TV

警視庁捜査一課9係 season11

DATA
テレビ朝日系 毎週水曜よる9時放送
放送は終了いたしました。ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

CASEⅡ 殺人整体
2016年4月13日放送

悩める刑事S&M

村瀬「小宮山君、あの係長の亡くなった奥さんの従姉の早乙女静香さん、只者じゃないな」
志保「確かに係長のあんな狼狽した顔初めて見たわ」
村瀬「私が調べたところニューヨークでかなり有名な華道家だったらしい」
志保「そういうの調べるの好きね」
村瀬「小宮山君、係長があそこまで恐れる人物だ。調べておいて損はないだろう」
志保「はいはい」
村瀬「(手帳を見ながら)係長の亡くなった奥さん、石川登紀子さんとは三才違いで幼い時から一緒に華道などお稽古事を習った仲で本当に仲が良かったらしい」
志保「よくそんな事調べたわね」
村瀬「実は今回の年商百億のジュエリー・ハマナカの社長殺害事件は警察庁でも話題になったらしく、女性初の警察庁長官と目される神宮司桃子官房参事官から内々に私に探りが入ったんだ」
志保「神宮司桃子?」
村瀬「小宮山君が銀座のママと勘違いした人だ」*シーズン2
志保「ああ、係長が警視庁研修で面倒をみた人ね。そんな人がどうして村瀬さんに?」
村瀬「小宮山君には聞きにくかったのだろう」
志保「どういう意味?」
村瀬「失敬。神宮司さんがなぜか早乙女静香さんのことを知っていた。私財を寄付してあの団地で自治会長として清貧な生活を送っているのも、駆け落ち同然で結婚した売れない作家と最初に暮らしたのがあの団地だったんだそうだ」
志保「あなたって本当にどうでもいいこと知ってるわね」
村瀬「神宮司さんから聞いた。その夫とは死別して子供はない。神宮寺さんが、私の情報のお礼に三ツ星のル・ブシュロンに招待してくれたんだが、小宮山君、一緒にどうだ?」
志保「遠慮しとく。今日は早瀬川先生とデート」
村瀬「なに、女同士でデート?」
志保「そうヨガデート」
村瀬「ヨガ?小宮山君、さてはアンチエイジングか?」
志保「うるさい、そんなわけでル・ブシュロンはまた今度ね」

       9係を出ていく志保。

村瀬「三ツ星だぞ……」

To be continued CASE3 カラフルな殺人


■ゲスト

荒木田律子――白石美帆
 
荒木田裕之――川岡大次郎
 
音川美波――渋谷飛鳥


■スタッフ

脚本 瀧川晃代
 
監督 新村良二

PAST EPISODE 過去のエピソード

Last case「殺人メッセージ」
2016年6月15日放送
監督:杉村六郎 脚本:深沢正樹
CASEⅩ「追憶の殺人」
2016年6月8日放送
監督:細川光信 脚本:徳永富彦
CASEⅨ「コスプレ殺人」
2016年6月1日放送
監督:田村孝蔵 脚本:岡崎由紀子
CASEⅧ「3つの大追跡」
2016年5月25日放送
監督:田村孝蔵 脚本:徳永富彦

INFORMATION 番組情報

CAST
加納倫太郎 …… 渡瀬恒彦

浅輪直樹 ……… 井ノ原快彦

小宮山志保 …… 羽田美智子

村瀬健吾 ……… 津田寛治

青柳靖 ………… 吹越満

矢沢英明 ……… 田口浩正

早瀬川真澄 …… 原沙知絵

石川倫子 ……… 中越典子

STAFF 【脚 本】深沢正樹、岡崎由紀子、真部千晶、瀧川晃代、徳永富彦、ハセベバクシンオー、保正和之、大川俊道

【音 楽】𠮷川清之

【監 督】杉村六郎、新村良二、長谷川康、田村孝蔵、細川光信、吉田啓一郎

【ゼネラルプロデューサー】松本基弘(テレビ朝日)

【プロデューサー】峰島あゆみ(テレビ朝日)、金丸哲也(東映)

【制 作】テレビ朝日、東映
LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©テレビ朝日・東映