PUBLIC

ジャパン・コンテンツ・グループ(JCG)発足!コンテンツホルダー直営型映像配信サービス「ボノボ」今秋開始!

DATA
2015.05.29

国内外を代表する邦画・洋画・音楽・アニメ・放送などのコンテンツホルダー各社が参画する一大プロジェクトとして「ジャパン・コンテンツ・グループ(JCG)」が発足し、コンテンツホルダー直営映像配信事業「ボノボ」を今秋開始することになりました。 5月29日(金)東京プリンスホテルにて行われた記者会見には、当社代表取締役グループ会長・JCG会長の岡田裕介、JCG副会長の松岡宏泰、JCG副会長の塚越隆行、株式会社NTTドコモ執行役員プロダクト部長・丸山誠治、パケットビデオ・ジャパン株式会社社長・吉田一成が登壇しました。

ジャパン・コンテンツ・グループ(JCG)公式サイト

この度発足したジャパン・コンテンツ・グループ(JCG)は、映画・音楽・アニメ・テレビ番組などのコンテンツに関わる消費者の利益と事業者の発展を目的とする任意団体です。

JCGには、日本映画製作者連盟、洋画メジャー各社、外国映画輸入配給協会、在京民放局各社などから加盟参加企業29社が集い、岡田裕介がJCG会長に就任しました。

sub.jpg

(写真左から)丸山誠治、吉田一成、岡田裕介、松岡宏泰、塚越隆行

JCGでは、活動の第一弾としてコンテンツホルダー直営型映像配信事業「ボノボ」を今秋から開始します!システム運用パートナーはパケットビデオ・ジャパン株式会社。株式会社NTTドコモのグループ会社です。

配信事業を直営型にすることで、作品規模の大小に関わらず、コンテンツホルダー側がより主体的に「どうしたら自分たちのコンテンツを観てもらえるか」を切磋琢磨し、高い品質のコンテンツを提供すべく努力していくことになります。

コメント

岡田裕介(JCG会長/当社代表取締役グループ会長)

新しいメディアへの対応を映画業界各社でまとまって一緒にやれないか、ということになり、JCGが発足しました。「ボノボ」は、「インターネットで映画を観るならここだよね」という風に、ユーザーの皆様にわかりやすく利用していただけることを目指して、今日産声を上げたばかりです。映画業界全体でインターネットを研究し、ひとつひとつの作品を最大限多くのお客様の元に届けたいと考えています。映画が軸にはありますが、新作も旧作も、あらゆるコンテンツを出していきたいと思います。

 

当日は、「ボノボ」のイメージキャラクターである「ボノタン」も初お披露目されました!

bono1.jpg bono2.jpg

ボノボはヒト科チンパンジー属で、「人間に一番近い」霊長類と言われています。そんなボノボのように、「映画に一番近い」サイトを目指すということ、そして、高い知能を持って平和的に暮らしているボノボの性質から、コンテンツホルダー各社が創意工夫によって共存・共栄していくという趣旨のもと、名づけられました。

実はこのボノタン、今はまだオスなのかメスなのかわかりません。これからどんどん進化していきます。1年後、「ボノボ」とともに進化した「ボノタン」の姿にご期待ください。

ページ上部へ

  • ©JCG