東映ホーム > アニメ > リリース一覧 > 東映アニメ初のオリジナルロボットアニメ『ガイキング』を、ハリウッド実写映画化

アニメ

東映アニメ初のオリジナルロボットアニメ『ガイキング』を、ハリウッド実写映画化

2012年12月21日

この度、東映アニメーション株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役社長:高木 勝裕、以下「東映アニメ」)と、オールニッポン・エンタテインメントワークス(本社:東京都港区、代表取締役CEO:サンフォード・R・クライマン、以下「ANEW」)は、ゲイル・アン・ハード率いるヴァルハラ・エンタテインメント(「ウォーキング・デッド」)と共同で、東映アニメの代表作の一つ「ガイキング」のハリウッド実写映画化の企画開発を決定しました。本件は、東映アニメの米国戦略強化につながるとともに、ANEWにとって設立以降初の企画開発案件となります。

「ガイキング」は、スーパーロボット・ガイキングのパイロットとしてスカウトされた、ある青年の物語です。エイリアンの地球侵略の脅威に襲われた時、巨大ロボットを操縦するための能力を持つ唯一の存在となる彼は、副操縦士達とともに、人類を救うため、地球外から迫り来る侵略者たちと戦っていきます。

ゲイル・アン・ハードは、「『ガイキング』に携われることを非常に嬉しく思います。これは、日本屈指のコンテンツを世界中の観客に披露できる、とても大きな一歩になります。」とのメッセージを寄せています。

ゲイル・アン・ハードは、近年大ヒットしているTVドラマ「ウォーキング・デッド」のエグゼクティブプロデューサーであり、過去には、「ターミネーター1&2」、「アルマゲドン」、「エイリアン2」など、世界的大ヒットを起こした作品を数多くプロデュースしています。

日本最大手のアニメーション製作会社である東映アニメは「ガイキング」の権利保持者であり、ヴァルハラ・エンタテインメントと共同プロデューサーとして本作品に関わります。

東映アニメーション・プロデューサーの池澤良幸は、「ガイキングは、長年にわたってグローバルに最も愛されてきたロボットアニメシリーズです。我々は、ヴァルハラ・エンタテインメントとANEWとパートナーシップのもと、本作品の実写映画を世界中の観客に届けられることを楽しみにしています。また本作品が数多くの東映アニメの作品の実写化の第一作目になることを祈っています。」とメッセージを寄せています。

ANEWは、日本の魅力あるストーリー/コンテンツを素材とし、ハリウッドスタジオや世界的な映画会社と協力して、世界配給映像作品を企画開発し、海外市場から本格的な収益を獲得することを目的として設立された会社です。東映アニメはANEWのパートナー企業としてANEW初の共同企画開発を行います。

ANEW初の企画開発作品公表にあたって、CEOのサンフォード・クライマンは、「弊社は、最高の日本のストーリー/コンテンツを、世界でも名だたるプロデューサーとパートナーシップを組み、世界中の観客に届けることをミッションとしています。東映アニメとヴァルハラ・エンタテインメントと協業し、このような著名な作品をハリウッド映画化することを非常に光栄に思います。」とメッセージを寄せています。

本共同開発においては、ゲイル・アン・ハードが本プロジェクトのチーフ・プロデューサーを、東映アニメの池澤良幸と、ジョセフ・チョウがプロデューサーを務め、ANEWのサンディ・クライマン、東映アニメの森下孝三と、ティム・クォックがエグゼクティブ・プロデューサーを務めます。ヴァルハラ・エンタテインメントの企画開発部長クリス・ヘニグマンは、ANEWのクリエイティブ部門のヴァイス・プレジデント、アンマリー・ベイリーと協業の上、本企画開発の監修をいたします。

東映アニメーション株式会社

1956年の創立以来、「ドラゴンボール」や「美少女戦士セーラームーン」、「ワンピース」など時代を代表する数々の名作、ヒット作を作り続けてきた日本最大手のアニメーション製作会社。これまでに製作した作品数は、映画・テレビなどあわせて500作品以上、総話数にして計1万1千話を超える。2000年にJASDAQに上場。

 

株式会社 All Nippon Entertainment Works

日本のコンテンツの保有者と協業し、映画、小説、玩具、アニメ、漫画などの魅力あるコンテンツを素材としながら、ハリウッドスタジオや世界的な映画会社と協業して、グローバル市場をターゲットとしたエンタテインメント作品を企画開発することを目的として設立された会社であり、サンフォード・R・クライマンがCEOを務める。現在、約20社のパートナー企業と、企画開発を共同で推進している。官民が出資する株式会社産業革新機構の100%の出資(約60億円の出資を決定)によって、2011年10月に設立。

 

ヴァルハラ・エンタテインメント(Valhalla Entertainment)

ゲイル・アン・ハードがCEOを務める。同社によるユニバーサル・ケーブル・プロダクションズ製作番組「ホライゾン」のパイロット版がUSAネットワークで放送されることが先日発表された。その他、同社のライナップ作品はディスカバリー・チャンネル「THUNDER ROAD」、ザ・ヒストリー・チャンネル「RECONSTRUCTION」、USAネットワーク「JANE WAYNE」、NBC「11th COMMANDMENT」、そしてAMC「AREA 51」である。劇場長編映画作品については、来るサンダンス映画祭でプレミア公開される「VERY GOOD GIRLS」でハードはエグゼクティブ・プロデューサーを務め、更にスリラーアクション映画「THE NAMELESS」でルートワンと共に製作に動いている。

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース