プレスリリース

渡瀬恒彦 逝去について

2017/03/16

映画『仁義なき戦い』シリーズ、『南極物語』、『セーラー服と機関銃』、テレビ「おみやさん」シリーズ、「警視庁捜査第一課9係」シリーズほか、数多くの作品に出演した、弊社所属俳優・渡瀬恒彦が、3月14日(火)23時18分、多臓器不全のため東京都内の病院にて死去いたしました。 葬儀は渡瀬本人・ご家族のご意向により、親族のみで執り行います。


渡瀬恒彦(わたせ・つねひこ=俳優)

2017年3月14日(火)23時18分、多臓器不全のため、東京都内の病院にて死去。

享  年  72

生年月日  昭和19年7月28日

出身地   兵庫県淡路島


渡瀬恒彦のファンの方々、撮影をご一緒いただいたキャスト・スタッフの皆様から並々ならぬご声援をいただき、最期まで幸せな俳優人生を全うできましたことを、心より感謝申し上げます。


主な出演作品(東映)


<映画作品>
殺し屋人別帳(1970年・石井輝男監督)
仁義なき戦いシリーズ(1973年~・深作欣二監督)
暴走パニック・大激突(1976年・深作欣二監督)
狂った野獣(1976年・中島貞夫監督)
赤穂城断絶(1978年・深作欣二監督)
  ブルーリボン、キネマ旬報、報知映画賞助演男優賞受賞
影の軍団 服部半蔵(1980年・工藤栄一監督)
民暴の帝王(1993年・和泉聖治監督)
釣りキチ三平(2009年・滝田洋二郎監督)

<テレビ作品>
おみやさん(2002年~2016年)
警視庁捜査一課9係(2006年~2016年)


東映株式会社 代表取締役グループ会長 岡田裕介
父が俳優になる事を勧め、映画そして近年はテレビで、東映の中心として、ぎりぎりまで大貢献していただきました。
友としては、長い間お付合いいただき、感謝だけです。