かう。田渕景也アクション監督をも唸らせるキレのある動きや<伝家の宝刀>ハイキックを是非ご注目あれ。



三崎一也(かずや)役
勝也(かつや)さん

野次馬対応やマモルのお世話係を引き受ける三崎を演じるのは、勝也さん。
劇中以外でも駆除班のムードメーカーだった勝也さん。度々アドリブを求められる事があり、ご苦労は絶えなかったはず…。そのコミカルな演技にスタッフは笑いを堪える事が大変でした(笑)どこか憎めない勝也さんの三崎は必見です。



福田耕太(こうた)役
田邊和也(たなべ かずや)さん

駆除班では主に後方支援を担当する、フクさんを演じるのは田邊和也さん。
いつも片手に文庫本、優秀なスナイパーという設定は、1、2話の本読みを経て、石田監督が肉付けしていきました。田邊さんが醸し出す男の渋さに、きっと世の女性は夢中になること必至です。劇中多くは語りませんが、駆除班のメンバーを温かく見守るフクさんをお見逃しなく!


◆仁さん&七羽さんの住居を大公開!

お二人が寝泊まりしている住居を大公開!!部屋全体は完全に七羽さんの趣味で構築されており、仁さんのヒモっぷりが…。屋上では仁さんの大事な相棒・鶏を飼っており、その数はなんと七羽(ななわ)!? 何故この数になったかは…本当に偶然だそうです。


<TV版放送記念!キャストインタビュー>
作品の魅力をより多くの方に伝えるべくキャストの皆さんにインタビューを敢行中!!
他では聞けないエピソード満載の本インタビューをお見逃しなく!

↓これまでのインタビューはこちらから!↓
第一回:藤田富さん(水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガ役)
第二回:谷口賢志さん(鷹山仁/仮面ライダーアルファ役)

◆第三回:武田玲奈さん(水澤美月役)

 現場では、美月を通して藤田さんを見ようと思ってました 

――オーディションやクランクインまでで印象に残っている事はありますか?

武田 オーディションは全く手応えがなかったんですけど、受かっていたのでびっくりしました。 仮面ライダーのヒロイン役はあこがれていたので、とても嬉しかったです。 台本を貰って驚いたのは、お仕事をご一緒したことがある人が4人もいたことですね。藤田さん(悠)、谷口さん(仁)、華音(宮原さん・高井望)、小林くん(マモル)。谷口さんと小林くんは橋の上(10話)しかご一緒できなくて…しかも共演というよりお互いにその場に<いた>という感じでした(笑)。
(※注 藤田富さん:ともに雑誌『Popteen』でモデルとして共演、谷口賢志さん:舞台『四谷怪談』(2015.5)で親子役、宮原華音さん:映画『暗殺教室』(2015.3)『同 卒業編』(2016.3)で共演、小林亮太さん:ドラマ『傘を持たない蟻たちは』(2016.1-)で共演)




――撮影初日はいかがでしたか?

武田 緊張というより不安な想いが強かったですね。 石田監督に怒られたらどうしよう、と…(笑)。




――(笑)。初日は藤田さんとの共演もありましたが、モデル以外での現場で会う藤田さんはいかがでしたか?

武田 いつもと違う環境・内容のお仕事だったので、新鮮でした。 美月は悠のことを一番に考える性格なので、私も現場では美月を通して藤田さんを見ようと思ってました。




――悠をいつも優先する美月ですが、劇中で変化はありましたか?

武田 自分の言葉で本音を悠にちゃんとぶつけられたこと、それに対して悠から言われたことを受け止められたこと。この2つは美月にとって大きな変化であり、成長だと思います。強く生きていくと決めた美月は、いじめられることもなくなったのかなと。冒頭はすごくいじめられてて、びっくりしましたけど(笑)。




――武田さんにとって、美月はどんなキャラクターですか?

武田 自分の殻に閉じこもってしまっている女の子です。 私もモデルのお仕事始める前は引っ込み思案だったので、その気持ちは理解することができます。 でも、悠に依存しすぎる部分は少し理解に苦しみましたけど(笑)。




 華音ちゃんのアクションシーンは見ていてドキドキしました! 

――記憶に残っているシーンはありますか?

武田 雨のシーンです(笑)。(12-13話) 雨に打たれる撮影は経験があったのですが、あそこまではさすがに…。 (現実は)晴れてましたけど、シーンやカット数も多くて撮影が長かったので、寒かったですね(笑)。しかも、濡れたままクランクアップ(撮影終了)で…。いろいろと記憶に残ってます。




――記憶に残っている撮影現場はありますか?

武田 水澤邸です!お家は広いし、床暖房が付いてるし、プールもあるし…あんな豪邸見たことないです。そんなところに住んでいる美月って…羨ましいなと思ってました(笑)。




――キャストの方に一言贈るとしたら、どなたにどんな言葉をお送りしますか?

武田 華音ちゃんです。
早く誕生日を祝わせて!と(笑)。
誕生日が4月8日だったんですけど、2か月近くお互い日程が合わなくて…せめてこの記事が掲載されるまでにはお祝いができていたらいいなと思ってます。(取材日:2016年6月7日時点)



――そんな仲が良い宮原さんの演技をご覧になっていかがでしたか?

武田 かっこいいですよね。特にアクションシーンは見ていてドキドキしました!
撮影現場はなかなか一緒にならなかったので、本編を観て、“華音ちゃんすごいな”と。




 皆さんにはアマゾンズを余すところなく全部観てほしいですね! 

――武田さんにとって仮面ライダーはどんなイメージですか?

武田 戦隊シリーズに比べ大人のヒーローというイメージを持っていました。アマゾンズは私が想像していた以上に大人向けに仕上がっていましたが(笑)。




――最後に、視聴者の皆さまに向けて『仮面ライダーアマゾンズ』の魅力をお願いします!

武田 今までとは違ったハードでシリアスなストーリーになっているので、大人でも楽しめる仮面ライダーになっています。一度仮面ライダーを卒業してしまった人も、アマゾンズは絶対にハマる作品になっているので是非ご覧になってほしいと思います。
まずはテレビ版をご覧になっていただいて、面白いと思ったら、Amazonプライム・ビデオでノーカットのオリジナル版を観てほしいです。視聴者の皆さんにはアマゾンズを余すところなく全部観てほしいですね!


番組公式HP( amazons.jp )ではノーカット版のインタビュー記事を掲載中。こちらは全13話お楽しみ頂いた方向けの内容が含まれております。配信オリジナル版ですでにご覧になった方、インタビューの続きが気になる!という方、是非こちらもご覧ください!!

(文責・坂航太)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
水澤 悠:仮面ライダーアマゾンオメガ/藤田 富
鷹山 仁:仮面ライダーアマゾンアルファ/谷口賢志
水澤美月/武田玲奈
泉 七羽/東 亜優

志藤 真/俊藤光利
マモル:モグラアマゾン/小林亮太
大滝竜介/馬場良馬
高井 望/宮原華音
前原 淳/朝日奈 寛
三崎一也/勝也
福田耕太/田邊和也

橘 雄悟/神尾 佑
加納省吾/小松利昌
水澤令華/加藤貴子
天条隆顕/藤木 孝

STAFF
原作:石森章太郎

脚本:小林靖子

監督:石田秀範/田﨑竜太/金田 治(ジャパンアクションエンタープライズ)

音楽:蓜島邦明

主題歌:「Armour Zone」歌/小林太郎

アクション監督:田渕景也(Gocoo)

LINK 仮面ライダーアマゾンズ 公式サイト

ページ上部へ

  • ©2016「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会©石森プロ・東映