TV

警視庁捜査一課9係 season12

長年にわたって9係の係長として番組を支えていただいた渡瀬恒彦さんへ深く感謝し、心よりご冥福をお祈りいたします。

DATA
2017年4月12日水曜スタート! 毎週水曜夜9時放送
放送は終了いたしました。ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

CASE7 殺人フェイク
2017年5月24日放送

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」

親愛なるターシャ・テューダー様
 
加納倫太郎は新宿中央署に配属され順調に出世し警部となりました。倫太郎は新宿の貴金属店の強盗殺人犯の赤岩晴彦を逮捕します。赤岩はマスコミを味方につけ、自らを平成岩窟王と名乗り、冤罪よる逮捕であるとアピールしました。マスコミの矢面に立ったのが倫太郎です。登紀子の両親は登紀子と倫子を守るため、倫太郎に離婚を迫ったのです。倫太郎が黙って離婚届に判を押したことを登紀子からマンハッタンにいた私は国際電話で知りました。声は気丈に装ってましたが、電話口で登紀子が泣いていることはわかりました。倫太郎は警視庁の刑事部長の北田丈晴さんのはからいで大島署の副署長に就任しました。私は登紀子が復縁を望んでいるのはわかっていました。しかしそれは叶わなかったのです。倫太郎が大島に居る間に登紀子は癌を発症して亡くなってしまったんです。倫太郎に知らされたのは登紀子が亡くなった後でした。数年後、倫子が大学の卒業旅行でマンハッタンの私を訪ねて来ました。倫子は倫太郎のことを酷く恨んでいました。母親の最期を看取ってあげなかったのだから無理もありません。倫子は大学を卒業したらパテシエールになると言いました。まずミヤハラという東京の人気のお菓子店に勤めるのだと希望に胸を膨らませていました。倫太郎は北田さんによって警視庁に呼び戻されました。そこで捜査一課9係の係長に就任したのです。倫子とは絶縁状態でマンハッタンにいてもその事が気がかりでしたが、私の生け花はアメリカで人気を呼び、忙しくも充実したマンハッタンライフを送ってました。そんな日々の中、日課のセントラルパークをジョギングしていた時、倫子から倫太郎のことで相談があると連絡が入ったのです。

 
早乙女静香拝
 
 

To be continued CASE8  9時41分の殺意

ゲスト

北山大樹・小川優一――小林健

小川静子――小林綾子

スタッフ

脚本 岩瀬晶子
 
監督 新村良二

(文責・金丸哲也)

PAST EPISODE 過去のエピソード

INFORMATION 番組情報

CAST
加納倫太郎 …… 渡瀬恒彦

浅輪直樹 ……… 井ノ原快彦

小宮山志保 …… 羽田美智子

村瀬健吾 ……… 津田寛治

青柳靖 ………… 吹越満

矢沢英明 ……… 田口浩正

早瀬川真澄 …… 原沙知絵

石川倫子 ……… 中越典子

園田俊介 ……… 中村俊介

黛優之介 ……… 竹中直人

早乙女静香 …… 野際陽子

STAFF
【脚 本】深沢正樹、岡崎由紀子、真部千晶、瀧川晃代、徳永富彦、ハセベバクシンオー、保正和之、岩瀬晶子

【音 楽】𠮷川清之

【監 督】杉村六郎、新村良二、長谷川康、田村孝蔵、細川光信、吉田啓一郎

【ゼネラルプロデューサー】松本基弘(テレビ朝日)

【プロデューサー】神田エミィ亜希子(テレビ朝日)、金丸哲也(東映)

【制 作】テレビ朝日、東映

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • © テレビ朝日・東映