TV

警視庁捜査一課9係 season12

長年にわたって9係の係長として番組を支えていただいた渡瀬恒彦さんへ深く感謝し、心よりご冥福をお祈りいたします。

DATA
2017年4月12日水曜スタート! 毎週水曜夜9時放送
放送は終了いたしました。ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

Lastcase 殺人カーテン
2017年6月7日放送

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」

親愛なるターシャ・テューダー様
 
浅輪直樹の倫太郎と倫子の間を取り持とうする努力は涙ぐましいものがありました。当初は余計なことをしないでと直樹を殴ったりした倫子も倫太郎が登紀子の最期に立ち会えなかったのは知らされてなかった致し方のない事であったと納得し、何より直樹の必死な気持ちに徐々にほだされて行ったのです。倫太郎は倫子と直樹の交際を全く感情を表に出さないのですが快く思っていたようです。そんな倫子と直樹に次々と試練が襲います。倫太郎を大島署に行くきっかけを作った平成岩窟王・赤岩が仮出所中にパリでパテシエールの修行をしていた倫子を倫太郎が急病だと偽の情報を流し、帰国させ監禁する事件。9係の活躍で倫子は無事保護されました。念願かなってケーキ屋をオープンさせようとして直樹の兄の和樹に紹介された物件が詐欺で和樹も刺されるという事件。倫太郎を怖れる管理官の陰謀でまたしても監禁されてしまう倫子。その時、倫太郎は登紀子が惚れた大学時代の空手の力をいかんなく発揮し倫子を救出しました。倫子はパテシエールとして致命傷な味覚障害に襲われます。直樹に自ら別れを告げる倫子。二人はこの試練を二人三脚で乗り越え、味覚障害を克服した倫子はパリにパテシエールのコンクールに旅立ちます。
私の方は生け花で築いた資産のほとんどを寄付して二年前に帰国して新婚当初、お金が無かった時代に聡介と暮らした団地で余生を慎ましく暮らそうと思っていました。そこへパリのコンクールで審査委員長に倫子のドルチェには人生が足りないと言われ傷つき直樹に内緒に帰国した倫子が転がり込んできました。さらに団地で熊の着ぐるみを着た男が殺されるという事件があり、臨場した倫太郎と再会することになったのです。
この春、倫太郎は神田川警視総監のたっての希望で東京オリンピックに向けての内閣テロ対策室に警視庁代表として派遣されることになりました。残されたメンバーで見事に幾つもの事件を解決して行きました。倫子はパリ時代倫子のケーキのファンだった難病の女の子の応援に直樹に背中を押されたこともありパリに行き、もうすぐ帰国するそうです。そうすれば二人はようやく結婚にゴールインするのではないかと願ってます。
貴女様への書簡もこの辺でいったん一休して勝手ながらまた来年、色々ご報告出来ればと思っております。

2017年6月7日
早乙女静香拝

ゲスト

久宝綾芽――七瀬なつみ

正川洋平――不破万作

スタッフ

脚本 真部千晶

監督 杉村六郎

 

(文責・金丸哲也)

PAST EPISODE 過去のエピソード

INFORMATION 番組情報

CAST
加納倫太郎 …… 渡瀬恒彦

浅輪直樹 ……… 井ノ原快彦

小宮山志保 …… 羽田美智子

村瀬健吾 ……… 津田寛治

青柳靖 ………… 吹越満

矢沢英明 ……… 田口浩正

早瀬川真澄 …… 原沙知絵

石川倫子 ……… 中越典子

園田俊介 ……… 中村俊介

黛優之介 ……… 竹中直人

早乙女静香 …… 野際陽子

STAFF
【脚 本】深沢正樹、岡崎由紀子、真部千晶、瀧川晃代、徳永富彦、ハセベバクシンオー、保正和之、岩瀬晶子

【音 楽】𠮷川清之

【監 督】杉村六郎、新村良二、長谷川康、田村孝蔵、細川光信、吉田啓一郎

【ゼネラルプロデューサー】松本基弘(テレビ朝日)

【プロデューサー】神田エミィ亜希子(テレビ朝日)、金丸哲也(東映)

【制 作】テレビ朝日、東映

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • © テレビ朝日・東映