TV

≪歴史の謎×ドラマ×実況≫『古舘トーキングヒストリー~忠臣蔵、吉良邸討ち入り完全実況~』12月10日(土)放送

DATA
2016.11.25

『古舘トーキングヒストリー~忠臣蔵、吉良邸討ち入り完全実況~』を、12月10日(土)よる8時50分よりテレビ朝日系にて放送いたします。

テレビ朝日公式HP

『忠臣蔵』×『古舘節』吉良邸討ち入り現場潜入!

古舘伊知郎が完全実況!!

新撮ドラマに緒形直人ら豪華キャスト登場!

人気フリーアナウンサーの古舘伊知郎が、今に伝わる『忠臣蔵』の事実を徹底検証!

歴史の1ページに新たな視点で古舘が実況を加えながら、討ち入りの瞬間を豪華キャストによる本格的なドラマで甦らせる、いまだかつてない番組がこの冬、誕生します!


  ■古舘伊知郎が≪歴史の謎×ドラマ×実況≫という全く新しい枠組みで、バラエティー番組の新境地に挑みます!!
 日本人にはおなじみの年末の風物詩、赤穂浪士の討ち入りを描いた『忠臣蔵』。大石内蔵助率いる四十七士が主君の仇を討った歴史的事件は、300年以上が経過した平成の今でも日本人の心を魅了し続けています。
 しかし、私たちが抱く討ち入りのイメージは、後年の演劇化により作られたものも少なくありません。はたして、47人もの武装した男たちはどのようにして誰にも知られることなく吉良邸までたどり着いたのか? 100人以上いたという吉良家臣を47人でどのように制圧したのか? サッカー場ほどもある広大な吉良邸で、限られた時間の中どのように吉良の居所を突き止めたのか? など、立ち止まって考えるとさまざまな疑問が浮かんできます。
 そこで、『古舘トーキングヒストリー~忠臣蔵、吉良邸討ち入り完全実況~』では、そんな疑問の解明に古舘の実況中継という斬新な手法で挑戦! 事件直前の江戸に潜入した古舘が、吉良邸討ち入りの裏側に舌鋒鋭く斬り込み、知られざる真実を明らかにしていきます!
 今回の特番に先立ち、古舘は、第29回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)で開催された特別上映イベント『歌舞伎座スペシャルナイト』(10月27日)に、“現代版弁士”として登場。プロレスやF1中継で培った鋭敏な語彙センスとボルテージの高さが魅力の“古舘節”を、後に赤穂浪士となった中山安兵衛(忠臣蔵では堀部安兵衛)の逸話を描いたサイレント映画『血煙高田の馬場』(1928年)で披露し、誰にも真似できない新境地の開拓に成功しています。
 そんな古舘が、今回の特番では実況のみならず、現場レポート、司会・進行といった話し手の役割を一手に担当。一人何役もの活躍で、『歴史の謎×ドラマ×実況=未知のバラエティー番組』という新しい方程式に挑みます!

  [古舘伊知郎 コメント]
●今回の企画について

最初は全然想像がつかなくて、名うての役者さんの中に時空を歪めて僕が入り込んだら、「うるさいだろうな~申し訳ないな~」という不安がありました。ただ、未知の分野だから「面白いかな」という好奇心があったのも正直なところ。実際の現場ではやっぱり、「うるさいだろうな~僕が役者だったら嫌だな(笑)」と思いながら、手さぐりでやっています。この番組は前例がないもの。リスクを背負ってでもやっていかないとと思います。未知の分野をやるという部分で、とてもワクワクしています。

●番組にキャッチフレーズをつけるとしたら?

それが分からない…。ひとつ言えることは、事実はこうだったんじゃないか? の実況。忠臣蔵とは言いますが、はたして忠義心だけで討ち入りをしたのかというと、そうではない複合要因があったような気がしています。忠臣蔵は、調べていくといろんな説に行き当たる。そこにスタジオ部分も含めて触れていって、一方向からの美談だったのかというところを探りたいと思います。

●ドラマ実況の難しさは?

討ち入りに向け浪士たちが三々五々、闇夜の中やってくるシーンを、小さな堀の反対側から実況したんですが、橋のたもとに緒形さん扮する町人風情の大石がパッと立った姿が、スッとして尋常じゃないオーラを放っていて、「これは闇夜に目立つぞ!」と実況してNGになりました(笑)。ひっそりと大石がやってきているのに、私が大騒ぎしてものすごく目立たせてしまうという…(笑)。基本的に実況は後手になるのですが、今回は先行しなきゃいけなかったり、シーンに合わせなければいけなかったり、そういう不自由感が難しくて面白いです。

●屋根の上から討ち入りを眺める心境は?
気持ちいい(笑)。緊迫の極みを覗き見しているわけですから。屋根の上にちょこんと乗っかって四つん這いになっている僕の姿は、沖縄のシーサーみたいで笑っちゃいました(笑)。




  ■緒形直人、西村雅彦、笹野高史の超豪華キャストが討ち入りシーンを新撮! 熱を帯びた演技と古舘の実況で討ち入りの真実を伝える!!
 今回、古舘が時を超えた前代未聞の実況中継に挑む現場は、元禄15年(1702年)12月15日、未明の江戸。最新CGにより現れた当時の町並みや、東映京都撮影所に再現された吉良邸の豪華セットを舞台に、臨場感あふれる討ち入りの模様をつぶさに伝えていきます。
 「史実の実況」という新たな試みに際し、今回は吉良邸討ち入りの場面を贅沢にもドラマとして新撮。その中に、時空を飛び越え現代のスーツ姿で降り立った古舘は、討ち入り決行の瞬間を、大胆にもうっすらと雪の積もる吉良邸の屋根上で待ち受けます。そこに、やってくる赤穂の志士たち。その姿をよく見ると…
 なんと、四十七士の先頭に立つのは緒形直人演じる大石内蔵助! 率いる志士の中には、笹野高史演じる原惣右衛門の姿もあります。そして、彼らが狙う吉良上野介には西村雅彦が扮するという豪華布陣で、これまでにない『忠臣蔵』の細部を描き出していきます。
 20年前に連続ドラマで浅野内匠頭を演じている緒形は、「あの時の無念を晴らす(笑)」と、大石役への意気込みを語るとともに、当時、吉良を演じたのが先日亡くなった名優の平幹二朗だったことから、「記憶の中の平さんに向かっていくつもりで演技ができた」と打ち明けました。
 また、笹野は「芝居を脇で流暢に説明してもらうと気持ちがいい(笑)。えも言われぬ恍惚感!」と、古舘との新しい共演の形を堪能。
 西村は、「違った視点からみた『忠臣蔵』と、今回の思い切った企画に参加できて幸せに思います」とコメントしました。
 それぞれ思いを秘めた俳優たちが、しんしんと冷える師走の午前3時過ぎ行われた世紀の仇討を熱演! そんな彼らの息遣いを、古舘がまさにリングサイドから、完全実況! また、討ち入り場面がこれまでどのように描かれてきたのかが分かる、過去のドラマ映像も随時挿入。さらにスタジオでは古舘を司会として、識者やゲストとの楽しい忠臣蔵トークが交わされるなど、魅力的な要素を何層にも重ね合わせ、いままで見たことのないバラエティー番組を創造します。どうぞ、ご期待ください!

  [緒形直人 コメント]
 今回は歴史バラエティーということですが、僕はあくまでもドラマとして『忠臣蔵』の討ち入りのシーンをきちんと仕上げたいと思っています。大石を演じる上では、意地とか男の忠義を大事にしていますね。以前、内匠頭をやったことがあり、いずれは大石をやりたいという思いがあったので、今回はあの時の無念を晴らす気持ち(笑)。また、その時は吉良を名優の平幹二朗さんがやられていたので、見えない敵に向かって邸内を進むときは、記憶の中の平さんに向かっていくつもりで演技ができたのは良かったかなと思います。
 古舘さんはしゃべりの天才!「大石の入場であります!」ってやられると、本当にあおられちゃって(笑)。ニヤニヤしちゃって平常心でいるのが大変なので、あまり聞かないようにしています(笑)。


スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】樋口圭介
【プロデューサー】菅原 悠平
【演 出】木津 優
【制 作】テレビ朝日、東映
【出 演】古舘伊知郎/緒形直人、西村雅彦、笹野高史 ほか

ドラマパート
【プロデューサー】川島誠史(テレビ朝日)、塚田英明(東映)
【脚 本】中村由加里
【音 楽】川井憲次
【監 督】中川裕介


ページ上部へ