EVENTEVENTEVENT

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念
「長くつ下のピッピの世界展」
~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

DATA
『長くつ下のピッピ』や著者アストリッド・リンドグレーンを紹介する最大規模の回顧展
日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念<br> 
「長くつ下のピッピの世界展」<br> 
~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

イングリッド・ヴァン・ニイマンのイラストによる当時のイメージ画(1940年代後半)
©Ingrid Vang Nyman/Saltkråkan – The Astrid Lindgren Company

「長くつ下のピッピの世界展」
~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

1941年の冬、アストリッド・リンドグレーンは、風邪をこじらせて寝込んでいた娘カーリンを喜ばせようと、天衣無縫な女の子の活躍を次々に即興で語りました。それが『長くつ下のピッピ』の誕生です。 1945年、第二次世界大戦終戦の年に初版本が出版され、世界一つよい女の子ピッピは、またたくまに子どもたちの人気者に。 日本でも半世紀以上前から出版されロングセラーを続けてきました。 デビュー作『長くつ下のピッピ』以降も、リンドグレーンは『やかまし村の子どもたち』『ロッタちゃん』シリーズなど、94年間の生涯に多くの子ども向け作品を書き、“子どもの本の女王”とも言われています。  本展はスウェーデン、デンマーク、エストニアほかより 『長くつ下のピッピ』をはじめ代表作品の原画、原稿、リンドグレーンの愛用品等約200点が出品されます。 そのほとんどが日本初公開となる貴重な資料です。 併せて、本展のために制作される特別映像と、ピッピの住む“ゴタゴタ荘”を再現した大型模型もお楽しみいただけます。 さらに本展では、北欧文化とライフスタイル、自然との共生、スウェーデン流子育てといったテーマにも焦点をあてて、リンドグレーン の作品世界を通してご紹介します。 すべての子どもたちと家族、かつて子どもだった大人たちに贈る、 ノスタルジックで心温まる展覧会です。

INFORMATION 詳細情報INFORMATION 詳細情報INFORMATION 詳細情報

開催会場 東京富士美術館
会期 2018年7月28日(土)-9月24日(祝・月) 

NEWS ニュースNEWS ニュース

ページ上部へ

  • ©Ingrid Vang Nyman/Saltkråkan – The Astrid Lindgren Company