PUBLIC

東映太秦映画村で、二夜限りの夜の宴。琳派400年記念「太秦江戸酒場」が11月22日(土)、23日(日)に開催。

DATA
2014.11.05

オトナが楽しむ夜の映画村。 11月22日(土)、23日(日)の二夜、京都・東映太秦映画村にて、琳派400年記念「太秦江戸酒場」が開催されます。 琳派が生まれた江戸時代を再現した時代劇スタジオで、おでんを肴に日本酒で舌鼓を打ちつつ、京の伝統芸能や工芸をお楽しみ頂ける二夜の宴。

詳細は公式WEB SITEサイトをご覧ください!

琳派400年記念「太秦江戸酒場」詳細

日時: 11月22日(土)、23日(日)18:00~21:00

チケット: 6500円(京都の日本酒20種試飲、2フードチケット込) 

購入方法: WEBSITEでオンライン決済 or TEL申し込みで着払い

WEBSITE: http://www.toei-eigamura.com/edosakaba

■そこは琳派が生まれた江戸時代の京都

時代劇のメッカ、太秦映画村が誇るセットに息吹が吹き込まれる。

軒先に灯る提灯、町娘、若侍、行商が行きかう京都の街。

辻向こうには煌びやかな太夫道中が。耳をすませば三味線の音色が聞こえてくる。

琳派が生まれた400年前の息遣い溢れる異空間。

■京都の酒蔵20種類を存分に嗜む

町中に設えられた4斗樽を巡り、床几に腰かけながら、おでんを肴に京都の日本酒を飲み比べ。

無類の酒好きだった尾形光琳ともお酒を酌み交わせるかも。

■京都の伝統文化が遊べる

京都に連綿と息づく伝統文化。金剛流、宇高竜成氏の能舞台、絵師のだるま商店のライブペインティング、陶芸体験、表具貼り、提灯作りなど京都の伝統芸能、工芸が夜の町で楽しめる。

■世界で活躍する現代の若旦那衆も大集合

世界で活躍する京都の若旦那ユニットGO ONのメンバーと語ろう。(細尾、開化堂、中川木工芸、公長斎小菅、金網つじ、朝日焼)

金網つじの豆腐すくい作り体験。

開化堂の茶匙の名入れ実演。

細尾、公長斎小菅、中川木工芸の若旦那と語れる居酒屋など。

 

 

チケット受付用電話番号 075-351-9915 (お客様対応窓口:株式会社 のぞみ)

※祝日をのぞく月〜金 10:00〜18:00

ページ上部へ