プレスリリース

京都大学と東映との包括連携協定の締結について~映像と文化による新しい社会価値創造をめざして~

2016/03/09

写真左から、
国立大学法人京都大学総長 山極寿一
京都府知事 山田啓二
東映株式会社代表取締役グループ会長 岡田裕介

 国立大学法人京都大学(所在地:京都市左京区吉田本町、総長:山極壽一)と東映株式会社(本社:東京都中央区銀座3-2-17、代表取締役社長:多田憲之)は、京都府の仲介により、平成28年3月9日付で、映像と文化による新しい社会価値創造をめざした包括連携協定を締結いたします。  この協定においては、太秦で産学公連携を積極的に進め、「京都クロスメディアパーク構想」の推進につなげていきたい京都府が仲介を行い、今後、京都大学、東映とともに、映像を核とした産業の育成などの施策展開で連携していくこととします。

 この協定により取り組む「東映太秦地区イノベーションプログラム」は、東映が従来から技術開発と事業化に取り組んできた「映像とエンターテイメント」分野における将来の姿を見据え、新しい社会価値テーマの創出や共同研究等の創成を目標とするもので、映像を介して文化の発展に寄与することを目指しています。

 初年度平成28年度は京都大学と東映でテーマの策定を行い、次年度以降に本格的な始動を目指します。

 

<包括連携協定の意義>

(東映株式会社)

 映画事業の発祥の地である太秦地区は時代劇から現代劇まで映像に関する様々なノウハウを有している地区であり、周りには高い技術力を有する大学や企業、また技術系のみならず芸術系及び諸外国からの多くの留学生のいる環境であり、産官学連携により当該インフラをマッチング及び活用し、次世代映像制作技術の開発、実用化に発展させたい。

(京都大学)

 映像と文化の分野において、東映と本学の知を効果的に活用することで、新たなイノベーションの創出を目指します。また、国内外から本学に集う学生や若手研究者が、分野を超えて異なる能力や発想への出会い、大学の枠を超え新しい世界を発見し、経験するための場となることを期待します。

* 包括連携協定締結に当たって(京都府)

 京都大学と東映との産学連携がきっかけとなり、映像制作・編集・配信等の技術開発や、コンテンツ系ベンチャーの育成支援、さらには、観光振興、人材育成等府内全域に波及効果をもたらす取組が一層推進され、「京都クロスメディアパーク構想」の実現につながることを期待します。

  

【本件問合せ先】

東映株式会社

執行役員総務部長 樋田 謙治郎

電話 03-3535-4641

                     

京都大学産官学連携本部

共同研究部門 南 了太

電話075-753-7578

E-mail r-minami@saci.kyoto-u.ac.jp

 

京都府商工労働観光部

ものづくり振興課

電話075-414-4852