TV

警視庁捜査一課9係 season12

長年にわたって9係の係長として番組を支えていただいた渡瀬恒彦さんへ深く感謝し、心よりご冥福をお祈りいたします。

DATA
2017年4月12日水曜スタート! 毎週水曜夜9時放送
放送は終了いたしました。ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

CASE2 消えた水死体
2017年4月19日放送

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」

親愛なるターシャ・テューダー様

私と登紀子は共に日本女子大で登紀子は二つ後輩。私は大学を首席で卒業しましたが就職はしませんでした。わからないものでさして本気で取り組んで来なかった華道で新進の華道家として在学中から脚光を浴びる事になったのです。私の華道展でいつまでも作品を見てくれて人がいました。私が長野を旅した際に冠雪が残る北アルプスをバックに広がる菜の花畑に魅了され、童謡『朧月夜』と名付けた作品でした。閉館間際になって、一人になっても見続ける彼に「気に入ってもらえましたか?」と訊ねると「僕は間違っていた。技巧に走り過ぎていた。自然は美しい。ありがとう」と言うと彼は私の手を握ったのです。それが聡介との出会いでした。聡介は早稲田の文学部の学生で作家を目指し、日々小説と格闘していました。聡介は私の生け花の一のファンとなり、まだ逡巡していた私を華道家としてやっていけると力強く背中を押してくれたのです。私たちは親に内緒で同棲を始め、聡介の書いた小説がある新人賞を取りました。タイトルは『朧月夜』でした。
一方、登紀子と言えば大学に入るとお稽古事は適当になり、テニスサークルに入り早大生にモテモテのキャンパスライフを謳歌していたのです。成績も下位の方で心配した登紀子の母親から私に相談がありました。しかたなく私は登紀子に注意すると、小中高と親の言われるままお稽古に文句も言わず通ったんだから大学くらい楽しませてよと明るく言うのです。静香姉さんこそ文系男子と付き合ってないで体育会系の男も知ったら、この間、早慶戦の空手大会を観に行ったら鳥肌が立った、慶応の人、立ち会った瞬間、早稲田の人の眼力に圧倒されてお尻を抑えて退場したの、本当に強い男はああいう人のことを言うんだわと登紀子は続けました。その早大生こそ加納倫太郎のことでした。私はこの後すぐに思わぬ形で加納倫太郎と出会うことになります。

早乙女静香拝

To be continued CASE3 殺人ピアノ曲




CASE2

ゲスト

来栖杏子――筒井真理子
来栖康利――上杉祥三
下田栞――平澤草

スタッフ

脚本:深沢正樹
監督:杉村六郎


(文責・金丸哲也)

PAST EPISODE 過去のエピソード

INFORMATION 番組情報

CAST
加納倫太郎 …… 渡瀬恒彦

浅輪直樹 ……… 井ノ原快彦

小宮山志保 …… 羽田美智子

村瀬健吾 ……… 津田寛治

青柳靖 ………… 吹越満

矢沢英明 ……… 田口浩正

早瀬川真澄 …… 原沙知絵

石川倫子 ……… 中越典子

園田俊介 ……… 中村俊介

黛優之介 ……… 竹中直人

早乙女静香 …… 野際陽子

STAFF
【脚 本】深沢正樹、岡崎由紀子、真部千晶、瀧川晃代、徳永富彦、ハセベバクシンオー、保正和之、岩瀬晶子

【音 楽】𠮷川清之

【監 督】杉村六郎、新村良二、長谷川康、田村孝蔵、細川光信、吉田啓一郎

【ゼネラルプロデューサー】松本基弘(テレビ朝日)

【プロデューサー】神田エミィ亜希子(テレビ朝日)、金丸哲也(東映)

【制 作】テレビ朝日、東映

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • © テレビ朝日・東映