TV

土曜ワイド劇場『女たちの特捜最前線~警察食堂極秘会議』12月19日(土)放送

DATA
2015.12.15

土曜ワイド劇場『女たちの特捜最前線~警察食堂極秘会議』を、12月19日(土) よる9時よりテレビ朝日系にて放送いたします。

みどころ

高島礼子さんが初めて等身大のオバちゃんを演じ、女たちの特捜最前線で大活躍!

宮崎美子さんがウサギの着ぐるみでダメダメ交通安全指導!

中田喜子さんが颯爽とクリマス会を仕切る京都の敏腕イベントプロデューサーに!

高畑淳子さんが警察食堂で極秘会議!

噂好きでお節介、よく言えば人情味溢れる“京都府警女子会の熟女達”と敏腕刑事が織りなす、全く新しい刑事ドラマの誕生です!

 

「わたしたち警察である前にオバちゃんです!」

夫の浮気、連続殺人、事件現場の不思議な違和感に時刻表トリックと、話が二転三転し、どこに着地するか分からないオバちゃんならではの、先の読めない展開が本作最大の見どころ!

特に警察食堂で開かれる女子会捜査会議では、即興演出に挑戦し、実力派女優がアドリブで井戸端会議を繰り広げるスリリングかつユニークなシーンになっています。

 

「女ってこんな生き物なんだなと楽しんでいただけたら」

「テレビのリモコンをつま先で押すようなかわいらしさ」

と、主演の高島礼子さんも自信をのぞかせます。

また、女性たちの雑談から生まれる第六感で、人の心のラビリンスが紐とかれ、幾重にも仕掛けられたトリックが推理によって解明されていく展開は、ミステリー好きの皆さまにも自信を持ってオススメできます!

 

事件解決を誰よりも望み、誰よりも平和を愛する女たちの特捜最前線!

そんな彼女たちだからこそ辿りつける真実―――。

「捜査でハラハラドキドキ!けれど笑って泣ける新鮮な刑事ドラマをお届けしたい!」

そんな思いで作った本作品を、冬のひと夜、お楽み頂ければ幸いです。

12月19日(土)よる9時!

オバちゃんたちの活躍に乞うご期待ください!

 

あらすじ

その夜、京都の祇園は凍てつく寒さに包まれていた―――。

高級マンションの一室、閃光のような赤い殺意が走ると、ベランダから一人の女が落下した!

非常階段の欄干からブラさがるように死んだ女は、祇園の人気芸妓・菊華……。

 

遺体発見の通報を受け、臨場する京都中央署の刑事たち。

緊迫した空気が京都を包み込む―――。

そんな中、パトカーに乗り込む刑事にバナナとおにぎりを配っているオバちゃんがいる。

室町京子だ。京子は京都中央署総務課の警察官。犯人を逮捕したり、手錠をかけたりすることはないけれど、刑事たちを縁の下で支え、京都中央署の雑務全般を任されている存在だ。

 

菊華の死は死体に不審な点があることから、殺人事件として捜査が開始された。

捜査会議で刑事たちにお茶を出す京子は、菊華の写真を見て悲鳴をあげた。

実は先日、“京都を愛する一市民”と名乗る送り主から、署長の藤堂が謎の女性とキスをしている隠し撮り写真が京都中央署に送り付けられ、その謎の女性こそ菊華だったのだ!

まさか菊華とのスキャンダル発覚を恐れた署長が犯人!?

 

京都府警を揺るがしかねない疑惑をいち早くキャッチしたのは、ネガティブな性格が玉に傷の交通課・一条弥生、京都中央署の食堂のおばちゃんで元敏腕刑事の八坂美鈴だった。

京子は彼女たちと、「京都府警女子会」を結成―――京都の治安を守り、京都の女性を犯罪から守るために、さまざまイベントを企画しているのだ。

 

「動機はきっと痴情のもつれよ!」「署長、昔から手が早かったのよ、ココだけの話、実は私も…」と噂話をする女たち。そこに仲間のイベント会社社長・如月真弓も加わり、女子会はあっという間に“井戸端おしゃべり捜査会議”に早変わり!

 

だが京子に思いもよらぬ不幸がおとずれる。捜査会議のホワイトボードに張り出された容疑者リストを見て、我が目を疑った。そこに写っていたのは最愛の夫、大輔だったのだ!

大輔が犯人!?女子会メンバーの前で思わず涙をこぼす京子。

 

その後、菊華殺しの最重要容疑者が神社で殺害され、事件は世間を揺るがす連続殺人へと発展。

「おばちゃん視点」をフル回転させながら捜査をしていく京子たち女子会メンバーの前に、

予想もしない衝撃の真犯人が姿を現すのだった……。

 

キャスト

室町京子 ………… 京都中央署・総務課 ……………… 高島礼子

 ○

一条弥生 ………… 京都中央署・広報課 ……………… 宮崎美子

 ○

如月真弓 ………… イベント会社・社長 ……………… 中田喜子

 ○

宮沢志保 ………… 料理教室講師 ……………………… 藤吉久美子

下坂徳次郎 ……… 老舗呉服店店主 …………………… 大和田伸也

 ○

藤堂孝則 ………… 京都中央署・署長 ………………… 横光克彦

梅垣紀夫 ………… 京都中央署・広報課長 …………… 相島一之

松林智之 ………… 京都中央署・総務課長 …………… 飯田基祐

里中 徹 ………… 京都中央署・刑事 ………………… 増澤ノゾム

神崎佳奈 ………… 京都中央署・刑事 ………………… 近野成美

 ○

室町大輔 ………… 京子の夫 …………………………… 冨家規政

徳永幸一 ………… 菊華の隣人 ………………………… 小林正寛

杉村伶香 ………… 京都中央署・総務課員 …………… 杉浦琴乃

玉山健一 ………… 京都中央署・食堂の料理人 ……… 近江陽一郎

須山義和 ………… ジャーナリスト …………………… 川口力哉

 ○

菊華(常盤正美)…京都の芸妓 ………………………… 中原果南

徳永芳江 ………… 幸一の妻 …………………………… 北原佐和子

 ○

桐生忠義 ………… 京都中央署・刑事課長 …………… 平岳大

 ◎

八坂美鈴 ………… 京都中央署・食堂のおばさん …… 高畑淳子

 

スタッフ

【脚 本】深沢正樹

【音 楽】堀向直之・高橋哲也

【監 督】濱 龍也

【プロデューサー】 関 拓也(テレビ朝日)、島田 薫(東映)

ページ上部へ

  • ©テレビ朝日・東映