TV

土曜ワイド劇場『検事・朝日奈耀子 12』6月2日放送

DATA
2012.05.15

土曜ワイド劇場『検事・朝日奈耀子 12』を、6月2日(土)21時00分よりテレビ朝日系にて放送いたします。

テレビ朝日公式サイト

キャスト

朝日奈耀子 東京地検刑事部・検事 眞野あずさ

大山 聡  東京地検・検察事務官 内藤剛志

倉持哲也  東京地検・刑事部長  北村総一朗

宮崎礼子  小料理屋の女将    大島さと子

森野京子   国生さゆり

宮田誠司   津田寛治

新藤朝子   遊井亮子

宮田江美   中原果南

根岸裕一   本宮泰風

松村刑事   山本紀彦

今井刑事   若林哲行

新藤健二   筒井 巧

津山友子   浅川稚広

 

 

スタッフ

 

【プロデューサー】

関拓也(テレビ朝日)、島田薫(東映)

 

【脚本】

奥村俊雄

 

【監督】

津崎敏喜

 

【音楽】

大谷和夫

 

 

あらすじ

東京・五反田のサードシー建設・東京支店前。

セメント事業協会との会合に向かおうと、支店ビルを出てきたサードシー建設東京支店の支店長・宮田誠司(42)に、近づく人影がある。――ペットボトルを手にした森野京子、44歳。京子は、宮田に近づき……彼のコートに火を放った!悲鳴を上げてのたうつ宮田。そんな宮田に京子が叫ぶ。

「あんただけは許さない……死ねばいいのよ!」

京子はすぐに宮田の秘書に取り押さえられ、宮田は駆けつけた警備員に火のついたコートを脱がされた。

宮田と妻の宮田江美(39)が救急病院の廊下を来る。軽い火傷で済んだ宮田。

そこへ五反田警察署の刑事、松村と曽根が来て、聞く。

「犯人は森野京子という人物なのですが……。彼女になにか恨まれるようなことは?」

「そんなのありませんよ!……名前も聞いたことがないし、顔も初めて見たんです!」

五反田署。京子が、松村と曽根の取調べを受ける。京子は言った。

「……あいつが私を殺そうとしたの。だから私が先に殺してやろうと思ったのよ!」

検事室。耀子と大山の前に、京子が来ている。

京子は面倒臭そうに耀子を見る。

「これからあなたの被疑事実について取調べをします。ただし、あなたには黙秘権がありますので、言いたくないことは言わなくて結構です」

動機を聞く耀子に、京子は警察で言ったことをくり返した。

「私はあの男に殺されかかったのよ。……支店長だかなんだか知らないけど、偉そうに大きな家に住んで……あいつの家、私のアパートから見えるの……何日か前、私が仕事から帰ると……」

宮田の車が、背後から京子の方に寄って来た。京子はそれを避けようとしたが、転倒してしまったという。だから殺される前に、宮田と殺そうと思ったのだ……京子は言った。

その後、事件は、船と列車を使ったアリバイトリックの謎が耀子たちの前に立ち現われ、更に第2第3の事件が勃発、耀子と大山のコンビは、医学とアリバイトリック崩しに奔走していくのだった。やがて現れる意外な真犯人とは…。

 

 

みどころ

眞野あずさ主演、東京地検検事の人気ミステリーシリーズ第12弾です。

今回の舞台は愛知県蒲郡市の西浦半島。

船の航路と列車のダイヤトリックの謎に

医師免許を持つ異色の女検事・朝日奈耀子が挑みます。

西浦半島で発見された白骨遺体。

その手には指輪だけが遺されていた…。

男に対する放火殺人未遂で逮捕された女…白骨遺体はその女の妹であることが分かり…。

被害者であるはずの男が一転、容疑者として浮上してきた時、第2、第3の殺人事件が起きる。

やがて事件とは無関係と思えたある女が、事件の共犯者であることが判明していく。

大切な家族を失ったふたりの女…。

家族の絆とは何か。

夫婦の絆とは何か。

耀子とコンビを組む検察事務官・大山も、

自らの家庭と事件を照らし合わせながら、事件解決に奔走します。

検事・朝日奈耀子の活躍にご期待下さい。

 

ページ上部へ