TV

沢尻エリカ主演で11年ぶりに復活『大奥』第一部1月22日(金)、第二部1月29日(金)二週連続放送!

DATA
2015.12.28

『大奥』第一部「最凶の女」を2016年1月22日(金)午後9時から、第二部「悲劇の姉妹」を1月29日(金)午後9から、フジテレビ系にて二週連続で放送致します。

フジテレビ公式サイト

大奥スリーアミーゴス

御右筆・葛岡の部屋に駆け込んでくる吉野と浦尾。

吉野「葛岡様、たいへんです!!」

葛岡「何ですか?バタバタとはしたない」

浦尾「これが落ち着いて話せますか!あっ(葛岡の「大奥日記」の脇に置かれている串団子が目に入る)いただきます」

葛岡「これ、私が食べようと取っておいた最後の一串を」

浦尾「(パクッと)美味でございます!」

吉野「もう本題!なんとあの『大奥』が11年ぶりに復活するんです!!」

葛岡「もちろん聞いてますよ。私のこの日記が元になってるんですから」

吉野「ええ!?葛岡様、とうとう作家デビューですか?」

葛岡「御右筆です」

浦尾「いつの時代の大奥ですか?」

葛岡「この日記が元だから、今に決まってます」

吉野「今って、葛岡様は春日局様の時代から幕末の滝山様の時代までいらっしゃったから」

葛岡「人を三百年も生きている年寄扱いするでない!」

浦尾「で、今はどんな時代ですか?」

葛岡「そなたらは、自分の生きている時代もわかってないのですか?文化文政、十一代将軍徳川家斉様の御代にございます」

浦尾「文化文政、美味でいうと?」

葛岡「そなたはそればかりじゃな。この時代にはワインも飲まれていた」

浦尾「ワインって、あの赤い色の葡萄汁のような(ゴクッ)」

吉野「食べ物以外は?」

葛岡「浮世絵に葛飾北斎、戯作者に滝沢馬琴、十辺舎一九が現れて、将軍家から下々まで徳川十五代の中でも、もっとも華やか、爛熟の御代じゃ」

吉野「その時代の大奥の主役というと?」

葛岡「もちろん、お美代の方様じゃ。家斉様のご寵愛を一心に浴び、大奥史上、最強最大の御側室が第一部の主役じゃ」

浦尾「第一部というと二部があるのですか?」

葛岡「その通り、お美代の方様が大奥に入る前に家斉様に愛された美しき悲劇の姉妹の話が第二部じゃ」

吉野「それじゃ二週連続で、『大奥』をやるってこと?」

葛岡「そう、それもこの葛岡の語りで」

浦尾「二週連続で美味を味わえるんだ!」

吉野「楽しみね!」

浦尾「二週連続、美味でございます!!」

葛岡「葛岡の語りも」

キャスト

第一部  最凶の女

お美代 ………… 沢尻エリカ

 ○

徳川家斉 ……… 成宮寛貴

 ○

中野清茂 ……… 板尾創路

 ○

寔(ただ)子 …… 光浦靖子

日 啓 ………… 田中要次

脇坂安董(やすただ) ……… 浜田学

 ○

葛 岡 ………… 鷲尾真知子

吉 野 ………… 山口香緖里

浦 尾 ………… 久保田磨希

 ○

お志摩 ………… 渡辺麻友

 ○

大崎局 ………… 浅野ゆう子

 

第二部  悲劇の姉妹

 梅 …………… 沢尻エリカ

 ○

 歌 …………… 蓮佛美沙子

 ○

徳川家斉 ……… 成宮寛貴

 ○

中野清茂 ……… 板尾創路

 ○

寔(ただ)子 …… 光浦靖子

酒井忠康 ……… 温水洋一

大月兵吾 …… 渡部秀

 ○

葛 岡 ………… 鷲尾真知子

吉 野 ………… 山口香緖里

浦 尾 ………… 久保田磨希

 ○

大崎局 ………… 浅野ゆう子

 

スタッフ

【脚 本】浅野妙子

【監 督】林徹(フジテレビ)

【音 楽】石田勝範

【編成企画】保原賢一郎(フジテレビ)、羽鳥健一(フジテレビ)

【プロデューサー】林徹(フジテレビ)、金丸哲也(東映)、小柳憲子(東映)

 ©フジテレビ

ページ上部へ

  • © フジテレビ・東映