TV

『科捜研の女』season17
2017年10月19日より毎週木曜よる8時放送開始!
2017年10月15日(日)よる9時から2時間スペシャル放送!

DATA
2017.10.11

2017年10月19日(木)よる8時より、『科捜研の女』新シーズンがスタートいたします。また、2017年10月15日(日)よる9時からは2時間スペシャル放送が決定いたしました!

科捜研の女season17 東映HP

■「科捜研の女」に新たな風!今、大注目の若手実力派俳優、中川大志が出演!

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く、『科捜研の女』。“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーに、「衝撃的なマリコのワンカット」など数々のみどころを加え、この秋第17シーズンがスタートします。
そんな「科捜研の女 season17」第一話に、今、各方面で注目される若手実力派俳優、中川大志が演じる新キャラクターが登場! 「科捜研の女」に新しい風を吹き込みます!


■鑑定人としての実力は呂太以上!? 合理的な江藤と科捜研メンバーが対立か?

科捜研の若手メンバーといえば、2017年正月スペシャルから登場した、渡部秀演じる物理研究員・橋口呂太。天真爛漫で“かわいい弟分”的な存在である呂太ですが、今回中川が演じる民間の科学鑑定所の研究員・江藤壱(はじめ)は、年齢こそ近いのですが呂太とは対照的なキャラクターとして登場します。鑑定人としての実力は呂太よりも優秀、その実力にマリコをはじめとする科捜研のメンバーも一目置くことになります。ただ、若いがゆえに合理的な考え方の持ち主で、職人気質で真実を発見するためには徹夜も辞さない科捜研のメンバーとは相いれない存在です。クールな性格で、時に非合理的なマリコたちの鑑定の進め方を批判することも。
演じる中川は、映画『きょうのキラ君』、『Re LIFE リライフ』主演で注目を集めるなど若手実力派俳優。そんな中川が民間の科学鑑定人・江藤となり「科捜研」に“協力”しながら事件を解決していくのですが…。はたしてどんなドラマが展開されるのか?
「科捜研の女」17シーズンで迎える新たな“変化”にご注目ください。


■2時間SPが放送決定!土門の妹・美貴役の加藤貴子が久々の出演! そして、土門にシリーズ最大のピンチが訪れて…!?

10月にスタートする第17シーズンのレギュラー放送を前に、10月15日(日)よる9時から2時間スペシャルの放送が決定しました!

ある女性に暴行、重傷を負わせたことで勾留されていた男が、父親の葬儀のため勾留執行停止となりますが、その間に逃亡。マリコ(沢口靖子)らは防犯カメラの映像を駆使するなど、男の行方を追う土門(内藤剛志)らをサポートします。しかし、男には土門の妹でカウンセラーの美貴(加藤貴子)のカウンセリングを受けた過去があることがわかりました。京都にやってきた美貴も捜索に参加、やがて事件は意外な展開を見せ、土門に絶体絶命のピンチが訪れます。土門はどうなるのか?はたしてマリコら科捜研メンバーは危機を乗り切り、事件を解決することができるのか?
加藤貴子は、土門刑事の妹・美貴役として、第5シーズンの第1話から第10シーズンの第1話までレギュラーとして出演!今回は京都府警を離れ、カウンセラーとなって久々に「科捜研の女」に帰ってきます。さらにドローンなど“科捜研兵器”も多数登場!そして土門刑事の身に降りかかるシリーズ最大の危機…、迫真の追跡劇などサスペンスフルに展開する「科捜研の女2時間スペシャル」にもご期待ください。




今年もやります!

東映プロデューサーによる「あらすじ・みどころ・こぼればなし」!

こちらからご覧ください→http://www.toei.co.jp/tv/kasouken17/index.html
(season16版はこちら→http://www.toei.co.jp/tv/kasouken16/story/index.html

ページ上部へ