MOVIE

日本・トルコ友好125周年 映画『海難1890』議員試写会 レポート!

DATA
2015.12.22

125年前に和歌山県・串本町樫野崎沖で遭難したトルコ軍艦の乗組員を現地の人々が救助、治療をし、彼らの命を救った「エルトゥールル号海難事故」と、その95年後に戦禍のテヘランで取り残された日本人たちをトルコ機が救出した「イラン・テヘラン在留邦人救出劇」という二つの史実を題材とした日本トルコ合作映画『海難1890』が12月5日(土)より絶賛公開中です。

映画『海難1890』公式サイト

12月22日(火)、衆議院第一議員会館にて、日本の国を背負う議員の方々を集めての議員試写会を開催。本作のメガフォンをとった田中光敏監督が登壇し、本作に協力してくださった議員の方々へ感謝の気持ちと共に、本作にかける平和のメッセージを伝えました。

田中光敏監督コメント

10年前に大学の同級生でもある串本町長から手紙をもらったところからこの映画はスタートしました。そして、外務省の皆さんやトルコ政府の皆さんのご協力もあり、なにより安倍総理とエルドアン大統領の友情から、10年かかってやっと皆様に御覧いただける映画になりました。

皆さんの心に届くような映画を両国で作れたと思っております。そして、何かを感じていただけたならば皆さんのお力でさらに拡げて頂ければと思っております。

これから行くトルコでは250万人の国民が観る映画として宣伝が繰り広げられていて、公開する映画館も300館を超えると言われています。トルコに負けないくらい多くの日本の人たちに観て頂けるよう、是非ご支援の程よろしくお願い致します!今日は本当にありがとうございました。

 

また、本作は、文化交流の場として日本・トルコ両国が協力して完成した作品ということから、先日トルコ共和国で行われたG20の直前、11月13日(金)にエルトゥールル号と縁のあるユルドゥズ宮殿(トルコ・イスタンブール)で、安倍晋三 第97代日本国内閣総理大臣とレジェップ・タイイップ・エルドアン 第12代トルコ共和国大統領の2人が本作の鑑賞をするという極めて異例なプレミア上映会が行われました。

3shot.jpg

プレミア上映会での1枚

両首脳が本作を通して両国間の絆を改めて確認しつつ、世界に向け、両国が生み出したこの奇跡とも言える史実、物語を発信する貴重な場となりました。

main600.jpg

映画『海難1890』は絶賛公開中です!

関連ニュース

監督・キャストが思いを語る!初日舞台挨拶レポート

shoniti.jpg

http://www.toei.co.jp/release/movie/1206612_979.html

当時を知る沼田準一さんが大学生とディスカッション!特別試写会レポート

http://www.toei.co.jp/release/movie/1206604_979.html

ワールドプレミアレポート

http://www.toei.co.jp/release/movie/1206601_979.html

エルトゥールル号追悼式典レポート

http://www.toei.co.jp/release/movie/1206223_979.html

クランクアップ報告会見レポート

http://www.toei.co.jp/release/movie/1205905_979.html

ページ上部へ