MOVIE

日本で一番悪い奴ら

DATA
公開終了

“凶悪”の次は“日悪”―
映画『凶悪』で映画賞を総ナメにした白石和彌監督、待望のメジャー第二弾!
綾野 剛が日本一の悪を演じる!

イントロダクション


【日本一忙しい俳優・綾野 剛が、日本一の悪を演じる!】
主演は、2015年だけで出演作品が5本公開され、2016年度もすでに5本の公開を予定し、現在も主演ドラマが放送中という、いまや出演オファーが絶えることがない日本一忙しい俳優・綾野 剛。
昨年2014年には、毎日映画コンクール、キネマ旬報ベスト・テン、ヨコハマ映画祭、高崎映画祭などさまざまな映画賞で賞を受賞し、俳優としての新たな境地に立った綾野 剛が、“日本警察史上、最大の不祥事”と言われる「稲葉事件」で“黒い警部”と異名を残す実在の男をモデルにした北海道警察の警部を演じ、逮捕されるまでの26年間が描かれます。
綾野は、脚本の圧倒的な内容と白石監督の最新作ということから「何を犠牲にしても出演するべき作品」と出演オファーからわずか3日で出演を快諾。持ち込まれた脚本に惚れ込み、俳優として最高の侠気をみせています。綾野は役作りのためクランクインからアップまで体重を10キロ増減させた上、激しい柔道練習にも毎日のように取り組み、撮影に挑みました。

【“凶悪”の次は “日悪”―】
監督メジャーデビュー作となる山田孝之主演の映画『凶悪』(2013年公開)が、国内の各映画賞を総ナメにして以来、さまざまな映画企画が持ち込まれている白石和彌監督。北海道出身の白石監督は、2002年に北海道で実際に起こった“日本警察史上、最大の不祥事”と言われる「稲葉事件」をモチーフにした映画化の構想をあたためていました。
今作は、「この映画を撮らずに、次のステージには進めない」と白石監督が覚悟を決め、映画『凶悪』のプロデューサーチームと再びタッグを組んで挑む意欲作です。綾野 剛演じる警部と、“S”(スパイ)と呼ばれるチンピラなどの捜査協力者たちとのバディムービーの要素も加わり、マーティン・スコセッシ監督の映画『グッドフェローズ』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、深作欣二監督の映画『県警対組織暴力』を越える新たなクライム・エンターテイメント作品として、世界で勝負できる作品を目指します。
白石監督と綾野は初タッグとなりますが、現場でも阿吽の呼吸。白石監督は、正義だと信じて疑わずどんどん悪に染まっていくというクレイジー過ぎる役柄を振り切って演じきった綾野の役者魂を大絶賛。

「稲葉事件」とは?
2002年7月、北海道警察の生活安全特別捜査隊班長である稲葉圭昭警部が、覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で逮捕、有罪判決を受けた。公判において、単純な犯罪ではなく、北海道警察による「やらせ捜査」や「銃刀法違反偽証」などの不祥事が明るみに出るとともに、北海道警裏金事件が2003年に発覚するきっかけともなった。日本警察史上、最大の不祥事が明るみになった事件である。

撮影は今年6月初旬~7月上旬に行われ、2016年2月に完成予定。公開は、2016年6月25日(土)に決定しました。

ストーリー

日本警察史上最大の不祥事。奴らはいったい何をしたのか!?

大学時代に馴らした柔道。その腕っ節の強さを買われ、北海道警・刑事となった諸星要一。強い正義感を持ちながらも、うだつの上がらない日々を過ごしていた。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井から刑事の“イロハ”を叩き込まれる。それは「刑事は点数。点数稼ぐには裏社会に飛び込み、S(スパイ)をつくれ」というものであった。言われるがままに“S”を率い、「正義の味方、悪を絶つ」の信念の元、規格外のヤバすぎる捜査をまっとうしていく諸星だが―。

キャスト・スタッフ

【出演】
 綾野 剛
 YOUNG DAIS 植野行雄(デニス)・矢吹春奈 瀧内公美
 田中隆三 みのすけ 中村倫也 勝矢 斎藤 歩
 青木崇高 木下隆行(TKO) 音尾琢真 ピエール瀧・中村獅童
【監督】
 白石和彌
【脚本】
 池上純哉
【音楽】
 安川午朗
【原作】
 稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)

【企画】
 日活・フラミンゴ
【製作】
 日活
【配給】
 東映・日活

ページ上部へ

  • Ⓒ2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会