東京撮影所地区

~日本最大から世界有数へ~

東映東京撮影所は、年間に映画約40本、テレビ番組約150本、CM約150本が生み出される、日本最大級の映像製作拠点です。日常生活において、ここで生まれた映像を目にしない日はないと言っても過言ではないでしょう。2010年に東映デジタルセンターも新設され、最新のデジタル技術と熟練のアナログ技術とを同時に使える、世界でも稀な拠点として海外からも熱い視線を送られています。

また20,000坪を超える当地区には、東映アニメーションスタジオ、ティ・ジョイ大泉(シネマコンプレックス)、商業施設(リヴィンオズ大泉店など)が併設され、人の集まる《地区》としても脚光を浴びています。

「大泉に来れば何でもできる」───ネットワーク化によって世界との壁を取り払いつつ、この地に結集する施設群とコラボレーションできる強みを活かし、東映東京撮影所は足をとどめることなく発展を続けていきます。

東映東京撮影所

1935年=東映創立に先立つこと16年前、大泉の地に新興キネマ撮影所として建設されたのが東映東京撮影所のはじまりです。
自社他社を問わず多数の映像作品の製作を請け負い、24時間、明かりの絶えることはありません。11,300坪の所内にはステージ16棟、倉庫棟4棟、俳優控室43室、プロダクションルーム(スタッフルーム)8棟63室、会議室5、リハーサル室等を擁します。また同所内は(株)東映テレビ・プロダクションや(株)特撮研究所など、関係会社・協力会社26社の活動拠点にもなっています。

2009年11月に完成した新 No.6 ステージは、約100基の昇降バトンと約10mのホリゾント高さを持つフラグシップステージです。そうしたハードウェア=設備・機材の整備を進めるとともに、ソフトウェア=映像製作のノウハウを持つ人の集まりこそが撮影所そのものであると考え、まず映像を支える人たちが集まる「場」でありつづけることこそが東映東京撮影所の最大の目標です。

東映デジタルセンター

「東映デジタルセンター」とは、2010年6月、同所内に完成した新ポストプロダクション棟の名称であり、東映と東映ラボ・テック(株)が共同で提供するデジタルポストプロダクションサービスの総称を指します。これからますます多様化・高画質化する映像制作ビジネスを東映グループとして、さらに積極的にリードしていきます。
その事業は、主に2つに大別されます。

ポスプロ事業

撮影から作品完成までの作業=ポストプロダクション業務を1ヵ所に集約、ワンストップ施設で次世代ワークフローやクオリティ・効率化を追求しています。2013年(平成25年)には、日本で初めてドルビーアトモスに対応したダビングステージ1とマルチタイプのダビングステージ2が完成しました。

ツークン研究所

「ツークン研究所」(Zukunft=ドイツ語で「未来」の意味から)では、技術の進歩にともなって刻々と変化する映像製作に対し、次世代のトレンドを自ら生み出していきます。フェイシャルキャプチャーシステムの独自開発や日本で初めてのバーチャルセット撮影がリアルタイムに可能となる「プリビジョンシステム」の導入等、今後も自ら新たな技術開発・映像製作にも携わっていきます。

俳優マネージメント

新人タレントの発掘、傘下提携プロダクションとの連絡業務等タレントの獲得・育成からプロモートに至る多角的な業務を行っています。また演劇の企画・営業、タレントに係る各種イベント・PR映画・CMなど、各種映像の企画、制作を行っています。