TOEI VIDEO

Vシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』完成披露舞台挨拶レポート

DATA
2016.10.12

10月9日(日)、東京・品川インターシティホールにて、11月16日(水)にDVD&Blu-rayが発売されるVシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』の完成披露舞台挨拶が行われました。

公式サイト

主演の稲葉 友(詩島 剛/仮面ライダーマッハ)と蕨野友也(ハート/仮面ライダーハート)、そして吉井 怜(沢神りんな)、井俣太良(追田現八郎)、馬場ふみか(羽鳥美鈴/メディック)、はねゆり(西堀令子)の他、サプライズで竹内涼真(泊 進ノ介/仮面ライダードライブ)と内田理央(泊 霧子)が登壇し、会場からは大きな歓声が上がりました。

会場の熱い雰囲気に対して稲葉は「ファイナルイベントかと思った。ありがとうございます!」と応援してくれるファンに感謝し、蕨野は「ハートロイミュード、いや仮面ライダーハート役の蕨野友也です!」と、敵役から今作では主演の仮面ライダーになってファンの前に戻ることができた喜びを見せました。

竹内は「ひとっ走り付き合えよ!お久しぶりです!サプライズです!」と決め台詞とともに登場。同じくサプライズで登場した内田は「泊 霧子になりました。こんなに沢山の人が集まっていて驚きました」と劇中で結婚し苗字が変わったことをアピールし、会場からはおめでとうと温かい声援が上がりました。
短髪にイメージチェンジした吉井は「劇中では6変化しました。だから短髪でもOKかなと思った」と個性の強いキャラクターを活かし会場を沸かせ笑顔を見せました。
井俣は「皆さま、“どんより”した天気の中お集まり頂きありがとうございます。興奮しています!」と劇中の設定“どんより”を交え高ぶった気持ちを伝え挨拶。
馬場も役の決め台詞を交え「ごきげんよう。羽鳥美鈴兼、メディックの声を演じた馬場ふみかです」と挨拶しました。

初のライダーイベントを体感するはねゆりは、大きな歓声を受けて「仮面ライダー初イベントだったのですが、すごい独特なパワーを感じて、緊張から感動に変わった」とゲストならではの目線で会場の独特な空気感と自身の感動を述べました。


「Vシネマの話を聞いてどのように思いましたか?」と話を振られ、稲葉は「チェイサーもやって、マッハの小説もやったし、やるんだ、という感じでした。ただやるからには皆さまの気持ちに応えるために全力で取り組みました」と驚いた心境と撮影前の意気込みを語りました。また「マッハより、ハートというのに驚いた(笑)」と述べると、蕨野は「俺も思った(笑)」と笑顔を見せました。
また蕨野は「ハートは壮絶なラストだったのでどう演じるか迷った」と実は撮影前に不安を感じていたことを明かしました。
まさかの復活を遂げたハートに対して竹内は「(劇中で)2年たってお互い変わったと思う」と役どころの難しさを述べ、蕨野は「現場で涼真と監督と相談した」と2年の変化をどう演技に落とし込むかとても悩んだことを吐露しました。

MCから、ハートのバディとして活躍したことを振られると井俣は「チェイサー(Vシネマ第1作)でもセリフは二言だったし、まさか僕がこんなに出るとは…。TVシリーズからハートとはあまり合わないし新鮮だった」と語りました。また蕨野から「今回は裸の付き合いもした」との仰天エピソードも!撮影で泥だらけになったために井俣と一緒にサウナに行き塩を塗り合ったそうで、会場からは大きな歓声が上がりました。

ハートの中にメディックとブレンが宿るという設定の本作、馬場は自身が演じてきたメディックとして演技をした蕨野に対して、「まさか私が蕨野さんに声をあてるとは思わなかった。でもメディックっぽい動きで可愛かった」と述べ、蕨野が恥ずかしそうな表情を見せる場面も。そんな蕨野は、松島が演じていたブレンを演じることとなり、役作りに関して「どんな人だったっけ?と思い、前日に松島家に行った」と入念な役作りを行ったと話し、会場を沸かせました。

稲葉は、泊進ノ介と結婚した姉・霧子に関して「貴重な授乳シーンがあった(笑)」と母になった姉の特徴的なシーンを上げ会場を盛り上げました。それに対し内田は「どうやって授乳するんだろう?と思っていた」と出演陣を笑わせ、不意に「パットが入っているんです!」と貴重な裏話を披露。会場は笑いの渦に包まれました。
また竹内が撮影中の事故で稲葉と唇が触れ合ったことに関しては「嫌な気持ちではなかったよね?」と述べ、会場をさらに笑わせました。

はねゆりは久しぶりの仮面ライダーへの出演に「台本をもらうまで剛とこんな感じになると思わなかった」とTVシリーズから発展する2人の関係に驚いたと同時に、「この役をまた演じられて良かった!」と帰ってこられたことへの嬉しさを滲ませました。
現八とりんなの関係も進展する本作について吉井が「また何かあるかも?」と煽ると、井俣は「幸せにする!」と役柄のまま応え、会場の笑いを誘いました。

最後の主演2人からの挨拶では、蕨野が「本日はお越しくださいましてありがとうございます。仮面ライダードライブという作品が愛されているんだなと思った」と述べ、稲葉は「沢山の人が来て、思いを伝えてくれて泣きそうになった。愛情が嬉しくてたまらない」と感極まった様子で会場を埋め尽くすファンに感謝を述べ、イベントを締めくくりました。


『ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』は、11月16日(水)にDVD&Blu-rayが発売されます!
特設ページはこちら!
http://www.drive-saga.com/

ページ上部へ