PUBLIC

東映マイスターVol.17「ここから映画は生まれる 第三回 京都フィルムメーカーズラボ」を掲載しました。

DATA
2011.06.06

今回は、2010年12月に太秦の撮影所で行われた京都フィルムメーカーズラボの模様をレポートします。

京都フィルムメーカーズラボ。京都の東映・松竹両撮影所に、国内外から若手映画人を集めて行われる撮影実習プログラム。京都の撮影所システムの持つ職人集団(撮影・照明・美術 etc)が、いかに時代劇の傑作を生んできたかを、共同作業を通じて若い世代に伝えるに留まらず、また日本国内の若手映画作家が、海外映画祭・映画人との交流を図る後押しとして機能することを目的としています。

今回東映マイスターでは、2010年12月に行われた第三回目の製作実習の模様をレポートし、映画作家を志す国境を越えた若い世代に、撮影所が何を伝えられたのかに迫ります。

東映マイスターVol.17「ここから映画は生まれる 第三回 京都フィルムメーカーズラボ」

 

ページ上部へ