テレビ

~さまざまなジャンルの作品を手がける~

他の映画会社よりも先んじて1958年(昭和33年)にテレビ映画の第一作を送り出して以来半世紀、劇場映画で蓄積した企画制作能力と製作体制を基盤として、刑事もの・時代劇・サスペンス・特撮もの等のレギュラー番組、長時間スペシャル番組等、ドラマを中心に多方面にわたるジャンルの作品を手がけています。
東映(株)のテレビ番組は、東京地区では東京撮影所、(株)東映テレビ・プロダクション、東映アニメーション(株)、京都地区においては京都撮影所、東映太秦映像(株)の製作部門において製作します。そこで作られた番組は、キー局が外部発注しているテレビドラマ番組において常に高率なシェアを保持しています。東映(株)の製作本数は、年間400本以上を誇ります。

テレビ作品の企画制作

当部には企画から完成まで制作全般を担当する多くのプロデューサーがいます。彼らの業務は、テレビ番組(主として時代劇作品・現代劇作品・特撮キャラクター番組等)の企画立案にはじまり、テレビ局、広告代理店・スポンサーへの企画営業や調整、製作スタッフ・キャストの編成、原作テレビ映画化権の取得と脚本の作成、撮影現場との連絡調整等多岐にわたっております。以下は最近または制作中の主な作品です。

現代劇作品

「相棒」、「警視庁捜査一課9係」、「京都地検の女」、「おみやさん」、「科捜研の女」、「遺留捜査」(いずれもテレビ朝日)
「月曜ゴールデン劇場」(TBS)、「金曜プレステージ」(フジテレビ)、「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日)


相棒 season 13
©テレビ朝日・東映

特撮キャラクター作品

「手裏剣戦隊ニンニンジャー」、「仮面ライダードライブ」(いずれもテレビ朝日)


©2015 テレビ朝日・東映AG・東映


©2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

マーチャンダイジング

企画制作するキャラクター作品における著作権管理及び営業業務を一括して行っています。特に「仮面ライダーシリーズ」や「スーパー戦隊シリーズ」は、玩具・アパレル・日用品・食品・文具・出版物・CD・DVD・Blu-ray・ゲーム等あらゆるジャンルでの商品化展開のみならず、企業のCMキャラクターやキャンペーンなどさまざまな形で利用され、大きな収益を上げています。
また、キャラクターショー、音楽ライブなどのイベント事業、「Power Rangers」シリーズなどの海外展開、劇場展開あるいはDVD・Blu-ray化、東映キャラクター作品にフォーカスしたラジオ番組の制作など、積極的な事業連動を行っています。
さらに、キャラクターカレンダーやオリジナルCDを製作・販売、コンセプトレストランの展開などビジネス範囲は多岐に広がっています。
2013年からは映画盗撮防止キャンペーンのキャラクターである「NO MORE映画泥棒」の二次利用窓口業務も開始しました。
一方、劇場用映画では、関連本等の出版許諾をはじめ、玩具・文房具・食品・遊戯機器・テーマパーク等に対しての商品化権の許諾等、幅広い事業展開を行っています。


変身ベルト DXドライブドライバー&シフトブレス
©2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


シュリケン合体 DXシュリケンジン
©2015 テレビ朝日・東映AG・東映