教育映像

~「幼児から高齢者まで」をテーマに~

東映では、教育映画(映像)の制作は劇場用映画に次ぐ古い歴史を持ち、発足当初から今日に至るまで数多くの作品が文部科学省特選・選定を受け、また国内外の各種コンクールでの入賞実績を誇り、年間制作本数も約20タイトルと、業界最大のシェアを誇っています。
教育映像と一口に言っても、その内容は多岐に渡ります。

          


昭和30年製作第1号の
児童劇映画「ふろたき大将」

企画制作室~自主作品と受注作品~

自主作品

東映が自費で制作する作品を自主作品と言います。人権啓発、交通安全、消費者教育、福祉環境、学校用教材などいった分野があり、プロデューサー自身が新鮮な感覚で時勢に適した題材の調査・情報収集を行い、バラエティに富んだ効果的な作品の企画を意欲的に立案しています。

受注作品

一方、「受注作品」は、行政広報用映像や企業用VP、博物館の展示映像などをクライアントの依頼を受けて制作するものです。案件によっては受注獲得の為にコンペに参加する場合もあります。クライアントの意向に沿った映像内容を的確に映像化するために、より高いクォリティーを追求しながら、教育というフィールドにとらわれない新しい市場の開拓も行っています。

営業推進室~全国各地に教育ソフトを販売~

営業推進室は関東・関西にあり、全国の営業に関しての事項を所管しています。扱っている商品は、DVD・ビデオといった映像ソフトで、その業務は営業業務に関する事項全てです。また、全県に代理店を設けて営業展開し、さらにビデオ営業部及びグループ会社の東映ビデオ(株)・(株)テス・サービスと共に協力し合い、地域ニーズにあった営業体制で、対応しています。

 

このように当部では、フィルムからビデオ、ビデオからDVDへと変遷する映像メディアに対応しながら、社会教育、学校教材を軸にあらゆる映像ソフトを企画制作し、視聴覚ライブラリー等の公共機関、幼稚園から大学までの各種学校、行政機関、企業、個人等々、幅広い分野にコンテンツを提供しています。多種多様な需要に応えるべく、内容・手法はドラマ、ドキュメンタリー、アニメーション、テレビ、CM等、多岐にわたっており、さまざまなジャンルの作品を企画・販売しております。

作品ジャンル

交通安全


「もしやり直せるなら・・・グッドドライバーへの道」

企業内研修


「職場の日常から考えるパワーハラスメント」

消費者教育


「阿藤快の あっ、と撃退!
悪質商法 お年寄りを守るご近所の力」

学校教材


「中学生も消費者です
契約トラブルや権利と責任を学ぶ」