MOVIE

疾風ロンド

DATA
公開終了

主演・阿部 寛×原作・東野圭吾×監督・吉田照幸!人質は全日本国民!頼みの綱は頼りない中年男!?

イントロダクション

■稀代のベストセラー作家・東野圭吾の100万部突破の大人気小説が待望の映画化!!
本作の原作は、多くのベストセラー小説を世に送り出すとともに第134回直木賞を始めとする数多くの賞を受賞するなど、日本を代表する人気作家の1人である東野圭吾の大人気小説「疾風ロンド」。2013年11月に「より多くの人たちに読んでもらいたい」という想いから、同氏、17年ぶりの文庫描き下ろしとして出版(実業之日本社文庫)され、その願いが届いて100万部を超える売り上げを記録、各ランキングを席巻する大ヒットとなった人気小説であり、多くのファンが映画化を待望していた作品です。

■稀代の名優・阿部 寛が演じる本作の主人公は“何だかちょっと頼りなく、とにかくツイてない”研究員!?
本作の主演を務めるのは俳優・阿部 寛。映画『テルマエ・ロマエ』(12年)で第36回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、昨今も平均視聴率18.6%を記録した人気ドラマ「下町ロケット」(15年TBS)に主演するなど、数々の大ヒット作に出演。他に類を見ない抜群の演技力で様々なキャラクターを演じ分け、稀代の名優として存在感をみせています。また、阿部は同じく東野圭吾原作である「新参者」(10年~TBS)、さらに『麒麟の翼~劇場版・新参者~』(11年)で、主人公の刑事・加賀恭一郎を熱演しています。
そんな阿部が今回挑戦するのは、大学の医科学研究所に勤めるも、仕事はいま一つ、さらに家庭でも思春期の息子とのギクシャクした関係に悩む研究員・栗林和幸。そんな彼はなぜか超危険生物兵器の行方を、僅かな手がかりで探し出さなければならないという使命を背負わされてしまいます。これまでの阿部が演じてきたキャラクターとは一味違う“何だかちょっと頼りなく、とにかくツイテない”男を魅力たっぷりに熱演しています!

■稀代の演出力!「サラリーマンNEO」「あまちゃん」を手がけた吉田照幸監督が見事に映画に昇華!
本作のメガホンを取るのは、吉田照幸監督。NHKで放送され、それまでの同局のイメージを覆し話題となった「サラリーマンNEO」(04年~NHK)や、「じぇ!じぇ!じぇ!」という言葉と共に日本中をブームに巻き込み、異例の高視聴率を記録したNHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13年)の演出を担当。登場人物たちの高いキャラクター性の構築や、どこかシュールであるがクスりとさせるようなセンスフルな笑い、そしてそれらを異質なものに見せない高い演出力に高い評価を得ています。
本作でも、その卓越したセンス、演出力を十二分に発揮。息をもつかせぬサスペンスの中に、コミカルなエッセンスを吹き込み、誰しもが楽しめる映画として昇華。観客をその世界観へ引き込みます!

ストーリー

大学の研究所施設から、違法生物兵器「K-55」が盗まれた。
研究所所長の下に届く犯人からの脅迫メール。
「人質は全国民。身代金の3億円を用意しろ」
警察には頼めない…しかも残された時間は4日間…。
そんな窮地に白羽の矢がたったのは、何故だか、しがない主任研究員。
秘密裏に生物兵器を捜す命を受けるも、全く手掛かりがない…。
そんな中、一本の電話が。

≪犯人死亡!!≫

まさかの事態に呆然とする一方で、刻々と迫りくる大惨事へのタイムリミット。
生物兵器の行方も完全に不明になったと途方に暮れていたその時、犯人の遺品から僅かな手がかりを掴むのだった。
そこから浮かび上がったヒントは“日本最大級のスキー場”…。
スキー初心者、何だかちょっと頼りない中年男・栗林和幸が今、日本の未来を担う!?

キャスト・スタッフ

【出演】
 阿部 寛
 大倉忠義 大島優子
 ムロツヨシ 堀内敬子 戸次重幸 濱田龍臣 志尊 淳 野間口 徹 麻生祐未 生瀬勝久
 望月 歩 前田旺志郎 久保田紗友 鼓太郎 堀部圭亮 中村靖日 田中要次 菅原大吉 でんでん
 柄本 明
【原作】
 「疾風ロンド」 東野圭吾(実業之日本社)
【監督】
 吉田照幸
【脚本】
 ハセベバクシンオー 吉田照幸

NEWS ニュース

NEWS ニュース

ページ上部へ

  • ©2016「疾風ロンド」製作委員会