東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーオーズ/OOO > あらすじ一覧 > 仮面ライダー 放送1000回記念企画
第27話(999回)「1000と映画と戦闘員」

テレビ

仮面ライダー 放送1000回記念企画
第27話(999回)「1000と映画と戦闘員」

2011年3月27日O.A.

【Episode Guide】

「ハッピーバースディ!」
鴻上の元に呼び出された映司とアンク。
仮面ライダーの放送がまもなく千回を迎えることを高らかに宣言する鴻上。
その記念に映画を作ろうというのだ。
伊達が監督。映司、比奈、後藤、アンク、知世子、里中・・・真木までも巻き込まれ、映司を主人公にした「仮面ライダー映画」の撮影が始まる。

その様子を見ながら、歯がみする男、千堂がいた。
彼はショッカー戦闘員だった。

「ふざけるな!その陰に千回敗れた俺たちの悔しさがわかるか!」
その欲望に、カザリが目を付け・・・・・。




1971年、「仮面ライダー」の放送から、テレビ放送がなんと、まもなく放送1000回を迎えます。
そろそろなのでは?・・と、とある東映社員が数え始めたところ、27話が、999回、28話が1000回。これは特別編をするしかない!と、スペシャル企画にしました。
映画のセットもしゃれっと使わせてもらった豪華版。
監督は、平成ライダーすべてにかかわった石田監督。
キャストも大集合。全力で制作しました。ぜひ見て下さい。


 脚本:米村正二  監督:石田秀範

Cast Information

千堂院 役/村杉蝉之介さん

グループ魂のバイト君でお馴染み、特撮好きでも知られる村杉蝉之介さんが今回のゲスト。仮面ライダーの初回を観ていたという村杉さんがライダーの前に敗れ去った戦闘員の恨みを晴らすべく、その名も千堂院役に挑みました。

1000回記念映画に参加し、ライダーの隙を伺う千堂。ヤミーまで作り出し、あの手この手。執拗にライダーを狙います。

しかし、やはりと言うべきか、ことごとく失敗します。不憫です。でも、それでも、決して諦めない千堂の姿に「頑張って!ライダーなんかに負けないで!」と思ったり。

歴代戦闘員の想いを一心に背負い、村杉さんの奇々怪々なダメ男演技が冴え渡る。
見るべし。


1000回記念特別ゲスト

27話では特別ゲストとして、千秋さんと森下千里さんがご出演!1000回記念に相応しい活躍ぶりを見せてくれますよ!

森下さんは龍騎、カブトに出演いただいてました。龍騎にいたっては、ほぼデビュー作。さらに当時オーディション時に石田監督がいたとか。
久しぶりな再会と思わぬ巡り合わせにかなり喜んでいました。

余談ですが、監督が結婚されたことは初耳だったよう。驚く森下さん。はにかむ監督。というヒトコマもありました。


アマゾンを観たことがあるという千秋さんはヤミーの気持ち悪さに、興味をそそられたよう。今回はヤミーと戦う勇姿を是非娘さんに見せたいということで、オンエアを娘さんと一緒にご覧になるとのこと。
最後は2000回目指して下さいと清々しい一言と、また出して下さいとご要望もいただきました。

ヤミーVS千秋&千里のバトル、お楽しみに。

1000放送までのカウントダウンはこちら↓↓↓
http://www.rider40th.jp/


レッツゴー仮面ライダー 続報



ブラック将軍 役/福本清三さん

「仮面ライダー」第80話で初登場しゲルショッカー日本支部を率いる幹部であり優秀な指揮官・ブラック将軍役は福本清三さんです。


仮面ライダーWでは第29話「悪夢なH/眠り姫のユウウツ」にご出演頂きました。
その時は時代劇の設定でしたが今回は時代劇を全く離れた役を演じて頂きました。
御歳68歳。東映京都撮影所を支えてきたと言っても過言ではない、通称「5万回斬られた男」。

今作は仮面ライダー40周年記念ということで既に発表になっている仮面ライダー1号の声を藤岡弘、さん、仮面ライダー2号の声を佐々木剛さん、仮面ライダーV3の声を宮内洋さんにお願いしておりますが、ブラック将軍を誰にしようかと金田監督と相談していたところ金田監督から「福本さんがいいよ。やってくれたら最高だよね」とお名前があがりました。
「なるほど〜。やって頂けたら本当に最高ですね」
今年は仮面ライダー40周年であり、また東映60周年。
京都と東京、場所は違えど東映に縁が深く、且つ年輪を重ねた容貌と存在感と自ら動ける福本さんは冷徹な参謀であり信念を持っていたブラック将軍にはぴったり。


今作でも「仮面ライダー」同様、策を巡らし、また再生怪人を率いて大活躍?! 
アンクが40年前に落としたセルメダルをブラック将軍が拾う事から未来(現在)が変わります。

そしてブラック将軍といえばヒルカメレオン。ヒルカメレオンのアフレコにも挑戦してもらっています。


福本さん「主役を生かすも殺すもまわり次第。そういう思いで今まで続けて仕事を続けてきて、ご褒美をもらった気分」とおっしゃっていました。

ブラック将軍の活躍に乞うご期待!!

「いでよ! 再生怪人の諸君!!」

どんな怪人がでるかもお楽しみに!











(文責・武部直美、高橋一浩、石川啓)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース